メイク崩れ」タグアーカイブ

令和版・メイク直しテクニック



 マスクを日常的に付けるようになってから、それまでとは違ったメイクの崩れ方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ただのテカリやヨレだけではなく、そこに「マスクとの摩擦」や「マスクによるムレ」が加わり、メイクの崩れ方もパワーアップしてしまった2020年。そこで今回は、そんなマスクによるメイク崩れを画期的にお直しする方法「令和版・メイク直しテクニック」をピックアップ。ぜひお読み下さいね。



マスクによるムレでドロドロヨレヨレ…



そんな時は、まずはティッシュオフを必ず行いましょう。ティッシュオフをせずに、パウダーファンデーションやフェイスパウダーを乗せても綺麗にはならず、色ムラの状態がさらに悪化してしまうことも。ティッシュで優しく肌をおさえ、まずは油っぽさを抑えてから、パウダーファンデーションやフェイスパウダーで抑えるようにします。油取り紙ではなくティッシュを使うのがポイント。油分しか取ってくれない油取り紙より、余分な油分や水分、浮いた粉分をバランスよく取ってくれるティッシュの方が優秀なのです。ちなみに、ファンデーションが根こそぎ取れて、素肌が見えている状態ならパウダーファンデーション。少しテカってヨレた程度で、剥げたというわけじゃないならフェイスパウダーで抑えましょう。



マスクとの摩擦で、鼻の頭がほぼスッピン…



マスク崩れで気になるNO.1が、この鼻の頭の剥がれ落ちではないでしょうか。マスクとの摩擦が最も起こりやすい部分なので、マスクをはずすと鼻の頭だけ綺麗にスッピン…という人は少なくないと思います。まずは、摩擦が起きやすい鼻の頭や頬のあたりは、いつもよりフェイスパウダーを多めに付けて、摩擦を軽減させることが大事です。そして、剥がれてしまった部分をお直しする時は、やはりパウダーファンデーションが役立ちます。ただし、パウダーファンデを乗せる前に一手間加えましょう。

鼻の頭であっても、頬であっても、剥がれた部分の境界線がくっきりとしている場合、この境界線をぼかす作業を忘れずに。綺麗にペロッと、まるでシールを剥がしたかのような境界線(輪郭)が残ったままパウダーファンデを乗せても、元どおりには戻ってくれません。綿棒を使い、境界線を優しく撫でるようにぼかしてから、パウダーファンデーションを乗せましょう。この作業を行うと、ほぼ無傷な状態に戻すことができます。




マスクに口紅が付いてしまって嫌な感じ…



マスクを日常的に付けるようになってから、口紅は塗らなくなったという方も多いのですが、ふいにはずした時に血色が悪く見えるので、やはり口紅は塗っておきたいという方も一定数いらっしゃいます。でも、マスクに付いてしまうのって、ちょっと嫌な感じしますよね。メイク直しテクニックというよりも、崩れないための方法なのですが、マスクに口紅が付かないようにするには、なるべく硬めのマットな口紅を使うか、リップペンシルで唇全体を塗ってしまうという裏技もあります。また、口紅を塗った上から、軽くフェイスパウダーで唇を抑えておくのも一つのテクニックです。



呼気の蒸気でアイメイクがより滲む…



これも多く聞くマスクメイクならではのお悩みです。呼気の蒸気によってアイメイクが滲んでしまった場合、最も画期的に美しく滲みをオフしてくれるのは「リキッドファンデーションを染み込ませた綿棒」です。何も付いていない綿棒でもなく、水で濡らした綿棒でもなく、乳液を付けた綿棒でも、リムーバーを付けた綿棒でもなく、です。しかしながら、お直しのためだけに、リキッドファンデーションのボトルを持ち歩くのは難儀ですので、トラベル用の入れ替え容器にリキッドファンデーションを少量入れて、綿棒と一緒にポーチで持ち歩くのが良いでしょう。







いかがでしょうか。
マスクによって進化してしまったメイク崩れのお悩み。全てちょっとした工夫ですが、ぜひ取り入れて頂いて、ストレスを感じずにマスクメイクを楽しんで頂けたら嬉しく思います。






メイク崩れをまねくちょっとした所作

早速、今日も本題に入っていきます。
今日はちょっと視点を変えて、こんなお話を。
■メイクを美しいまま長時間持たせるために、メイク以外で気をつけること。
よく、サロンにいらっしゃるお客様でもそうですが、
メイクが崩れてしまう原因を、
使うアイテムや化粧法に原因がある、と単純に考えてしまう方が多いです。
もちろん、メイクでの問題なので、
メイクにまつわる何らかのことで解決しようと考えるのは当然のことなのですが、
意外と、それ以外の所作でメイク崩れのトラブルを解決できることもあるのです。
では、それらを具体的に挙げてみましょう。
■日中、無意識に顔を触ってしまう癖は無いでしょうか?
・頬杖をつく癖はありませんか?
デスクワークをされている方に多いかもしれません。
ふと気付くと、頬杖をついている。
そんな方に多いのが、いつのまにかチークが取れているという現象。
そして、パソコンなどを触っている手で顔を触ると、
頬まわりの吹き出物などに繋がることもあるので要注意です。
・目をこすってしまう癖はありませんか?
涙目の方、逆にドライアイの方、
無意識のうちに目を触ったりこすったりする癖のある方は多いと思います。
アイライナーやマスカラが原因ではなく、
その癖が原因でアイメイクが崩れてしまっているケースも多いのです。
そして、ゴシゴシ目をこすることで、
目元のシワを作ってしまうことはよくあることのですので、
それも要注意です。
・気にせず鼻をかんでいませんか?
鼻をかむという行為は、必ずメイク崩れを引き起こしてしまいます。
とはいっても、季節の変わり目など、
鼻をかまずにはいられないという方も多いと思いますが、
できるだけ、我慢できる間は鼻をかまずに日中は過ごしたいものです。
また、鼻をかみすぎると、鼻のてっぺん部分の皮がめくれたり、
鼻の下が真っ赤になってしまうこともあるので、
皮膚にも負担がかかっているということになります。
どうしてもそのような時期が訪れてしまうという方は、
鼻周りの保湿にはくれぐれも注意するようにしてください。
代表的な例を挙げてみましたが、
思い当たる方も多いかと思います。
また、今は思い当たらなくても、日常生活の中で、
ふとした瞬間にそういう癖が出てしまっている方も多いかと思います。
ぜひ意識してみてください。
「日中、メイクをしている間はなるべく顔を触らない」という意識を、
強く持ってみてください。
意外と、無意識のうちに顔を触ってしまっているケースが多いのです。
上記のように、頬杖、目をこする、鼻をかむ以外にも、
人と会話しているときに、よく鼻の下に手をあてる癖があるとか、
電話するときに受話器をピタッと頬にくっつけてしまうとか、
吹き出物などが出来ると、ついつい気になって触ってしまうとか。
そういったちょっとした所作が、
メイク崩れの大きな原因につながることもありますので、
ぜひ意識してみてくださいね!

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!