LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者様Q&A「リモート会議・テレビ電話での画面映りを良くするメイクとは?」



《本日のご質問》

***

アイ先生、こんにちは。

待ってました、この企画!
このタイミングで流石です。

他の方からも質問があるかもしれないのですが、
在宅勤務中のメイクについてです。

ノーメイクでいいや、と思っていたのですが、リモート会議があるというではないですか!
その為、一応普段通りのメイクをしているのですが、画像を見ると何だか顔色が悪い気がします。

そこで!
直接会わないし、PCのカメラ越しだし、
この際ド派手なメイク(?!)でもイケるのでは?と思っています。

普段はノーカラーな感じのメイクが好きなのですが、
せっかくだから普段しないようなこともチャレンジしてみたいです。

ド派手なメイクと言ってもケバい(死語?)感じではなく、
いつもより血色が良く目鼻立ちハッキリをイメージしています。

ただ、何をどの辺までしたら良いのか加減がわからず、
撮影などでも活躍されているアイ先生から
「カメラ越しだったら、このくらいしても良い」などの
アドバイスをいただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

***




それでは、早速お答えして参ります!

この時期、リモート会議やらテレビ電話会議やら、
何かと自分の顔を画面に映さなければならない機会が
増えている方も多いと思います。

私も時々、パソコンやスマホを使って、
テレビ電話での会議を行ったりするのですが、

やはり直接、面と向かってお会いするよりも、
相手のお顔がぼやけた感じになるといいますか、
一枚フィルターがかかったような見え方になってしまいます。
(5Gになったら変わるのかしら・・)





このような場合に大事なポイントを4つ、
上げていきたいと思います。


1つ目。

これは私が言うのもなんですが、
正直、メイクよりも大事なのが、照明です。

どんなに綺麗にメイクをしても、
真っ暗な部屋で画面に映れば、メイクも台無しです。

そして、天井照明だけだと、真上からの照明だけになるので、
顔にいろんな影ができてしまいます。

目の下のたるみや、法令線が目立ってしまうのは、
だいたいこのケースです。

よくYouTuberの方や、自撮りをたくさんする方が使っている、
照明つきのスマホスタンドを使ってみたり、
PCだったら、クリップライトなどを駆使したりして、
上からでも下からでもなく、
顔の正面から照明が当たるように工夫をしてみて下さい。

これだけでも、画面写りは大きく変わります。

ちなみに、角度も大事です。
自分の顔がより美しく映る角度を見つけておくのも大事なことです。
(リモート会議で斜に構える訳にはいきませんが笑)



2つ目。

画面越しに映った顔がぼやけて見えてしまうのは、
顔の中の「線の要素」が弱くなるからです。

ですので、メイクによって「線の要素」を足してあげるのが効果的です。
面ではなく、線です。

ただただ色味を派手にすると、
顔立ちがはっきりして見えるのではなく、
「ただ派手色で塗り絵しただけ」に見えてしまいます。

ですので、色味を艶やかにするのではなく、
アイラインをいつもよりしっかり引いてみたり、
ビューラーとマスカラを、いつもより念入りに行ってみたり、
そういった工夫の方が、画面写りに大きな差を生みます。

付けまつ毛に挑戦するのも良い機会だと思います。
画面越しだと、あんまり付けた感は分からないものです。



3つ目

化粧品の中で色飛びを起こしやすいのは、
粉物の暖色系です。
練り物の暖色系は、意外と飛びません。

これ、どういうことかと言いますと、
パウダーチークなどは、色飛びが起こりやすく、
画面越しに見ると、色が薄くなって見えがちです。

しかし、クリームチークや口紅、グロスなど、
練り状のものに関しては、
画面越しでもわりとそのままの色で見えることが多いです。

ですので、パウダーチークを使っている方は、
いつもの1.5倍くらい濃い目に入れるように意識してみましょう。



4つ目

リアルに人と会って話す時に比べると、
画面越しで話す時の方が、顔の表情が伝わりにくい場合があります。

ですので、できれば前髪を上げて額を見せるとか、
せめて眉毛を隠さないようにするとか、

横の髪が顔にかからないように、
耳にかけたり束ねたりするなど、

普段以上に清潔感のある明るい印象を心がけた方が良いと、
私は思います。

顔映りがよくなるためには、
トップスの色を明るい色にしておくというのも効果的です。

また、自分の後ろに映る背景についても、
プライバシーを守りつつ、雑多な印象にならないように配慮する。
これも画面映りを良くする1つの要素です。






いかがでしょうか。

ご質問者様がおっしゃる通り、
今こそ、これまで出来なかったメイクにトライしてみたり、
画面映りを研究してみたり、
(今後の写真映りにも役立つと思います。)
今だからこそ出来ること、たくさんあるのかもしれません。

たくさんいろんなことを我慢して耐えている時期だからこそ、
自分なりの、自分との向き合い方、
ぜひ試行錯誤して研究してみて下さいね。






究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。

スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。
芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。
専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。
活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。
学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、
ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。