リップメイク」タグアーカイブ

読者Q&A 「マスクを取った時の残念な感じをどうにかしたい!」



《 今日のご質問 》

30代半ばの主婦です。面長で額も広く、目から下の面積も広く、間延びしていてマスクを取ると残念な感じになってしまいます。涙袋もあまり無く、20代の頃に比べ二重幅も狭くなり目が小さくなりました。

チーク、ハイライト、下まつげのマスカラも塗っているのですが、マスクをしている時と外した時のギャップに悲しくなってしまいます。目から下の残念な感じが少しでもマシになってくれたらいいのですが…。





《 それではお答えして参ります! 》

ずっとメガネをして過ごしていると、そのメガネがもはや自分の顔の一部に感じるように、ずっとマスクをして過ごしていると、マスクをした自分の顔がメインのようになってしまいますよね。

マスクは顔の下半分を隠してくれるので、面長感や下膨れ感などをカバーしてくれるという良い点もある反面、マスクをはずした時に、それらがより気になるようになってしまった・・・という方も少なくないでしょう。


ご質問者様のお悩みを整理してみると、額が広くて間延びしている感じや、面長であるということなど、もしかしたら元々気にされていた部分なのかもしれませんが、マスクをするとそれがカバーされてしまう分、はずした時のギャップが気になってしまっている、ということなのかなと思います。

「どうせなら最初からマスクをしていない状態で人に会えたらいいのに、途中でマスクをはずさなきゃいけない方が辛い…」

きっと、肌荒れや歯並びなども同じで、マスクで隠すことができる分、はずした時に目立ちそう…と、感じる方も多いのではないでしょうか。






さて、本題に戻りますが、マスクをはずした時にも面長感が目立たず、メリハリのある顔立ちに見せるためには、やはり「チーク&リップ」が重要なポイントとなってきます。

ぜひ、以下のテクニックを試してみてください。





■チークは2色使いで立体感を演出!



チークって、ポイントメイクの中で最も広い面積で着色する工程なのですが、アイメイクのように何色か使ってグラデーションを作る、という認識があまり無いですよね。

単色チークがオーソドックスではありますが、アイメイク同様、チークも複数の色を使って、お顔立ちにより立体感を出すことができます。


手法は簡単。いつも使っているメインのチークと、それよりも薄い色のチーク、併せて2色準備しましょう。薄い色のチークを探して買うのは大変なので、ハイライトやベージュ系アイシャドウと混ぜて使うなどして、色味を自分で作ってしまってもOK。



まず始めに、濃い方のチークを乗せます。この時、位置が高すぎると面長感が強調されてしまいますので、「小鼻の横」くらいの高さを目掛けてくださいね。角度をつけず、真横水平に、内から外へ。ただし、あまり顔の端まで広げてしまうと、やや古い印象に見えてしまうので要注意。

楕円形のような形で入った1色目のチークを囲むようにして、2色目(明るい方のチーク)を入れていきます。
1色目のチークが、より効果的なグラデーションになるように意識しましょう。



このようにして2色使いでチークを入れると、頬の立体感が強調され、面長感の軽減、間延び感の軽減に繋がります。





■リップメイクはマスク着用時も省かない!口元をしっかり強調しよう。



マスクをはずした時に、最も「残念!」を引き起こしてしまうのが「手抜きした口元」です。

リップメイクをしていないだけでなく、ファンデーションが少しでも唇についたままになっていたら、疲れて見えてしまうだけでなく、顔が大きく見えてしまう原因に。

特に「面長・下膨れ・エラ張り」が気になっている方は、マスク着用時であっても「ノーリップNG!」です。


ヌーディな色味ではなく、唇が健康的に見える色を選びましょう。濃い色でなくてもOK。肌色と唇の差異をつけることが大事です。

グロスのような艶やかなタイプだとマスクに付いてしまうので、やや硬さのある口紅か、全塗りできるソフト芯のリップペンシルを使いましょう。唇が小さい方・薄い方は、やや大きめに描くことで、面長感を軽減させることができます。






いかがでしょうか。

マスク時代の新たな悩みとも言えるご質問だったかもしれませんね。マスクをしている時も、はずした時も、自分自身が心地よくいられるように、少しずつ、楽しみながら、メイクで工夫していきましょうね。


美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者Q&A「マスクをしてもリップメイクはしたい!」



今日のご質問はコチラ。

***

マスクメイクについての質問です。
マスクを日常的にするようになってだいぶ経ちますが、
最初の頃は、マスクをするからいいやと思い、リップもチークもしていませんでした。
しか最近は、マスクをしていても、せめて口紅だけは・・・と思うようになりました。
マスクをしていても差し支えないリップの仕方があれば、教えて下さい。


***



それでは、お答えして参ります!

「マスクをしていても、リップメイクをしたい。」
その気持ち、とっても分かります。

マスクを付けて過ごす日々がこれだけ長くなってくると、
「リップメイク禁断症状」のような感じで、
「あーーー口紅塗りたいなーー」と、ふと思ったりします。

なので、私はマスクを付けるとしても、リップメイクはしています。


ただ、マスクにベッタリ付いたりするのは嫌なので、
ある工夫をしています。

マスクに付かないリップメイクのコツは2つ。
1つずつご紹介していきましょう。







■口紅やグロスは使わずに、リップペンシルだけで仕上げてみる。

マスクに付かないリップメイクを仕上げるには、
油分を控えめにすることが必要です。

なので、口紅やグロスよりも油分が少ないリップペンシルを使うのも1つの方法。

通常、リップペンシルは唇の輪郭を描くもの、という位置付けですが、
今回は、輪郭ではなく唇全体を塗りつぶしてしまいます。

そのためには、芯が柔らかく、スーッと伸びの良い、
唇に負担なく塗りつぶすことができるタイプのものを選びましょう。

最近、私が気に入って使っているのは、
このリップライナー(中でもピンクベージュ)です。

スルスル描けるので、唇全体に負担なく塗ることができます。
そして、マスクに付かないので心地よい!

おすすめです。







■フェイスパウダーを使って、口紅に蓋を閉める。

手持ちの口紅を使いたい場合には、こんな裏技もあります。
それでは手順をご説明します。

1 まずは通常通り、口紅を塗る。
2 ティッシュを用意する。
3 1枚のティッシュを、更に引き裂くように2枚に分け、極薄の1枚をゲットする。
4 極薄の1枚のティッシュを唇の上に当てる。
5 そのティッシュの上から、フェイスパウダーが付いたパフで唇を押さえる。


イメージできましたでしょうか。

極薄のティッシュがフィルターのような役割となって、
ティッシュが口紅の油分を吸いつつ、
ティッシュの隙間から極少量のフェイスパウダーが唇に付着し、
口紅に蓋を閉めてくれるような役割を果たします。

こうすることで、マスクへの付着を大きく軽減してくれます。






いかがでしょうか。
マスクをするからメイクをおざなりにするのではなく、
マスクをしていても不快感なくフルメイクを楽しめる方法を模索してみましょう。

どんな状況でも、ベストな自分でいられるように。
楽しみながらトライ!です。






美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者Q&A「ベージュリップをかっこよくこなすコツ」




今日のご質問はコチラ。

***

愛様、こんにちは いつも楽しみに拝見しています。
今回も質問企画待ちに待っていました。

「ベージュ口紅」が、気になりだしました(笑)

昔からベージュ口紅に憧れながらも、
挑戦しては「顔色悪い」「イマイチ」状態で諦めてきたのですが
雑誌やネットでのベージュメイクの垢抜け感が、どうしても目に留まります。
素敵なモード写真などは、ほぼベージュ口紅でコナレタ感が半端ないですよね♪

何か、コツでもあるのだろうか?
其れとも、似合わない無理な肌色や、
似あわない資質みたいなものが在るんだろうか?

下手したら、疲れて見えるだけですよね。
色のチョイス間違いでしょうか。
試してみたら、唇の縦シワが目立つ気もしますが・・( ゚Д゚)
ちなみにブルーベースで冬タイプで50代なんですが、メイク大好きなんです(笑)

それでも挑戦できる方法あるでしょうか?

夏場、涼しげでクールなメイクを楽しんでみたい!
よろしくお願いします。

***



こんにちは!
いつもメルマガをお読みくださり、ありがとうございます。それでは早速、お答えして参りたいと思います!


ベージュ系リップ、ヌーディーリップは、
まさに今年のトレンドの1つです。

続きを読む

マスクの下に忍ばせる隠しリップテクニック



マスクをする日々が続いているので、
リップメイクはついつい疎かになってしまう・・・

そんな方も多いのではないかと思います。


でも、飲み物を飲む時や、ちょっと食べ物をつまむ時など、
ふとした時に、ちょっとマスクをずらすことってありますよね。

そんな時に、急に血色の悪い唇が見えたりすると、
なんとなく、ちょっと残念な感じがします。


そんなわけで、今日は、
マスクの下でも出来る、しのばせ隠しリップの方法をお伝えしていきます。
続きを読む

チークをリップに!アイシャドウに!固定観念を覆す、メイク応用テクニック4選。

※最終更新日:2021.1.15


以前にもお伝えしたことがある内容なのですが、
プレイフルなメイクが旬な今こそ、もう一度お伝えしたい内容です。
ぜひご一読ください。

スタジオにある、80色のカラーパレット。



うちのスタジオのメイクブースには、
お客様が座る席の前に80色のカラーパレットが置いてあります。

初めていらした方は、
このカラーバリエーションに驚く方も多いです。

「わぁ~、色がいっぱい!」と、テンションが上がる方も多いです。

続きを読む

2020春夏 トレンドリップメイク



「多様性」がキーワードの時代ですから、昔のように「これが流行ったら皆んなコレ!」のような、一極集中型の流行は少なくなったように感じますが、それでも、いくつかの傾向というのが存在します。
 
今日はそんないくつかのポイントを挙げていきましょう。
 
 
■輪郭をはっきりしすぎないのは継続の傾向
 
「口紅よりも濃い色のリップペンシルで輪郭を強調する」というのは、まだ復活しない兆しです。
 
リップペンシルを使うにしても、唇の皮膚の色に馴染みやすい色、柔らかい質感のものを使い、あくまでも自然な輪郭に仕上げるのが、トレンドとしてまだ継続します。
 
 
続きを読む

垢抜け度を左右する3つのポイント




常々、思うことがあります。

「老けて見える」と「大人っぽい」の違い。
「幼く見える」と「若々しい」の違い。

それは、垢抜けているかどうかの違いだと。

実年齢よりも上に見えようが、下に見えようが、
垢抜けていることの方が大事なのではないかと、思います。

では、その「垢抜け」をするために大事なポイントは何か。

ベースメイクを丁寧にすることとか、
パッと思いつくことはたくさんあるかと思いますが、
中でも盲点になりやすい大事な3つのポイントを挙げていきたいと思います。


1「垢抜け眉頭」を目指そう
2 全部を光らせない 
3 リップメイクは手抜きしない


それでは、説明していきましょう。
続きを読む

読者様Q&A「KATEの新色リップから考察・濃い色と薄い色を混ぜる方法」

本日お答えするご質問はコチラ。

***

愛さん、こんにちは!
再び100%企画お願いします!

美的でKATEのルージュを見かけました。
https://www.nomorerules.net/all_products/lip/

赤リップ+ヌーディカラーって面白そうですよね。

以前に買った赤リップパレットもまだ残ってるので、
活用してKATEの再現をしようかと!

特に深いワイン色はそのままでは使いこなせず、
試した時以来減っていません笑

リップだと他のパーツよりはリカバリが簡単なので、
挑戦しやすくて楽しみです!

手持ちにベージュ系リップがあるのですが、
チャレンジするときに色味とか注意するポイントありそうですか?

スパチュラ(ないけど。)の上であらかじめ混ぜるのと、
赤リップ塗ってからヌーディカラーを塗るのと、
違いって何ですか?


***



それでは、お答えして参ります。
いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!

KATEのリップ、拝見しました。
今までありそうで無かったパターンかもしれませんね。
続きを読む

【冬のメイクを美しく見せる質感アップメイク】

冬メイクを美しく成功させるための大事なポイント。

それは、「質感」です。




例えば、よく、
「洋服のときよりも、和服のときの方がメイクを濃くした方がいい。」

と言いますね。

それは、なぜでしょうか。

続きを読む

若々しい顔立ちに近づけるメイク

若返りメイク、若々しく見えるメイク。
そのポイントは、たくさんあります。

使う色や質感もそうですし、
トレンドを意識するのも、そう。


そして、それだけではなく、
「若々しい顔立ち」に近づける方法というのがあります。




若々しく見える顔立ち。

そのポイントは、以下の4つです。

続きを読む