奥二重」タグアーカイブ

読者Q&A「メイクをどう変えたら良いのか分からない。浮いている気がする…」




Question


自分の顔やスタイル、ファッションに自信がなく、メイクをする事で余計浮いてしまう気がして、なかなかメイクができません。

ファンデーションと眉毛は描いていますが、特にアイメイクに悩んでいます。奥二重な事もあり、アイカラーを乗せても目立たず、濃く塗ると子供が塗ったくったようなメイクになってしまい、雑誌に乗っているような女性らしさや、メイクアップして可愛くなった!という実感が持てません。また、アイラインもどこまで引いたらいいのか…左右で出来上がりが不平等(左は目に沿って描けるが、右は下がり気味)になってしまいます。

知識が疎く、どのように質問していいのかもわからず、まとまりのない質問となってしまい申し訳ありません。ご理解いただける部分だけでも構いませんので、ご返答いただけますと幸いです。



Answer

ご質問をお寄せくださり、ありがとうございます。
それでは、お答えしていきたいと思います。


■「何かがおかしい」を分かることが、まずは大事。



「メイクを変えたい」「もっと可愛くなりたい」「もっと綺麗になりたい」。そう思うためのきっかけというのが「今の自分は何かが足りない気がする」とか「何かがおかしい気がする」という、今の自分に対して課題点があるという事実を認識することです。その課題点が何であるかは二の次。まずは「課題の有無」に気づかなければ、次のステップに進むことはできないのです。そう考えると、ご質問者様は、既に「課題点があるという事実」を認識されているので、第一段階をクリアしているということになります。「無知の知」とも言いますが、本当に大事なスタート地点です。



■「何かがおかしい」と気付いたら、何がどうおかしいのかを分析する。



そして、次のステップは、何が足りないのか、何がおかしいのかを分析していくことです。分析と言うくらいなので、やはりちゃんとそれに向き合って「研究」をしていく必要があります。分析するためには「比較対象」がある方が分かりやすいですし、主観だけでなく客観で捉えていく必要もあります。このステップも、ご質問者様はある程度できているステップだと思います。「アイカラーの塗り方がおかしい」とか「アイラインの左右が揃わない」とか、具体的におかしいと感じる部分を見分けられているからです。

しかし、自分だけの知識や経験値だけでは限界がありますので、やはりここは有識者に助言をもらうというのが近道。化粧品売り場で店員さんの話をたくさん聞いてみるも良し、思い切ってメイクレッスンを受けてみるもよし。このステップから、有識者のアドバイスを取り入れていくと、かなりスムーズにレベルアップしていくはずです。



■分析した結果、どんな対策をすべきかを考える。



ここから具体的な実践になっていきます。どんな対策が良いのかを選択するためには実験が必要です。自分に合うメイクを見つけて、上達するためには、実験と練習が必要なのです。一朝一夕で出来るものではありません。アイシャドウを塗る幅を日毎に変えてみて、どの幅が自分にしっくり来るのか。色もそうです。アイラインの長さも日毎に変えてみて、どの長さが似合うのかを実験しながら、しっくり来るメイクを選択していくのです。「あ、この感じいいかも」と思ったら、それをスムーズに出来るように、夜お風呂に入る前などに練習をするのです。

と書くと「メイクって大変・・・」と思われるかもしれませんが、もちろん全て「楽しみながら」です。多少失敗しても大きく落胆しない。メイクなんて洗えば落ちるものですから。今日は失敗しても、明日またトライすればいいのです。



■その対策を実行する勇気を持つ。



上記の内容と繋がることですが、多少失敗しても大きく落胆しない勇気を持つこと。新しいことに挑戦する勇気を持つこと。見慣れない自分を楽しむ勇気を持つこと。「見慣れない自分=変」ではないと思う勇気を持つこと。この意識改革が根底として大事かなと思います。




■具体的なアドバイスあれこれ



と、ここまでは、まるでメイクの話じゃない感じのコラムになってしまいましたが、具体的なアドバイスも書き添えたいと思います。


・奥二重の場合、たしかにアイシャドウを塗っても隠れてしまう感じがしますが「隠れてもOK」と思考を変えてみるのもアリです。目を開けた時に隠れてしまったとしても、瞬きをした時、少し伏し目がちになった時には、その色はちゃんと見えています。そのチラ見えがまた美しかったりもするので、目を開けた時にも絶対に色が見えなければならない、という固定観念を捨てても良いのです。

目を開けた時にも色が見えていたい場合には、やはりグラデーションを丁寧に行う必要があるので、アイシャドウを塗るブラシも、ちゃんとしたブラシを使うように意識したり、力を入れすぎないようにメイクする意識をしたり、ということも大事になってきます。

また、奥二重の場合、アイシャドウやアイラインよりも、まつ毛メイクに重点を置くと効果的です。まつ毛カールとマスカラに重点を置いてみて頂きたいなと思います。


・「メイクが浮いてしまう」と感じる場合、もしかしたら全体のテイストが合っていないという可能性も高いです。ヘアスタイル、メイク、ファッションの全ての方向性、テイストが揃うと、とても垢抜けた印象になります。難しく考える必要はありません。女性らしい雰囲気にしたいのか、それともキュートにしたいのか、クールな雰囲気にしたいのか。まずはその方向性を決めて、「ならばヘアスタイルはこう、メイクはこう、ファッションはこう」というように全体でテイストを合わせていくことも、大事なテクニックです。






いかがでしたでしょうか。ご質問の回答として、もしかしたら的を得ていない回答になっているかもしれません。。。が、少しでも「メイクを楽しむ」という気持ちが盛り上がってくれたら嬉しいなと、心から思います。










美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!