LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

マンネリメイクから抜け出す方法

メイクレッスンにいらっしゃる方や、
メルマガ読者の方からお聞きするお悩みの中で、
意外と多いのが、このお悩み。
 
「いつも同じメイクになってしまう・・・」
 
 
これ、言い方を変えてみると。
 
「いつも同じメイクになってしまう」ではなく、
「いつも同じメイクをしてしまう」です。
 
 
つまり、
 
いつも同じアイテムを使い、
いつも同じ方法でメイクをしているから、
いつも同じメイクをしてしまっているのです。
 
 
考えてみれば当然なのですが、
なぜいつも同じアイテムを使い、
なぜいつも同じ方法でメイクをしてしまうのでしょうか。
 
 
その原因を細かく考えてみましょう。
続きを読む

リップメイク・仕上げに綿棒のススメ

今日は私自身が実際に毎日行っている、
リップメイクのちょっとしたテクニックをお伝えします。
 
最近はヌーディーカラーを使うことが少なく、
質感は様々ですが、
割と色味のあるものを使うことが多いです。
 
トレンドもありますが、
春を先取りしたメイクをしたい気分もあり、
ピンク系、レッド系をよく使います。
 
 
ただ、輪郭はっきりで口元が目立ちすぎるのも、
あまり好みではないので、
 
色味が鮮やかであっても、
さほど強調しすぎない感じにするために、
リップメイクの仕上げに綿棒を使います。
 
ぜひ皆さんもトライしてみてくださいね。
 
 
 
手順は以下の通りです。
 
続きを読む

短いまつ毛を長くみせる方法

まつ毛。
 
まつ毛というパーツは、
ただあるだけでお顔に「女性らしさ」をプラスしてくれる、
素敵なパーツです。
 
ミッキーにまつ毛を描いたらミニーに見えるように、
ただまつ毛があるだけで、
女性らしさ、女の子らしさ、可愛らしさがお顔にプラスされるのです。
 
 
しっかり上げられたまつ毛は、
可愛らしく、元気一杯なイメージ。
 
メーテルのように長くすっと伸びたまつ毛は、
フェミニンな女性らしい、色っぽいイメージ。
 
 
まつ毛をどうメイクアップするかによって、
目元のイメージも変えられるのです。
 
続きを読む

ラベンダーカラーがトレンド真っ只中

昨年末くらいから、ちらほら目に留まるようになっていた
「ラベンダーカラー」。
 
透明感のある薄紫色。
 
年が明けて日が経つに連れ、
街中ではこのラベンダーカラーがどんどん増量され、
かなり猛威を振るっている様子。
 
確かに、久々のパープル系トレンドといいますか、
ちょっと目を引く色です。
 
 
 
このラベンダーカラー。
 
女性らしさ、上品さ、エレガントさをイメージさせる色ですが、
今年のトレンドは透明感のある、黄ばんでいない、綺麗なラベンダー。
なので、どこか清楚なイメージも付いてくるようなイメージです。
 
さて、これをメイクにもぜひ取り入れたい。
 
続きを読む

読者様Q&A【トレンドも意識した大人の眉毛の整え方】

それでは、早速本日のご質問。
 
***
 
眉について、ここ数年悩んでいます。
私は、現在アラフォー真っ只中!
 
メイクをし始めてから
眉カットハサミを使って
眉尻をメインに自分でカットをしながら
長年眉を書いてきています。
 
どちらかといえば眉が生まれつき太く
眉尻がボーボー?!気味で
カットしないと眉山がズレ
眉尻の最後がスーっと細くなりません。
眉の通り書くと眉尻が三角?みたいになります。
 
ただ年齢が上がるにつれ、このまま同じ眉の形では
なんとなくシックリいかない気がしてきていました。
 
眉にもトレンドがあるので、
なんとなく、細い時代には細め等々
自分なりに工夫してきたつもりなのですが、
 
アラフォーになってきて
トレンドを取り入れながら
眉をどんなふうに書いていったらよいか
悩むようになりました。
 
そこで、数カ月前から
眉の形を変えられるようにと決意し
眉カットを封印して、伸ばしました。
 
ただ今度は、伸ばしたはいいものの、
どのようにカットをしたらよいのか?
眉カットってプロの先生は
どんなふうに考えられているのかな~と。。
 
実際の眉の状態が分からないので難しいと思うのですが
眉カットや眉の書き方の
チョットしたコツがありましたら
教えて頂ければ嬉しいです!
 
 
***
 
 
それでは、お答えして参ります。
続きを読む

読者様Q&A【時間が経つと疲れて見えてしまうのはなぜ?】

それでは、早速本日のご質問。
***
 
いつもメルマガを楽しみにしています!
 
