LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者Q&A「ポコっと大きめニキビを目立たなくする方法」




《 今日のご質問 》

今日はニキビの扱いについて一点ご相談です。コンシーラーを使って色味は消せるのですが、凸感がどうしても誤魔化せません。ポコっとした大きめなニキビの存在感を消す、良い方法があればご教示ください。どうぞよろしくお願いいたします。


《 それではお答えします! 》

以前、クレータータイプ・凹型ニキビ跡についてはカバー方法をご紹介しましたが、今回はその逆「凸型ニキビ」をどうカバーすればよいのか、ご説明していきたいと思います。


過去記事・クレーターカバー方法



ポコっとした凸型ニキビをカバーするためには、最初に色味を消し、次に立体感を消す、というように段階を追ってカバーしていく必要があります。一気にどちらもカバーしようとしても、なかなか難しいのです。

ご質問者様は「色味まではカバーできている」とのことで、まずは第一段階はクリアしていることになりますが、ここでは最初から手順を追ってご説明していきますね。





1 まずは色味をカバーする。



固めのコンシーラーを使いましょう。ブラシ塗りするのがオススメです。柔らかいタイプだと、盛り上がった部分に上手に乗せるのが難しいです。さほど赤味が強くなければファンデーションと同じような色味、赤味が強いようならイエローグリーンタイプの色味で。

塗り方のコツは、まずは絶対に力を入れないことが大事です。優しく触れるようにして乗せていきます。「塗る」というよりも「少しずつ置いていく」イメージです。

そして、ニキビの上からドンっと目掛けて塗るのではなく、ニキビの盛り上がり部分を360度から塗っていくイメージです。

山で例えると、山頂だけ塗るのではなく、山の斜面をグルッと360度全て塗りましょう、ということです。


まずはそうしてニキビの赤味をカバーしたら、フェイスパウダーで抑えていきます。この時も絶対に力を入れないように。繊細に仕上げたコンシーラーを剥がすことのないよう、たっぷり目のファイスパウダーを優しく優しくパフ で乗せていきます。ここで力を入れると、コンシーラーが剥がれて赤味が復活します。




2 次に立体感「凸感」をカバーする。



1の手順だけで気にならない程度までカバーできていればそれでOKなのですが、まだポッコリ感が気になる方は、次の手順へ進みます。ここで使うのは「パウダーファンデーション」です。ツヤの出るタイプはNGで、必ずマットなものを使います。

パウダーファンデーションをブラシにとって、ニキビ部分に塗っていきます。付属のスポンジではなくブラシを使うのがポイント。毛質が柔らかめのアイシャドウブラシなどを使うと良いでしょう。コンシーラーを塗った時のように、山の斜面を360度塗るようなイメージです。

パウダーファンデーションを乗せると「マット感」が増しますので、凸感をより目立たなくすることができます。




3 さらに出っ張りによる影をカバーしていく。



2の手順まで行えば、だいたいのニキビは目立たなくなってくれますが、写真を撮る時や、オンラインミーティングなどで画面に顔を映さなければならない時に効果的なのが、この工程です。

ポコっとしたニキビは、そのポコっと部分の下に影を作ってしまうので、ポコっと感が目立つのです。特に画面上では意外とその影が目立つことがあります。ハイライトを使って影を消してみましょう。

パウダー状のハイライトを使います。キラキラが入っているものや、パール感が強いものはNGです。影消しパウダーをお持ちの方は、それを使いましょう。

図のように、ポコっとしている部分の下にハイライトを少量塗ります。この時、近くの手鏡で見て行うより、やや離れた鏡を見ながら行った方が、影になる部分を捉えやすいのでオススメです。レフ板メイクのような仕組みですね。









いかがでしょうか。

このようにして、ポコっとニキビは段階を追って手順を踏むことで、色味だけでなく凸感も目立たなくすることができます。気になる方は、ぜひ試してみてくださいね!










美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP