LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

チャイボーグメイク・良いとこ取りして、大人デイリーメイクに取り入れてみよう



「チャイボーグメイク」という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれません。少し前から若者の間でトレンドメイクの1つとなっているチャイボーグメイク。チャイボーグとは「チャイナ」と「サイボーグ」の両方の言葉から作られた造語です。サイボーグという言葉からも想像できる通り、かなり作り込まれた感じのしっかりメイク。このチャイボーグメイク、そっくりそのまま真似するのではなく、良いとこ取りをしながら、大人世代の日常メイクにも少し取り入れて、違和感なくトレンドを楽しんでみませんか?

このコラムでは、チャイボーグメイクの特徴を挙げながら、それらの特徴を大人デイリーメイクに取り入れるにはどうすれば良いのか、メイクの手順に沿ってご説明していきたいと思います。

チャイボーグベースメイクを大人デイリーメイクに取り入れるには?



チャイボーグメイクのベースメイクの特徴は「明るめ・マット・しっかりめ・徹底的にトラブルカバー」というのがポイントになります。「ナチュラル素肌感」とか「ノーファンデ」などとは真逆に位置するようなベースメイクだと思って頂ければ。実際の素肌よりもかなり明るいファンデーションを使ったり、パープル系の下地を使って血色感を無くしたりする方法もありますが、それを大人デイリーメイクで行ってしまうと、やや違和感が出てしまいますのでNG。

取り入れるべき要素は「暗くしない・マット・トラブルカバーは丁寧に」というところでしょうか。

地肌より明るくするのは不自然だけど、地肌より暗くするとトレンドから離れてしまうので、暗くするようなことは避ける、というニュアンスです。質感をマットにするのは、チャイボーグ関係なくしてもトレンドのベースメイクなので、これはそのまま取り入れましょう。トラブルカバーを丁寧に行うのは大人ベースメイクには必要不可欠です。コンシーラーをちゃんと使って、ベースメイクは念入りに仕上げましょう。

チャイボーグ眉メイクを大人デイリーメイクに取り入れるには?



チャイボーグ眉メイクの特徴は「長め・ちゃんと眉山あり・やや太め・しっかり描かれた感じ」です。自然に自眉毛を生かして・・・というニュアンスではなく、きっちり眉尻まで描いてキリッと作られた雰囲気です。バブルの頃の眉毛とやや似ています。この眉毛のトレンドに関しては、ほぼそのままトレンド通りに取り入れてみてもいいのでは、と思います。マスクメイク時代には適した眉のトレンドかと。ただし「強い女性」のイメージになるので、その日のシチュエーションに合わせて取り入れてみましょう。

チャイボーグアイメイクを大人デイリーメイクに取り入れるには?



チャイボーグアイメイクの特徴は「赤系アイシャドウ・しっかりアイライン・目尻キリッと」です。抜け感キュート・・・とは逆で、強めのしっかりアイメイクの部類となります。アイライナーは黒を使い、目力を強調。リキッドタイプを使うと尚良いです。「目力アイメイク」はチャイボーグ関係なくしてもトレンドの1つですし、マスクメイクには目力メイクがマッチしますので、ぜひ取り入れたいポイントの1つです。ただし、赤系アイシャドウを大人世代が取り入れると、やや幼いイメージに見えてしまうこともあるので、赤系の中でもダークめな「ワイン色・ボルドー・赤茶系」の色を選ぶようにすると、違和感なく馴染んでくれます。

チャイボーグリップメイクを大人デイリーメイクに取り入れるには?



チャイボーグメイクの1番のポイントと言ってもいいくらい、赤リップは大きなポイントとなります。控えめな赤ではなく、わりとしっかりはっきりくっきり「赤!」な感じの口紅を使います。唇が小さめの方は、ややオーバーリップで描きます。今年流行のマットな赤で仕上げても素敵です。これに関しては、大人だからこそかっこよくこなせる色でもあるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

チャイボーグチークメイクを大人デイリーメイクに取り入れるには?



チークは、ほんのり薄ーく入れていきます。入れているか入れていないか分からないくらいでもOK。もしくは省いてもOK。サイボーグ的な作り込まれた感を演出するために、あえて血色感を出さないというのもアリなのです。しかしながら、大人デイリーメイクにおいては、省かずにほんのり入れておくのがオススメ。頬のふっくら感を損なうと、疲れ顔に見えてしまうリスクがあります。

チャイボーグコントゥアリングを大人デイリーメイクに取り入れるには?



ベースメイクをしっかりと仕上げる分、ハイライトやシェーディングもしっかり入れて、立体感を作り出すのがチャイボーグメイクの特徴。しかし、大人デイリーメイクにおいては、シェーディングを入れすぎてしまうと、やや老け顔に見えてしまう危険性もあるので、「ハイライトはしっかり&シェーディングは控えめ」のバランスを心がけて。



いかがでしたでしょうか。

常に新しく変化していくメイクのトレンドというのは、自分にとって味方になってくれるトレンドと、味方になってくれないトレンドに分かれます。「今はこのメイクが流行っています!」といっても、それをそっくりそのまま真似したところで、必ずしも美しく変身できるわけではないのです。いくつかのトレンドの中から、自分にとって良い効果をもたらすものピックアップして、自分なりのフィルターを通して変化させてみたりして、上手にトレンドと付き合っていくことが、洗練された大人に見える大事なポイントなのかなと思います。今回ご紹介したチャイボーグメイクも、そっくりそのまま取り入れるのではなく、ポイントを絞って、少しずつ取り入れてみると、違和感無くトレンドを楽しむことができますよ。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」




カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP