LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

パールとラメ・シワを目立たなくしてくれるのはどっち?



これ、実はちゃんと知っておかないと損をしてしまう、大事なポイント。

なんとなく「どちらもシワが目立たなくなるんじゃない?」と思っている方も多いのですが、
そんなことは無いのです。

「どちらかがシワを目立たなくしてくれるよ!」という話ではなく、
「どちらかはシワを目立たせちゃうよ!」という話なので、とっても重要。

今日は画像付きでご説明していきますので、
一目瞭然でお分かり頂けると思います。



まず、こちらの画像をご覧ください。



左からパール、ラメ、マットです。
面がピカッとするのがパール、ツブツブ点々で光るのがラメ、全く光らないのがマットです。

腕なので、元々さほどシワはないのですが、もっとズームしてみましょう。
まずは、パール。



よーく見てみてください。
パールが塗られている部分、皮膚の角質の細かい凹凸が目立つ感じがしませんか?



次にマット。




マットも見てみると、若干、毛穴が目立つ感じがしますね。


では、ラメはどうでしょう。



細かな角質の凹凸や毛穴が、
まるでモザイクをかけられたかのように目立たなくなっています。


これ、とっても嬉しい効果ではありませんか!
私はよくこれを下まぶたの小じわ隠しに使っています。


パールを使うとシワが目立ってしまうことが多いので、要注意なのです。
上まぶたの皮膚がシワっぽくなっている方も要注意。

目元のシワが気になる方はぜひ、
買う前にパールとラメを見極めてから選ぶようにしましょう。


ちなみに、パールとラメが混ざったタイプも多く存在しています。

その場合、シワを隠す効果は、
「パールのみ<パールとラメの混合<ラメのみ」
という順序になります。

どうしてもパールのピカッとしたツヤが好き!という方は、
ラメが混ざっているタイプを選ぶか、
自分で上からラメを重ねるなどの工夫をすると良いでしょう。

ぜひ、アイシャドウ選びの参考にしてくださいね!








究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP