LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

上まぶたのアイラインを引く箇所は、3箇所ある。




アイラインを引く位置って、
まつ毛の上?だったり、まつ毛の隙間を埋める?だったり、

まぁなんとなく目の際に描くものというイメージで、
明確に説明できる人は少ないと思います。



上まぶたにおいて(下まぶたにおいても)
アイラインを引くことができる箇所は、3箇所。

それは、

・まつ毛の上
・まつ毛の隙間
・粘膜


です。

まつ毛が生えている部分を境目として考えていただくと、
分かりやすいかと思います。





通常「アイラインを引く」となると、
まず最初に一般的に描くところは「まつ毛の上」ですよね。

まつ毛が生えている位置のすぐ上、
まつ毛の生え際に隣接した感じで、アイラインを引く。
これが基本のアイラインです。


しかし、まつ毛の隙間が目立つ方にとっては、
この基本のアイラインだけだと、
まつ毛の隙間の肌色が目立ってしまって、
おかしな感じに。

この場合は、まつ毛の隙間もちゃんとアイラインで埋めて、
隙間が目立たないようにしていきます。

まつ毛の隙間だけアイラインを引いて、
かなり自然な目元に仕上げるのも、アリです。



しかし、粘膜が見えやすい方にとっては、
まつ毛の隙間を埋めたとしても、
粘膜の肌色が目立ってしまって、
おかしな感じに。

この場合は、さらにさらに粘膜部分にもアイラインを引いて、
目元を際立たせることができます。

ただし、粘膜部分にアイラインを引くのが苦手な方も多いので、
無理して行うことではありません。
ハードタイプのコンタクトレンズをしている方も、
あまりオススメしません。

私自身は、目元を引き締める効果が大きいので、
毎日、上まぶたの粘膜にアイラインを引いています。



つまり、まとめますと。

アイラインを引く場所は3箇所。
まつ毛の上、まつ毛の隙間、粘膜。


まつ毛の上さえ引けばOKな方は、
まつ毛の隙間を埋める必要もなく、粘膜に引く必要もない。

まつ毛の上だけ引いても、
まつ毛の隙間から皮膚の色が見えてしまう場合は、
まつ毛の隙間もアイラインで埋める。

まつ毛の隙間を埋めても、
粘膜の肌色が見えてしまう場合は、
その粘膜部分もアイラインで埋めてしまう。

というように考えることができます。


ちなみに、

まつ毛の上を引くときには、
ペンシルでもリキッドでもジェルでも何でもOK。

まつ毛の隙間を引く時には、
個人的にはリキッドをおすすめしています。
ペンシルやジェルでも描けますが、滲みの原因になることが多いです。

粘膜に引く時は、必ずペンシルで。
リキッドだとすぐに滲みますし、
ジェルだと引くにくいです。



ぜひ、ご自分のまぶたをじっくりと見て、
どの部分に引くアイラインが自分には必要なのかを、
見極めてみましょう。




今日はここまで。







究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!
※2020年7月末まで

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから ※2020年8月より、メルマガ配信がLINEアカウントに変更となります。

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP