眉毛」タグアーカイブ

若く見えるOK眉・老けて見えるNG眉



「人に与える印象の7〜8割は眉毛で決まる」と言われるくらい、眉毛って本当に大事なパーツなんです。しかもここ最近はマスクをして過ごすことが多いので、顔の下半分が隠れてしまう分、眉毛が背負う役割は、更に大きくなっているわけです。本当に、眉毛は責任重大。大事な大事なパーツです。

そんな絶対に失敗したくない眉毛。今回は、若く見えるOK眉と老けて見えるNG眉を、イラストにしてまとめてみました。まずは、こちらをご覧ください。※拡大してご覧ください。



老けて見えるMG眉 一覧




老けて見えるNG眉1
眉頭が内側に入り過ぎ。眉間にシワが寄ったような、しかめっ面のように見えてしまう。


老けて見えるNG眉2
眉尻が眉頭より下がっている。優しい印象にも見えるが、まぶたが下がって見えることにも繋がるので、若見え効果は期待できない。


老けて見えるNG眉3
眉頭と眉尻が細くて、中央が太い。三角のような形や、三日月のような形の眉毛は古く見えてしまう可能性大。眉頭が細くなっていることに気付いていない方も多いので、要チェックです。


老けて見えるNG眉4
眉頭〜眉山が直線なのに、眉山〜眉尻にかけて、急に曲線になっている。まるで釣り針か、かぎ針のような形。これも古く見える可能性大です。古く見えると、老けて見えるのです。


老けて見えるNG眉5
眉頭〜眉山:眉山〜眉尻=1:1 の比率になっている。眉山が内側にあると、幼いイメージに見えて若返り効果もあると思われがちですが、「幼い」と「若々しい」は別物です。眉山が眉毛の中央にあると「洗練していない」「垢抜けない」イメージが強くなってしまうので、そこから老け顔イメージにつながってしまう危険性が大きいです。


老けて見えるNG眉6
細過ぎor全部同じ太さ。これはもう、言わずもがな。


老けて見えるNG眉7
眉頭が1番濃い。眉頭から描き始めている方にありがちなパターンです。眉頭が濃いと、やや男性的な、ゴツっとしたイメージになりがちで、やや古く見えてしまう危険性もありますので、注意が必要です。





いかがでしょうか。一つずつ、ご自分の眉毛と見比べながらチェックしてみてくださいね。そして、当てはまる点がある!という方は、次のイラスト「若く見えるOK眉」を見てみましょう!





若く見えるOK眉 ポイント1
眉頭は、目頭の真上、もしくはそれより少しだけ内側に入ったあたりから。


若く見えるOK眉 ポイント2
眉頭と眉尻は、ほぼ同じ高さに揃えておく。もしくは、眉頭より眉尻が少し高いのは問題ない。


若く見えるOK眉 ポイント3
眉頭から眉山までは、ほぼ同じ太さで仕上げていく。眉山から眉尻かけてを先細りさせるように意識する。


若く見えるOK眉 ポイント4
眉頭〜眉山:眉山〜眉尻=2:1の比率に!


若く見えるOK眉 ポイント5
眉頭は薄く、眉山は濃く。その濃淡のグラデーションを意識すること。



いかがでしょうか。
老けて見えないためには、古く見えないことと、違和感が無いことが大事です。トレンドもちゃんと意識して取り入れながら、時代とともにアップデートしていかなければなりません。マスク時代だからこと、眉とアイメイクは手抜きせずに努力をする。ぜひ、楽しみながら「若見えOK眉」トライしてみてくださいね!






美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

自分に似合う眉毛の高さを導き出す

さて、今日のテーマは。
「自分の顔立ちに似合う眉毛の高さは、どう導き出す?」です。

今日の午前中はラジオ出演をしておりまして、それが私の仕事始めだったのですが、
毎回、その番組の中で「メイクのお悩みコーナー」というのがあります。

視聴者の方から寄せられたお悩みや、
一緒にトークをさせていただいているMCの方のお悩みなどに答えています。

ちょうど今日の放送にてテーマとなった「自分に似合う眉毛の高さ」。
これについてを、こちらでもシェアしていきたいと思います。
続きを読む

眉毛を美しく整えたい。ネックになる「眉山の上の窪み」の対策方法。


さて、今日の本題に入ります。

今日は、多くの方が気にしている
「眉山の上の窪み、影」についてです。

意外と多くの人が悩んでいる?眉山の上の窪み。



眉毛の上の筋肉が発達すると、
眉毛を上げたときに、眉山の上が窪み、影が出来ます。

この窪みによる影ですが、
1度気になると、どう対処したらいいのか悩むところです。

一説では、
この窪み部分に眉山を合わせないと、
影が目立って不自然になってしまうから、
あえて眉毛の上の毛は剃らないほ方がいいとも言います。

確かにそれも一理。

しかしそうすると、
何も手入れしていない垢抜けない眉毛に見えてしまったり、
眉山が釣り上がった状態のきつい眉毛に見えてしまったり、
デメリットもやはりあります。

もともとの眉の形が整っている場合は、
あまり手を入れない状態でいいかもしれませんが、
もともとの眉の形が太すぎる、上がりすぎているなどの場合は、
そういうわけにはいきません。

実はタブーではない!眉山の上の窪みは無視して、眉を整えてみる。



眉山の上の窪みは無視し、
理想の眉の形を描くというのも一つです。

私としては、この方法を取ることが多いです。

やはり眉毛の形は、人の第一印象を大きく左右するものですから、
窪みを目立たなくさせるために釣り上がった眉にしておくより、
窪みは気にせず、理想の形に整えたほうがよい、という考え方です。

私自身も眉山の上の窪みはありますが、
窪みに眉山を合わせると、
やはり釣り上がった眉毛になってしまうことと、
もともと狭い額が、より狭く見えてしまうという難点があるので、
窪みによる影は無視した状態で、眉毛の形を整えるようにしています。

眉山の上の窪みを無視する場合の注意点と対策!


さて、このようにして窪みによる影を無視して眉を描く場合ですが、
気をつけなければならないことが2つあります。
  • 眉の周りのファンデーションはきちんと塗っておく。
    (フェイスパウダーもしっかり。)
  • 眉山が薄くならないように、しっかりと描く。
ということです。

そして、どうしても窪みによる影が気になる場合には、
その窪みの部分に、
明るい肌色のアイシャドウをのせておくという裏技もあります。

完全に窪みが消えるわけではありませんが、
(窪みを何かで埋めるわけではないので)
窪みによる影を目立たなくすることができます。

眉山を気にする、気にしない、あなたはどっち?


眉山の上の窪みによる影。

これを目立たせないために眉山の位置と影の位置を合わせるか、
眉毛の形の美しさを優先して影を無視するのか、
どちらも一長一短ではあります。

しかし、自分にとってどちらの方法を取った方がメリットが大きいのか、
それを考えれば、おのずと取るべき方法が見えてくるはずです。

番外編:1の知識を10~100にする考え方。


よく、このメルマガの読者様やサロンのお客様から、
「あい先生は、メイクのことを本当にたくさん知っていますよね。」と、
言われます。

確かに、この仕事をしている上で、
たくさんの知識を持つことは大事であり、
そうであるように努力しています。

ただ、今ある知識が100だとしたら、
その100の知識は、
1から100までひとつずつ順を追って得たわけではありません。

1を知れば10分かる知識もあるし、
1を知れば20分かる知識もあります。

つまり、知りえた1をどれだけの倍数に増やしていくか、
それが大事なことであると思っています。

1を10にするために大事なことは、
ネットで情報を検索することでもなく、
雑誌を読みあさることでもなく、

「想像力と経験を織り交ぜて、頭の中で考えること」です。

知り得た1の知識を10にするために、
考えて考えて考えているから、
「たくさんのことを知っている」ように見えるのです。

私はメイクの仕事をしているので、
メイクに関して考える時間がある、それだけのことです。

パソコンの仕事をしている人は、
パソコンに関して考える時間があるから、詳しくなる。

建築の仕事をしている人は、
建築に関して考える時間があるから、詳しくなる。

その道のプロというのは、そういうことだと思うのです。

では「知りたい」と思った分野について、
考える時間を増やせば、
自分もその道のプロと同じくらいの知識が身に付くのか?

確かに、考える時間を増やせば、
比例して得る知識量は増えていくでしょう。

しかし、プロと同じくらいの知識を身につけるならば、
プロと同じくらいの時間をかけなければなりません。

ならば、自分の代わりに
その道のプロが考えてくれているんだというスタンスで、
分からないこと、自信がないことについては、
その道のプロに聞くのが早いように思います。

私ならば、そうします。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!