LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

マスクの色選びで損をしてるかも!?定番白マスクの落とし穴




街ゆく人を眺めていると、
皆それぞれ、いろんなマスクをしているなぁと、最近思います。

手作りマスク、オシャレマスク等が広がって、
バリエーションが豊富になりましたよね。

私も使っているPITTAマスクも、カラーバリエーションが豊富。
モスグリーンとかネイビーとか、お洒落だなぁと思います。


このマスクの色選びですが、
顔の面積の半分をマスクに持っていかれるわけですから、
重要でないわけがありません。



しかも、トップスやスカーフなんかよりも、
ダイレクトに顔と隣接するわけで、
当然、顔色の見え方に大きく影響します。


私がマスクを選ぶ際に気を付けることは、

・洋服との相性が合っているものを選ぶこと
・顔色が悪く見えないものを選ぶこと


この2点が大事であると思っています。


カジュアルな服装の時は、
使い捨ての定番マスクでも良いとして、

ややドレスアップしている時なんかは、
やはりテイスト的に、シンプルなポリウレタンタイプの方が
しっくり来るように感じています。
(PITTAマスク等のことです。)

ただ、素材が苦手な方もいらっしゃると思いますので、
無理をする必要はありませんが・・・。


そして、大事な色に関してです。
「パーソナルカラー」という言葉、多くの方が聞いたことあると思います。

まずは、そのパーソナルカラーの考え方に沿って、
マスクの色を選んでいくと良いでしょう。


例えば、パーソナルカラーが冬の方は、
ブラックやダークグレー、ネイビーのマスク。

秋の方はブラウンやモスグリーンのマスク。

夏の方は水色や薄いピンク、淡いグレーのマスク。

春の方は、ベージュ系、サーモンピンクなど。



私は冬なので、最近はダークグレーのマスクが多いです。



さて、上記の中に「白」が入っていないことに気づきましたでしょうか?

パーソナルカラーの考え方でいくと、
「夏や冬の方は白のマスクも似合う」となりますが、
あえて白のマスクは書きませんでした。

たとえ似合う色であっても、
あの白マスクの「真っ白」が顔の近くに来ると、
どうしてもコントラストの影響で、
若干、顔色が沈んで見えてしまう感じがするのです。

ブルーベースの方でもそう見えてしまう危険性があるので、
イエローベースの方が真っ白なマスクを付けると、
尚更、顔色が沈んで見えてしまいます。

ですので、イエローベースの方は特に、
白マスクに要注意、ということなんですね。



どうせ付けなきゃいけないなら、
少しでもオシャレに、
少しでも顔色が良く見えるようなマスクを選びたいですよね。

ぜひ、マスク選びの参考になさってくださいね。







究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!
※2020年7月末まで

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから ※2020年8月より、メルマガ配信がLINEアカウントに変更となります。

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP