LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者Q&A「目の下のたるみ・クマをどうにかしたい!」



今日は、こちらのご質問にお答えしていきたいと思います。

《今日のご質問》

寺長根先生、こんばんは。いつもメルマガ楽しみにしています。
私はもうアラフィフなので、目の下のクマと言うか、たるみを消したいです。

最近人気の&beのファンシーラーも買ってみたのですが、
色白なので全く色味も合わず、クマも隠れず…

たるみには、どうしたら良いのか教えてください。



***

それではお答えして参ります。
いつもメイクアップ人生をお読みくださり、ありがとうございます!

年齢を重ねるにつれ、どうしても目周りのお悩みは増えていきますよね。
小じわ、たるみ、クマ、くすみなど、
よく動くわりに皮膚が薄い部分なので、色々な悩みが生まれやすい部分です。



さて、今日はその中でも「クマとたるみ」
焦点を当ててお話していきたいと思います。

大事なポイントは、クマとたるみをきちんと見極めて区別をし、
それぞれの対策を行うこと
です。

若い頃はクマだけだったのが、
年齢を重ねると、クマとたるみが同居しだしたりするので、
これまでのクマ対策だけでは間に合わなくなってくるのです。



まずは、クマとたるみの見分け方から。

クマというのは、色素系のトラブルです。
つまり2次元。凸凹するわけじゃなく、色が黒ずんだりする色素系のトラブル。

たるみというのは、凹凸系のトラブルです。
つまり3次元。皮膚の変色ではなく、たるみという皮膚の凹凸が生ずることにより影が発生し、
たるみ具合が目立ってしまうというトラブル。


クマは2次元、たるみは3次元ということで、実は成り立ちが全く違う2つのトラブル。

顔に光を当てた時に目立たなくなるのが「たるみ」。
顔に光を当てても目立ったままなのが「クマ」。


懐中電灯やスマホのライトなどを使って、
顔に光を当てて検証してみましょう。



そして、クマをカバーするのに効果的なのは、コンシーラー。
たるみをカバーするのに効果的なのは、ハイライトです。

これらを逆に使ってしまうと色々と不都合が起こりますので、要注意です。


ちなみに、ご質問文の中にありました「ファンシーラー」ですが、
商品名の通り「ファンデーションとコンシーラーの中間」を謳っている商品です。

つまりカバー力よりも、伸びやすさ、馴染ませやすさが優れている商品、という印象を受けます。
仕上がりのイメージもすっぴん風ナチュラル、という系統です。

馴染ませやすそうではありますが、
濃いクマの場合はカバー力が追いつかないかもしれません。



クマをしっかりカバーしたい場合には、
固めの煉り状コンシーラーか、スティックタイプのものをオススメします。
これをコンシーラーブラシにとって、クマそのものに狙い撃ちするように塗りましょう。

ブラシにたっぷり含ませてベタ塗りするのではなく、
ブラシに含ませたら、手の甲で何度か試し塗りを繰り返し、かすれて来たらOK。
クマには、ブラシを立てて軽いタッチでシャカシャカ、かすり塗りをしてみて下さい。

液体状やクリーム状のコンシーラーではなく、
固めのコンシーラーをかすり塗りすることに意味があるのです。
(シワにも溜まりにくくなります。)



そして、たるみカバーには、先ほども述べた通り、ハイライトが適しています。
フルメイクの最後に、パウダー状のハイライトを使いましょう。

基本的には「目頭・目尻・小鼻」を結ぶ三角形にハイライトを入れることで、
目の下のたるみを目立たなくすることができますが、


かなり深いたるみで、くっきりとした線状の影ができている場合は、
細いブラシを使って、その影ラインをなぞるようにして狙い撃ちします。



いかがでしたでしょうか。
このようにして「クマ」と「たるみ」では、それぞれ対策が変わってくるということが、
今回の最も大事なポイントだったかと思います。

大人になるとその両方の対策を行う必要が出てきますので、
いっぺんに1つのアイテムでどうにかしようとせず、
きちんとアイテムを分けて、それぞれの対策をしていきましょう。


カバー力抜群のおすすめクマコンシーラー
たるみ対策おすすめ影消しパウダー







美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP