Q&A」タグアーカイブ

読者Q&A「ビューラーをかけるとアイラインが消えるのは何故!?」




《Question》

愛さん、こんにちは!インスタライブ(11/28) アイシャドウグラデーションの時に、アイシャドウ→アイライン(ペンシルタイプ)の順番で書かれてましたが、リキッドタイプでも同じ順番ですか?初歩的な質問で恥ずかしいのですが、アイメイクの順番が分かりません。

そして、リキッドタイプでアイラインを描いた後にビューラーを使うとアイラインが消えてしまいます…。乾くまで待つしかないのでしょうか?朝からメイクに時間を掛けられない時もあるので、何か裏技とかあれば教えてください!



《Answer》

それではお答えして参ります!

まず、11月28日のインスタライブの模様は、こちらからご覧いただけます。



↑アイシャドウの縦グラデーション&横グラデーションのお話をしている回です。


この中では、ご質問者様がおっしゃるとおり、「アイシャドウ」→「アイライン」の順番でアイメイクを行なっています。この順番は「教科書通りの基本の順番」と言ったところでしょうか。ベーシックな手順ではあります。リキッドアイライナーの場合も同じく、アイシャドウからのアイライン、というのが基本の順番です。





しかし、必ずそうでなければならないわけではありません。ペンシルであってもリキッドであっても、先にアイラインを引いてからアイシャドウ、という順番でもOKです。この場合、引いたアイラインをアイシャドウがぼかしてくれる作用が働くので、自然な仕上がりになるメリットもありますし、急いでいる朝なんかはアイラインがガタついてしまう時もあるので、後からアイシャドウを乗せるようにすれば、そんなガタつきも目立たなくしてくれる嬉しい効果もあります。


ちなみに、タイマーを5分でセットして、ガチですっぴんから5分フルメイクを仕上げた時の動画がコチラ。この動画では、時短のために先にアイラインを引いています。



↑ぜひ時短メイクの参考にしてみてください。



で、最も気になったのはここ。
 ↓

リキッドタイプでアイラインを描いた後にビューラーを使うとアイラインが消えてしまいます…。乾くまで待つしかないのでしょうか?


この部分なのですが、リキッドアイライナーを引いた後にビューラーをかけると、アイラインが剥がれて消えてしまう原因は、2つ考えられます。





考えられる原因1

ビューラーを根本まではさみ過ぎているケース。もし、リキッドアイライナーだけでなく、アイシャドウもちょっと薄くなっているとか、ペンシルタイプを使っても消えてしまうならば、この原因が考えられます。
基本的に、ビューラーをかけてもアイメイクが剥がれないのが正しいビューラーの使い方です。ビューラーの金具をまぶたに押し当て過ぎていたり、根本すぎる部分まではさんでいると、アイメイクが剥がれてしまうばかりでなく、まつ毛にも相当な負担がかかっているので、要注意。
「ビューラーはちょっと痛いくらいが当然」という癖が無意識のうちに付いてしまっている方が実に多いのですが、ビューラーが痛いようでは使い方が間違っています。もしくはビューラーの形状がまぶたに合っていません。圧迫感や引っ張られ感も無いのがベストです。




考えられる原因2

ビューラーは正しく使えているはずなのに、やはりリキッドアイライナーが剥がれてしまうという場合は、おそらく、使っているリキッドアイライナーが「かなり乾きにくいリキッドアイライナー」であるか、もしくは「フィルムタイプのリキッドアイライナー」であるかのどちらかなのではないかと思います。

ご質問文にも、「乾くまで待つしかないのでしょうか?」とありますので、おそらく乾きにくいアイライナーを使われているのでしょう。この場合、正直、乾くまで待つのがベストです。乾きにくいアイライナーの場合、上からアイシャドウを乗せるにしても、乾いてからでなければ綺麗に乗りませんので、「乾きを待つ時間」はどうしても必要になってきます。これがどうしても苦になる場合は、リキッドアイライナー自体を変えた方が良いでしょう。

「フィルムタイプ」のリキッドアイライナーも乾きにくいものが多いので要注意です。フィルムタイプは、乾いてしまえば滲みにくいものが多いので良いのですが、乾くまでがちょっと難点なんですよね。手の甲に描いてみて、乾いたあとに強くこすってみた時に、消しゴムのカスのようにポロポロと剥がれ落ちるタイプが、フィルムタイプです。







いかがでしょうか。もし思い当たる点があれば、ぜひ見直してみてくださいね!
少しでもお役に立てれば幸いです!







美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!


読者Q&A「厚みのある顔立ちを垢抜け顔に見せる」




Question

肉厚な感じの頬や鼻先をメイクでカバーできるのでしょうか?丸顔という意味ではなく、皮膚や皮下脂肪に厚みがある感じで、どこか野暮ったくスッキリしません。鼻は団子鼻です。顔(皮膚)の厚みをカバーしたいと言えば伝わるでしょうか?この場合単なるシェーディングとも違うように思っていて悩みます。



Answer

顔立ちの分類を考えた時、一般的には「面長・ホームベース型・丸顔・逆三角形…」といったように、顔の形別に分類するのが一般的であると思います。しかし、ご質問者様のように「顔の皮膚が厚い感じがする」「皮下脂肪が厚い感じがする」というお悩みも多いのですが、そういった漠然としたお悩みの解決策というのは、なかなかネットで調べても辿り着かないですよね。おそらく「シャープに見せたい」というわけでも「小顔に見せたい」わけでもなく、なんとなく重たく見える感じをどうにかしたい…という感覚かと思います。

そこで今回は、ご質問者様のように、重たく見えがちな顔立ちを、より素敵に垢抜け顔に見せるにはどうすれば良いのか、いくつかのポイントを挙げていきたいと思います。




《ベースメイク》

顔立ちを軽やかに見せたいから、ベースメイクは薄付きの方がいいのかしら?と思われるかもしれませんが、一概にそういうわけでもありません。全体的に薄付きにしてしまうと「メイク感」が薄くなってしまい、元々の重たく見えがちな顔立ちが、そのまま活かされてしまいます。ポイントは、パーツごとに厚みの調整をしっかりすること。頬のふっくら感は活かしたいので、頬のベースメイクはしっかり目に。頬以外は薄く。ベースメイクの強弱をきちんと付けることで、お顔立ちの肉厚感も調整することができます。ちなみに質感はマットにしておきましょう。パールで仕上げてしまうと、元の骨格が強調され過ぎてしまいます。


《眉メイク》

肉厚感が気になるタイプのお顔立ちの場合、直線的なメイクをしてしまうと、どうしても男性的な雰囲気が強くなってしまう傾向があります。極力、直線ではなく曲線。強くせず優しく。でも薄くはしない。というのを心がけていきましょう。眉毛は曲線のアーチ型で女性らしい形を意識して。ただし、細過ぎたり薄過ぎたりすると、顔立ちとのバランスが崩れてしまうので、眉自体の存在感は無くさないように注意しましょう。


《アイメイク》

アイメイクは手抜きせずに、わりとしっかり目に仕上げる方がお似合いになる可能性が高いです。ご質問者様の場合、おそらく元々持っている要素が「ソフト」ではなく「ハード」である可能性が高いのです。ハードタイプの方は、「ナチュラル感」「抜け感」「軽やか」ではなく、「作り込んだ感」「メイク感高め」「オシャレ感高め」「インパクト強め」という要素がマッチします。おそらく、濃い色のアイシャドウやダーク系のアイシャドウもこなせるタイプであると思われます。まずは躊躇せず、アイメイクを楽しむ気持ちで、ナチュラルアイメイクではなく、しっかりアイメイクにトライしてみましょう。


《リップ》

上記のアイメイクと同じで、リップも軽やかな透け感リップなどではなく、わりと「きちんと感」のあるリップメイクの方がマッチする可能性が高いです。おそらく、赤系やボルドー系、ブラウン系などの色味が強いものもお似合いになりそうですし、もし色味を抑えたとしても、重ね塗りをして、きちんと塗られている感を出すことが大事です。


《チーク》

チークに関しては、アイメイクやリップとは逆で、なるべく控えめに自然に入れるようにしましょう。薄めの色でマットな質感のものをチョイスし、顔立ちを柔らかく見せるように意識します。


《ハイライト・シェーディング》

まず、ハイライトは欠かさずに入れていきましょう。マットなものを選びます。目の下や鼻筋、額の真ん中、顎先など、基本的な位置に入れていきます。ただしシェーディングに関しては、必ず入れなきゃいけないものではありません。シェーディングを入れることによって、かえって男性的な骨格に見えてしまう可能性もあるので、もし入れるとしても控えめに。鼻筋を細く見せるためにノーズシャドウをほんのり入れておく程度で良いかもしれません。






いかがでしたでしょうか。
ご質問者様のお顔立ちを想像しながらの回答ですので、もしかしたら意図に添わない回答になっているかもしれませんが、少しでもお役に立てれば嬉しく思います。






美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!



読者Q&A【ほうれい線をカバーするアイテムの選び方&テクニック】



《今日のご質問》

法令線のカバー方法について教えてください。先日、美容部員さんに勧められて、法令線に塗るコンシーラーを買いました。筆タイプです。それで法令線をなぞるように、と言われたので、言われた通りにしているのですが、時間が立った時にヒビ割れのようになってしまいます。使い方が良くないのでしょうか…。


《それではお答えして参ります!》

最近はマスクで隠れるから気にしない…という方も時々いらっしゃいますが、やはり一度気になると、どうにもこうにも気になってしまう「法令線(ほうれい線)」。口元は常に動く部分なので、ただカバーするだけでなく、時間が経ってもヨレずに綺麗なままキープされるのが大事です。

そこで、ほうれい線をカバーするのに適したアイテムと、その方法について、ご説明していきましょう。




■ほうれい線はカバーするだけではNG。キープ力も重視。

ご質問者様がお使いになっている「筆タイプのコンシーラー」。このタイプのコンシーラーは、シミやクマをカバーするためというより、部分的にお肌を明るく見せるようなハイライト効果が高いものが多いです。ですので、お勧めしてくださった美容部員さんが仰る通り、ほうれい線のシワを目立たなくする効果はあります。

しかし、液体状のものをシワの窪みに塗るので、塗り方に気をつけなければ、シワの入り込み、時間が経った時にくっきり割れる…といった現象が起こることもあります。




■筆タイプのコンシーラーで効果的にほうれい線をカバーするには?

気を付けるべき点は、まず、塗る量です。ベタっとたくさんの量を乗せるのではなく、少量を少しずつ「かすり塗り」するような気持ちで塗っていきましょう。なので、筆先にたくさんのコンシーラーを含ませた状態ではなく、手の甲などに試し塗りを何度かして、筆先に含まれているコンシーラーの量が減った状態にするのです。そうしてから、ほうれい線に乗せていきます。毛先を使って、シャカシャカ軽ーく肌をかすりながら乗せていくイメージです。



■ひび割れの心配が無いのはパウダータイプ。

しかしそれでも、ほうれい線が深い方で、尚且つ表情が豊かな方だと、どうしてもヒビ割れのような状態になってしまうことも。そうならないためには、液体状のコンシーラーを使うよりも、パウダータイプのハイライトを使うのがオススメです。影消しパウダーのような、真っ白ではなくベージュがかっていて、キラキラしていないハイライトパウダーを、コンシーラーブラシのような細いブラシに取って、ほうれい
線をなぞるように塗っていきます。ベースメイクもポイントメイクも終えた仕上げの段階で行います。



参考動画
https://youtu.be/846MEdhWf3c

動画では首のシワを消していますが、これを同じようにほうれい線に行えばOK!






いかがでしょうか。
液体状の筆タイプコンシーラーもほうれい線カバーには使えるのですが、ほうれい線が深く、表情が豊かな方にとっては、時間が経った時のヒビ割れが心配になることもあるので、そんな時はパウダータイプのハイライトも試してみてくださいね!





美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!






読者Q&A「グレイヘアの方の眉メイク・オススメ新商品もご紹介」



《 今日のご質問 》

母が白髪染めをやめて最近グレイヘアにしました。今までは茶色のアイブロウペンシルで眉を描いていましたが、グレイヘアにしてから、茶色だと違和感があるような…?グレイヘアに合う眉メイクと、眉以外にもワンポイントアドバイスあれば、お願いします!


《 それではお答え致します! 》

実は少し前に、ひっそりと、オンラインストアに新商品を追加しておりました。
アイブロウペンシルの新色(アッシュグレー)と、アイブロウマスカラの新色(アンバーグレー)です。






この2色とも、私が初めてサンプルを見た時に思ったのが「あ、この色はグレイヘアの方にピッタリ!」ということでした。近いうちにご紹介しようと思っていたのですが、ちょうど良いタイミングで、グレイヘアに合わせる眉メイクについてのご質問を頂きましたので、この機会にご紹介させて頂きます!

ご質問者様がおっしゃる通り、グレイヘア・シルバーヘアにされた場合、眉毛の色が茶色のままだと、やや違和感を感じてしまいます。しかし、だからと言って、ただのグレーやブラックなどにしてしまうと、せっかくの柔らかいニュアンスの髪色とはマッチせず、眉が浮いてしまいがちです。

ですので、ダークブラウンとグレーの中間のような色がオススメなのですが、今回の新色がまさにそういうカラーだったので、ぜひそのような方に向けてご紹介しようと思っていたのです。

アイブロウマスカラのアンバーグレーは、眉毛に白髪が混じってきた方にオススメ!ナチュラルに白髪をカバーすることができます。

このようにして、グレイヘア・シルバーヘアにされた方は、ポイントメイクの色味に迷ってしまうことが多いのですが、まず、眉メイクに関しては、このオススメアイテムをぜひ参考にしてみてくださいね。


こちらからご購入できます!【アイブロウペンシルのアッシュグレー&アイブロウマスカラのアンバーグレー】




【グレイヘア・シルバーヘアの方のメイクのポイント】



上品で素敵なグレイヘア・シルバーヘアの方に共通することって何だろうと考えた時、ある1つの大事なポイントが思い浮かびます。それは「あえて感」です。染め忘れている感じでもなく、どうでもよくなってしまっている感じでもなく、あえてグレイヘアを選択しているという印象です。

その「あえて感」がどこから生まれるのかと言うと「全体的な上品さ・丁寧さ」であると、私は思っています。ヘアスタイル以外のメイクや身につけている物に「きちんと感」があれば、グレイヘアも上品に見えてくるのだと思います。

そう考えると「まずはメイクも手抜きせずにちゃんとする」ということが大前提です。グレイヘアでメイクを手抜きしてしまうと、どうしても老け込んだイメージや、疲れた印象に見えてしまうので、せっかくのグレイヘアを最大限に活かすためにも、まずはちゃんとメイクをする。その意識を持ち続けましょう。




■ベースメイクは、疲れて見えないように、シミカバーやクマカバーに重点を置いて、丁寧に。メイクの中で最も重点を置くように心がけます。

■アイシャドウは華やかすぎる色味は避け、肌馴染みの良い自然な色味を選びます。ただし、まぶたがへこみ、影が出来やすい方は、ブラウン系などの影を作る色よりも、まぶたを明るく見せるベージュパールや、明るめのピンクパールなどがオススメです。

■アイラインやマスカラは省かずに。目元を生き生きと若々しく見せる大事なアイテムです。白目を綺麗に見せてくれますし、何よりまつ毛があるだけで、かなりの若見え効果があるのです。

■チークも省かずに入れて頂きたいのですが、ここ最近の流行も加味し、あまり濃く入れすぎず、ほんのり色が付く程度に抑えましょう。グレイヘア・シルバーヘアにはオレンジ系よりもピンク系がマッチします。

■リップはお顔全体に血色感を足してくれる大事なアイテムですので、必ず塗ります。ベージュ系などの薄い色は避け、なるべく綺麗で濁りの無いカラーを選びます。リップもチーク同様、オレンジ系よりもピンク系・レッド系がマッチします。







いかがでしょうか。

人生の深みと優しさを感じさせる素敵なグレイヘア。それをより美しく活かすためにも、ぜひメイクも楽しみながら「きちんと感」を出していきましょうね。









美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者Q&A 「マスクを取った時の残念な感じをどうにかしたい!」



《 今日のご質問 》

30代半ばの主婦です。面長で額も広く、目から下の面積も広く、間延びしていてマスクを取ると残念な感じになってしまいます。涙袋もあまり無く、20代の頃に比べ二重幅も狭くなり目が小さくなりました。

チーク、ハイライト、下まつげのマスカラも塗っているのですが、マスクをしている時と外した時のギャップに悲しくなってしまいます。目から下の残念な感じが少しでもマシになってくれたらいいのですが…。





《 それではお答えして参ります! 》

ずっとメガネをして過ごしていると、そのメガネがもはや自分の顔の一部に感じるように、ずっとマスクをして過ごしていると、マスクをした自分の顔がメインのようになってしまいますよね。

マスクは顔の下半分を隠してくれるので、面長感や下膨れ感などをカバーしてくれるという良い点もある反面、マスクをはずした時に、それらがより気になるようになってしまった・・・という方も少なくないでしょう。


ご質問者様のお悩みを整理してみると、額が広くて間延びしている感じや、面長であるということなど、もしかしたら元々気にされていた部分なのかもしれませんが、マスクをするとそれがカバーされてしまう分、はずした時のギャップが気になってしまっている、ということなのかなと思います。

「どうせなら最初からマスクをしていない状態で人に会えたらいいのに、途中でマスクをはずさなきゃいけない方が辛い…」

きっと、肌荒れや歯並びなども同じで、マスクで隠すことができる分、はずした時に目立ちそう…と、感じる方も多いのではないでしょうか。






さて、本題に戻りますが、マスクをはずした時にも面長感が目立たず、メリハリのある顔立ちに見せるためには、やはり「チーク&リップ」が重要なポイントとなってきます。

ぜひ、以下のテクニックを試してみてください。





■チークは2色使いで立体感を演出!



チークって、ポイントメイクの中で最も広い面積で着色する工程なのですが、アイメイクのように何色か使ってグラデーションを作る、という認識があまり無いですよね。

単色チークがオーソドックスではありますが、アイメイク同様、チークも複数の色を使って、お顔立ちにより立体感を出すことができます。


手法は簡単。いつも使っているメインのチークと、それよりも薄い色のチーク、併せて2色準備しましょう。薄い色のチークを探して買うのは大変なので、ハイライトやベージュ系アイシャドウと混ぜて使うなどして、色味を自分で作ってしまってもOK。



まず始めに、濃い方のチークを乗せます。この時、位置が高すぎると面長感が強調されてしまいますので、「小鼻の横」くらいの高さを目掛けてくださいね。角度をつけず、真横水平に、内から外へ。ただし、あまり顔の端まで広げてしまうと、やや古い印象に見えてしまうので要注意。

楕円形のような形で入った1色目のチークを囲むようにして、2色目(明るい方のチーク)を入れていきます。
1色目のチークが、より効果的なグラデーションになるように意識しましょう。



このようにして2色使いでチークを入れると、頬の立体感が強調され、面長感の軽減、間延び感の軽減に繋がります。





■リップメイクはマスク着用時も省かない!口元をしっかり強調しよう。



マスクをはずした時に、最も「残念!」を引き起こしてしまうのが「手抜きした口元」です。

リップメイクをしていないだけでなく、ファンデーションが少しでも唇についたままになっていたら、疲れて見えてしまうだけでなく、顔が大きく見えてしまう原因に。

特に「面長・下膨れ・エラ張り」が気になっている方は、マスク着用時であっても「ノーリップNG!」です。


ヌーディな色味ではなく、唇が健康的に見える色を選びましょう。濃い色でなくてもOK。肌色と唇の差異をつけることが大事です。

グロスのような艶やかなタイプだとマスクに付いてしまうので、やや硬さのある口紅か、全塗りできるソフト芯のリップペンシルを使いましょう。唇が小さい方・薄い方は、やや大きめに描くことで、面長感を軽減させることができます。






いかがでしょうか。

マスク時代の新たな悩みとも言えるご質問だったかもしれませんね。マスクをしている時も、はずした時も、自分自身が心地よくいられるように、少しずつ、楽しみながら、メイクで工夫していきましょうね。


美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者Q&A「メイク前とメイク後の紫外線対策はどう違う?」




今日のご質問はコチラ。

***

いつもインスタライブを楽しみに拝見しております。
質問です。
趣味でゴルフをするのですが、日焼け止めはメイクのどの段階でつけるのがいいでしょうか?
そして、昼食後に日焼け止めをまたつけたいのですが、
ファンデーションの上にまたつけてもいいのでしょうか?


***



それでは、お答えして参ります!



私自身も、外ロケやアウトドアなどで一日中外にいると、
どんな天気であろうと、やはり結構な紫外線を浴びていることを実感します。

ゴルフも外にいる時間が長いので、
日焼け止め対策、気になりますよね。


日焼け止めアイテムには様々な種類がありますが、
どのタイミングで使うのかによって、選ぶアイテムを変えていく必要があります。






ではまず、朝のメイク時の日焼け止めの使い方から。


朝、日焼け止めを塗るタイミングは以下の手順となります。

1 洗顔
2 化粧水や乳液などのスキンケア
3 日焼け止め
4 メイク下地
5 ファンデーション以降


「洗顔・スキンケアを終えた後、そしてメイクに入る前」が、
日焼け止めを使うタイミングです。

この時は、クリーム状の日焼け止めを使うことをオススメします。
なるべく白くならないもの、ベタベタしないものを選びましょう。

その方が、メイクの仕上がりに悪影響を与えず、
違和感の無い仕上がりになります。


お勧めノンケミカル日焼け止めクリーム(ページ最下部)







次に、メイク後のお直し時に日焼け止めを使いたい時のポイントです。

朝に使った日焼け止めとは違うアイテムを使います。
パウダータイプのもの、もしくはスプレータイプのものを使いましょう。


どちらを使うにしても、
まずは汗をタオルなどで抑え、メイク直しを終えてから。

パウダータイプのものであれば、
パフに付けて、お顔全体、首回り、耳も忘れずに押さえます。


スプレータイプのものも同じですが、
かけすぎてしまうとメイク崩れの原因になりますので、
かけすぎ要注意です。

その観点から考えると、失敗が少ないのはパウダータイプの方です。


ちなみに、SPF表記が無い通常のフェイスパウダーであっても、
いつもより少し多めにしっかり付けるだけで、
紫外線を反射してくれる力がありますよ。




このようにして、メイク時とメイク後では、
使う日焼け止めアイテムの種類を変える必要があります。

メイクをしている上からクリーム状の日焼け止めを塗ってしまうと、
メイクがよれてしまい、ムラ焼けしてしまう原因にもなりかねませんので、
それは避けてくださいね。



少しでもお役に立てれば幸いです!









美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者Q&A「マスクをしてもリップメイクはしたい!」



今日のご質問はコチラ。

***

マスクメイクについての質問です。
マスクを日常的にするようになってだいぶ経ちますが、
最初の頃は、マスクをするからいいやと思い、リップもチークもしていませんでした。
しか最近は、マスクをしていても、せめて口紅だけは・・・と思うようになりました。
マスクをしていても差し支えないリップの仕方があれば、教えて下さい。


***



それでは、お答えして参ります!

「マスクをしていても、リップメイクをしたい。」
その気持ち、とっても分かります。

マスクを付けて過ごす日々がこれだけ長くなってくると、
「リップメイク禁断症状」のような感じで、
「あーーー口紅塗りたいなーー」と、ふと思ったりします。

なので、私はマスクを付けるとしても、リップメイクはしています。


ただ、マスクにベッタリ付いたりするのは嫌なので、
ある工夫をしています。

マスクに付かないリップメイクのコツは2つ。
1つずつご紹介していきましょう。







■口紅やグロスは使わずに、リップペンシルだけで仕上げてみる。

マスクに付かないリップメイクを仕上げるには、
油分を控えめにすることが必要です。

なので、口紅やグロスよりも油分が少ないリップペンシルを使うのも1つの方法。

通常、リップペンシルは唇の輪郭を描くもの、という位置付けですが、
今回は、輪郭ではなく唇全体を塗りつぶしてしまいます。

そのためには、芯が柔らかく、スーッと伸びの良い、
唇に負担なく塗りつぶすことができるタイプのものを選びましょう。

最近、私が気に入って使っているのは、
このリップライナー(中でもピンクベージュ)です。

スルスル描けるので、唇全体に負担なく塗ることができます。
そして、マスクに付かないので心地よい!

おすすめです。







■フェイスパウダーを使って、口紅に蓋を閉める。

手持ちの口紅を使いたい場合には、こんな裏技もあります。
それでは手順をご説明します。

1 まずは通常通り、口紅を塗る。
2 ティッシュを用意する。
3 1枚のティッシュを、更に引き裂くように2枚に分け、極薄の1枚をゲットする。
4 極薄の1枚のティッシュを唇の上に当てる。
5 そのティッシュの上から、フェイスパウダーが付いたパフで唇を押さえる。


イメージできましたでしょうか。

極薄のティッシュがフィルターのような役割となって、
ティッシュが口紅の油分を吸いつつ、
ティッシュの隙間から極少量のフェイスパウダーが唇に付着し、
口紅に蓋を閉めてくれるような役割を果たします。

こうすることで、マスクへの付着を大きく軽減してくれます。






いかがでしょうか。
マスクをするからメイクをおざなりにするのではなく、
マスクをしていても不快感なくフルメイクを楽しめる方法を模索してみましょう。

どんな状況でも、ベストな自分でいられるように。
楽しみながらトライ!です。






美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者Q&A「パーソナルカラー診断で似合うと言われた色がしっくりこない!」



《今日のご質問》

2年前、プロの方にパーソナルカラーを診断してもらい、結果はウィンターでした。
以降、洋服やヘアカラーもウィンターの物を選ぶようになりましたが、
アイメイクだけ、何だかしっくりこないのが悩みです。

ベースメイクはパーソナルカラー通り、
ウィンターのピンク寄りのものが1番しっくりきます。

ヘアカラーも明るめだったのをダークブラウンにし、
眉もライトブラウンをやめ、グレーブラウンにしました。

しかし、アイシャドウにおいては、
ウィンター代表色であるブルーやグレーが、どうもしっくりきません。
だからと言って、オータムの色を使ってみるとやはり老けて見え、ブラウンメイクもパッとしません。

ウィンターには黒い瞳が多いらしいですが、
私の瞳の色はヘーゼルと言ってもいいくらい、
明るい茶色なのが原因なのかとも思います。

アイシャドウだけは、パーソナルカラーにこだわらず、
瞳の色に合うアイシャドウを選んだ方が良いのでしょうか?

このような場合のアイシャドウの選び方を教えてください。

↓↓↓



それでは、お答えして参ります。
続きを読む

読者Q&A「1歳でも5歳でも若く見えたい!」



《今日のご質問》
一歳でも5歳でも、若々しいメイクをしたいのですが、流石に50も前にして、
今時の涙袋とか出来ませんので💦
ナチュラルで若々しいメイク方法、ポイントを教えて下さい❤️


***


それでは、お答えしていきましょう。

このご質問へのお答えの中で、ポイントとなるのが、
「若返りメイクと流行を追うことは別!」ということです。

ご質問者様もおっしゃる通り、
涙袋メイクが流行っているからと言って、
それを真似することが若々しく見えることには繋がりませんし、
地雷メイクとか、チャイボーグメイクとか、
若者のトレンドをそのまま取り入れることが良いというわけではありません。

ファッションに例えて考えてみると分かりやすいですよね。

若者の間で流行っているファッションを真似して、
それで自分も若返って見えるなら、そんな簡単なことはありません。


若々しく見えるメイクにおいて大事なのは、
流行を追うのではなく、
「若々しい顔立ちに見えること」です。


そこに焦点を当てて、考えていきましょう。

続きを読む

読者Q&A「目の下のたるみ・クマをどうにかしたい!」



今日は、こちらのご質問にお答えしていきたいと思います。

《今日のご質問》

寺長根先生、こんばんは。いつもメルマガ楽しみにしています。
私はもうアラフィフなので、目の下のクマと言うか、たるみを消したいです。

最近人気の&beのファンシーラーも買ってみたのですが、
色白なので全く色味も合わず、クマも隠れず…

たるみには、どうしたら良いのか教えてください。



***

それではお答えして参ります。
いつもメイクアップ人生をお読みくださり、ありがとうございます!

年齢を重ねるにつれ、どうしても目周りのお悩みは増えていきますよね。
小じわ、たるみ、クマ、くすみなど、
よく動くわりに皮膚が薄い部分なので、色々な悩みが生まれやすい部分です。



さて、今日はその中でも「クマとたるみ」
焦点を当ててお話していきたいと思います。

大事なポイントは、クマとたるみをきちんと見極めて区別をし、
それぞれの対策を行うこと
です。

若い頃はクマだけだったのが、
年齢を重ねると、クマとたるみが同居しだしたりするので、
これまでのクマ対策だけでは間に合わなくなってくるのです。
続きを読む