LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者様Q&A「コントロールカラーの選び方が分からない!」

本日のご質問はこちら。
* * *

ベースカラーについての質問です。
色々な色が出ていますが、どれを選んで良いかわかりません
それぞれの効果、選ぶ目安を教えてください。

よろしくお願いいたします。

* * *

それでは、お答えして参ります!

ファンデーションの前に塗る下地の中でも、
肌色の補正に重点を置いたものを「コントロールカラー」と言います。



今回ご質問して下さったベースカラーというのが、それです。
おっしゃる通り、いろんな色味が存在しているので、
一体自分にはどんな色がいいのか?
なかなか選ぶのに迷ってしまいますよね。

ですので、コントロールカラーの色別目的を、
わかりやすく説明していきたいと思います。



・ピンク系コントロールカラー

これはお肌に血色を補充してくれる効果があります。
ですので、色白で血色がないと言われる方など、
もっと血色を足して健康的に見せたい!という時にオススメです。

また、舞台メイクや撮影メイク、和装メイクにも、
ピンク系を強めにしたベースメイクを施すことがあり、
その時にもピンク系コントロールカラーを使うこともあります。


・イエロー系コントロールカラー

これは、お肌のくすみをクリアにするのが第一の目的です。
イエローは、お肌の中に存在する
「紫系の色素」を和らげてくれる効果がありますので、
加齢とともに現れがちな紫系のくすみをカバーしてくれます。

また、赤味を和らげる効果もありますので、
ほんのりとした赤味なら、イエロー系オススメです。


・グリーン系コントロールカラー

これは、お肌の赤味をしっかりカバーしたい時に使います。
イエロー系は赤味を和らげるのですが、
グリーン系は赤味を打ち消すという効果があります。

ただし、赤味を打ち消しすぎると、
グリーン系が勝ってしまい、
肌色がおかしくなってしまうこともあるので、
塗りすぎは要注意です。


・ブルー系・パープル系コントロールカラー

これは、お肌の黄ぐすみをクリアにする効果があります。
黄味が強いお肌に使うと、その黄味をおさえてくれるので、
なんとなく透明感が生まれたような、
透き通った感を出してくれる効果があります。
ただしこれもグリーンと同じで、
塗りすぎると、お肌の黄味を消しすぎてしまい、
不健康な感じの肌色になってしまいがちなので、
塗りすぎは要注意です。




ざっと代表的なコントロールカラーの種類を挙げてみました。
お肌の悩みに合わせて、必要だと思うものを選ぶようにしましょう。

ピンク系、イエロー系は肌の色に馴染みやすく、
塗りすぎて失敗する確率は低いのですが、
グリーン系、ブルー系、パープル系は寒色系ですので、
塗りすぎるとおかしな感じになってしまう傾向があります。
その点には、くれぐれも注意して下さい。


少しでもお役に立てれば幸いです!


この記事をシェアする

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP