LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

達人は筆を選びます。

みなさん、メイクに使うブラシって、
どのように選んでいますか?

アイシャドウやチークなどは、
よくパレットの中に小さなブラシが付いていたりしますよね。

この「小さなブラシ」ですが、
たまに良質なものが付いていることもありますが、
8割型「おまけ」程度のものであることも多いです。

せっかく良質なアイシャドウやチークであっても、
ブラシの質が良くなければ、仕上がりも損なわれてしまい、
それって、とーーってももったいないことなんです。





逆に、良質なブラシを選べば、
たとえプチプラなコスメを使ったとしても、
美しく発色したり、ムラ無く塗ることができたりするのです。

それだけメイクブラシは大事な存在なんですね。



メイクブラシは長く長く付き合うものとして、
ぜひ良質なものを選んで頂きたいと思っています。

そうすることで、メイクの仕上がりが良くなるだけでなく、
お肌への負担も軽減されます。

私自身も10年以上使っているブラシ、たくさんあります。




では、具体的なポイントを挙げてみましょう。



・フェイスブラシ

これを持っているという方は、結構少ないです。
あまり必要性を感じない&ブラシ類の中で最も高値なことが多い
という理由もあって、なかなか買う方が少ないのが現状です。

お顔全体に使うフェイスブラシ。
ファイスパウダーをのせた後、余分な粉を払うために使ったり、
頬に飛び散ったアイシャドウを払うために使います。
顔全体にパールパウダーを乗せたい時や、
フェイスラインにシェーディングを入れたいときにも使います。

もし私が仕事において、このフェイスブラシを忘れたとしたら、
とっても困ります。
そのくらい、なきゃいけない存在なんです。

フェイスブラシは、一本一本の毛が細く、
毛質がしっとりふんわり柔らかいものを選びましょう。
チクチクするものはNGです。



・チークブラシ

メイクの中で、最も広く着色を行う工程であるチーク。
ブラシが大事じゃないわけがありません。

チークの仕上がりは、
ブラシによって大きく左右されると言っても過言ではありません。

個人的にお勧めしているのは、
曲線状に毛先がカットされた平筆タイプ。
(四角い形のブラシはおすすめしません。)

毛を肌に対して立てて使う、キノコタイプよりも、
毛を肌に対して寝かせて使う、平筆タイプの方が、
ムラになりにくく、発色もキレイなので、お勧めしています。

こちらもやはり、
毛質がしっとりふんわり柔らかいものがお勧めです。



・アイシャドウブラシ

こちらもチーク同様、
毛先が丸くカットされた平筆タイプをお勧めしています。

ただし、毛質に関しては、
ふんわりフワフワ柔らかすぎるものよりも、
ハリコシがあるタイプの方が、
アイシャドウの発色が良いということと、
狙った範囲に乗せることができるので、お勧めです。

チクチクするのはNGですが、
毛質自体にハリがあるものをお勧めします。



・アイブロウブラシ

唯一、メイクブラシの中で、
肌に立てて使った時に、しっかりとした硬さを要するのが、
このアイブロウブラシです。

アイブロウブラシは、毛が生えている部分に使いますよね。
毛を掻き分けつつも、肌に着色をしなければならないので、
ある程度、毛の硬さが必要なのです。

毛先が斜めにカットされた、短毛の硬いブラシがお勧めです。



・リップブラシ

こちらもアイシャドウ同様、
コシのある平筆タイプをお勧めしています。

コシのない、柔らかい毛のリップブラシもありますが、
狙ったリップラインをなぞることができず、
はみ出したりしやすいのが、この柔らかいタイプ。

きちんと輪郭を美しく取りたいときには、
コシのあるタイプがお勧めです。



・ハイライトブラシ

こちらは、アイシャドウやリップと逆で、
ふんわりフワフワ柔らかい毛質のものをお勧めします。

コシのあるタイプを使ってしまうと、
「ここに入れました!」感が強くなってしまい、
ハイライトが不自然に浮いてしまうことがあるのです。







いかがでしょうか。

「達人、筆を選ばず」と言いますが、
メイクにおいては、そんなことはありません。

達人は筆を選びます。
筆の良し悪しがメイクの仕上がりに影響するからです。

ついつい後回しになりがちなブラシ選びですが、
ぜひ良質なブラシで美しいメイクを仕上げて下さいね。



Ai TERANAGANEが実際に使用しているおすすめメイクブラシはこちら。







究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。