LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

失敗しない眉毛の整え方



太眉ブーム、まっすぐストレート眉のブームが過ぎ、
今は平均~やや細め、
そして、ほんのり眉山の高さがある形が主流となってきました。

・眉頭と眉尻の高さは水平に揃えること
・眉頭~眉山までの長さと、眉山から眉尻までの長さん比率を2:1にすること

など、わりと眉メイクの基礎とも言えるような感じですが、
それが今年の眉メイクの主流となっています。


ですので、大事なのは「ちゃんと感」です。

ただ生えっぱなしのナチュラルが良いのではなく、
多かれ少なかれ、お手入れをして「ちゃんと感」を演出することが大事です。
無精髭ならぬ無精眉をたずさえないように。





さて、眉毛を整えていて、よくある失敗なのが、
切りすぎ、抜きすぎ、剃りすぎといった「やりすぎてしまった失敗」。

これを防ぐためには、
以下のようなポイントを意識していきましょう。



■すっぴんの時には眉毛をいじらない。

お風呂上がりなどに、小さな手鏡で、
スッピン状態の顔をじーっと見て、カットしたり抜いたり。
結構やってしまいがちなんですよね。
1日の終わりのルーティンになっているという方も。

しかし、すっぴんの状態だと、
「理想の眉毛」の最終形態が見えない状態なので、

ゴールが見えないまま、
大事な眉毛を整えていることになるのです。

それは、なかなか上級テクニックです。

眉毛を整える時には、メイクをした状態で。
眉毛をきちんと描いた状態で、
余分な部分のみを整えるようにしましょう。



■カットする順番を守るだけで、失敗から逃れられる。

「とりあえず気になるところからカットする」という感じで、
特に手順を決めずにカットをしていくと、
思いがけずに穴が開いてしまったり、
アウトラインがガタガタの状態になってしまうことがあります。

眉毛の毛流れを考えると、
ある程度、カットをする順番を決めた方が、
失敗の確率が下がるのです。

正しい手順は、以下の通りです。

1 理想の眉ラインより、上にはみ出した毛をカット。(ハサミ)
2 理想の眉ラインより、下にはみ出した毛をカット。(ハサミ)

この段階で、形はある程度綺麗になってきているはずです。
まぶたに生えている毛などは、
電動シェーバーにバトンタッチしてOK。

そして、形のあとに整えるのが、濃さです。


3 最後に毛が重なって濃くなっている部分を薄くする。

黒目の上あたりの部分など、毛量が多くて濃く見えている部分、ありませんか?
その濃淡の色ムラが、なんとなく垢抜けないイメージに見せてしまっていることも、あります。

そんな時は、アイブロウコームを使い、
濃くなっている部分の毛足を少しずつカットして、整えていきます。

アイブロウコームを当てているからと言って、
コームのくし目から出てきた毛を、
いっきにバッサリとカットしないで、
少しずつ、少しずつ、様子を見ながらカットしていきましょう。




いかがでしょうか。
ぜひ、上記のようなポイントを押さえて、
今っぽい「ちゃんと眉」にトライしてみてくださいね!




今日はここまで。
次回もお楽しみに!







究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。