とても個人的な悩みというか、
対面しなければなんともいえないようなことだと思うのですが、
思い切って質問致します。
 
30代、デクスワークです。
特にメイクをしてから時間が経ったときなのですが、
疲れて覇気がなくどんよりしたように見えてしまいます。
 
自分なりに、顔は赤みがあるのに首は黄色なので、
首に合わせたファンデーションで黄ぐすみしているのだろうかと考え、
ベースメイクを試行錯誤しました。
 
赤みのファンデーションに変えたり、
首より少しだけ明るい色にしたり…
しかし、なかなかよくなりません。
 
乾燥肌で肌が荒れやすいのもあるかもしれません。
ベースメイク以外でも、
何か原因になりそうなことを教えていただけたら嬉しいです。
 
ふわっとした内容で申し訳ありません。
よろしくお願い致します。
 
 
***
 
 
それでは、お答えして参ります。
続きを読む

読者様Q&A「チークの左右がどうしてもズレる!」

読者様から頂いたご質問はコチラ
 
***
いつもメルマガ楽しみにしています。
この企画も「へぇ~、いろんな質問があるんだなぁ」と感心しつつ、
「なるほど!」の回答にも毎回目からウロコ!!で
勉強させていただいております。
 
で、私も思い切ってお聞きしようと思い、
こうしてメールさせてもらってます。
 
実は、チークが左右ずれているようなんです。
パウダーのチークを、
一時期流行ったリス毛の熊野筆で使っています。
 
仕上がりを見ると、何となくバランスが悪く、
何かコツがあれば教えていただきたいです。
 
既出の質問だったらすみません。
よろしくお願いいたします。
 
 
***
 
 
それでは、お答えして参ります。
続きを読む

読者様Q&A「ベースメイクジプシーから抜け出そう!」

 
読者様から頂いたご質問はコチラ。
***
 
あい先生こんばんは!
 
以前、ほうれい線などの影へのアプローチが題材になっていましたが、
これに関連して質問があります。
 
実は先日ハンズでカゲケシパウダーの白を購入しましたが、
なかなか使いこなせずいます。
 
そもそもなんのために買ったのか、ということからですが、
昨年子供を出産し、時々写真を一緒にとってみるのですが、
 
やはり30数年の年の差は写真にはっきりでてきてしまい、
ピンクのすべすべお肌の横に、
自分の黄色く疲れたような顔で映るのが嫌で嫌で仕方がないのです。
 
そのために、
例えば目の下のクマにはコンシーラーを塗ってみたのですが、
時間が経つとパサパサでシワに溜まっていたり、
ではツヤが欲しいとクッションファンデにして、
パウダーはほっぺ以外につけてみたり、
クリームチークにしてみたり、
コンシーラーはやめて、
カゲケシパウダーで目の下の影を飛ばす努力や、
ほっぺに艶を出そうとしたり、
スキンケアから見直してみたり…
もう正直自分でも何が何だかわかりません。
 
もちろん、赤ちゃんのお肌になりたいとか、
20代に若返りたいとか、
そんな無謀なことは言いませんが、
せめて、横にいて恥ずかしくない、綺麗なママでいたいのです。
 
さて、こんな私はカゲケシパウダーをどう使えばいいのでしょうか?
それともそもそもアイテムを間違えているのでしょうか?
何かアドバイスいただけませんか?
 
切実なおねがいです。
どうかよろしくお願い致します。
 
 
***
 
 
それでは、お答えして参ります。
続きを読む

読者様Q&A【スポーツウェアに合うメイクって?】

《読者様から頂いたご質問》
 
いつも楽しいメルマガをありがとうございます。
とても勉強になります!
 
スポーツをするときのメイクで悩んでいるので、
ぜひ教えてください。
 
つい最近、ランニングを始めました。
張り切ってウェアを揃えたのですが、メイクと合いません。。。
 
というのも、普段はバッチリメイクなので、
スポーティな服装とは雰囲気が合わないのです。
 
スポーツ=すっぴんのイメージも強いですが、
せっかく気に入ったウェアを買ったので、
おしゃれを楽しみたいと思っています。
 
スポーティな格好に合うメイクのコツを教えていただけるでしょうか。
よろしくお願いします。
 
 
***
 
それでは、お答えして参ります。
続きを読む

読者様Q&A「メガネをするときのアイメイクについて」

《読者様から頂いたご質問はこちら》
 
寺長根先生、初めまして。
いつもメルマガを楽しく読んでます。
私も企画に参加させて頂きますね。
このような機会をもうけて下さってありがとうございます。
 
私は裸眼の視力が0.03で、かなり悪いです。
コンタクトは合わないので、メガネをかけています。
 
レンズの小さいものの方が目の小ささが目立たないので、
小さいものをかけています。
 
アイラインやアイシャドウ、
マスカラをしても目が小さく見えてしまうのが悩みです。
 
メイクのコツやおすすめのメイク道具などがありましたら、教えて下さい。
よろしくお願いいたします。
 
 
***
 
 
それでは、お答えして参ります。
 
続きを読む
  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP