ビューラー」タグアーカイブ

読者Q&A「ビューラーをかけるとアイラインが消えるのは何故!?」




《Question》

愛さん、こんにちは!インスタライブ(11/28) アイシャドウグラデーションの時に、アイシャドウ→アイライン(ペンシルタイプ)の順番で書かれてましたが、リキッドタイプでも同じ順番ですか?初歩的な質問で恥ずかしいのですが、アイメイクの順番が分かりません。

そして、リキッドタイプでアイラインを描いた後にビューラーを使うとアイラインが消えてしまいます…。乾くまで待つしかないのでしょうか?朝からメイクに時間を掛けられない時もあるので、何か裏技とかあれば教えてください!



《Answer》

それではお答えして参ります!

まず、11月28日のインスタライブの模様は、こちらからご覧いただけます。



↑アイシャドウの縦グラデーション&横グラデーションのお話をしている回です。


この中では、ご質問者様がおっしゃるとおり、「アイシャドウ」→「アイライン」の順番でアイメイクを行なっています。この順番は「教科書通りの基本の順番」と言ったところでしょうか。ベーシックな手順ではあります。リキッドアイライナーの場合も同じく、アイシャドウからのアイライン、というのが基本の順番です。





しかし、必ずそうでなければならないわけではありません。ペンシルであってもリキッドであっても、先にアイラインを引いてからアイシャドウ、という順番でもOKです。この場合、引いたアイラインをアイシャドウがぼかしてくれる作用が働くので、自然な仕上がりになるメリットもありますし、急いでいる朝なんかはアイラインがガタついてしまう時もあるので、後からアイシャドウを乗せるようにすれば、そんなガタつきも目立たなくしてくれる嬉しい効果もあります。


ちなみに、タイマーを5分でセットして、ガチですっぴんから5分フルメイクを仕上げた時の動画がコチラ。この動画では、時短のために先にアイラインを引いています。



↑ぜひ時短メイクの参考にしてみてください。



で、最も気になったのはここ。
 ↓

リキッドタイプでアイラインを描いた後にビューラーを使うとアイラインが消えてしまいます…。乾くまで待つしかないのでしょうか?


この部分なのですが、リキッドアイライナーを引いた後にビューラーをかけると、アイラインが剥がれて消えてしまう原因は、2つ考えられます。





考えられる原因1

ビューラーを根本まではさみ過ぎているケース。もし、リキッドアイライナーだけでなく、アイシャドウもちょっと薄くなっているとか、ペンシルタイプを使っても消えてしまうならば、この原因が考えられます。
基本的に、ビューラーをかけてもアイメイクが剥がれないのが正しいビューラーの使い方です。ビューラーの金具をまぶたに押し当て過ぎていたり、根本すぎる部分まではさんでいると、アイメイクが剥がれてしまうばかりでなく、まつ毛にも相当な負担がかかっているので、要注意。
「ビューラーはちょっと痛いくらいが当然」という癖が無意識のうちに付いてしまっている方が実に多いのですが、ビューラーが痛いようでは使い方が間違っています。もしくはビューラーの形状がまぶたに合っていません。圧迫感や引っ張られ感も無いのがベストです。




考えられる原因2

ビューラーは正しく使えているはずなのに、やはりリキッドアイライナーが剥がれてしまうという場合は、おそらく、使っているリキッドアイライナーが「かなり乾きにくいリキッドアイライナー」であるか、もしくは「フィルムタイプのリキッドアイライナー」であるかのどちらかなのではないかと思います。

ご質問文にも、「乾くまで待つしかないのでしょうか?」とありますので、おそらく乾きにくいアイライナーを使われているのでしょう。この場合、正直、乾くまで待つのがベストです。乾きにくいアイライナーの場合、上からアイシャドウを乗せるにしても、乾いてからでなければ綺麗に乗りませんので、「乾きを待つ時間」はどうしても必要になってきます。これがどうしても苦になる場合は、リキッドアイライナー自体を変えた方が良いでしょう。

「フィルムタイプ」のリキッドアイライナーも乾きにくいものが多いので要注意です。フィルムタイプは、乾いてしまえば滲みにくいものが多いので良いのですが、乾くまでがちょっと難点なんですよね。手の甲に描いてみて、乾いたあとに強くこすってみた時に、消しゴムのカスのようにポロポロと剥がれ落ちるタイプが、フィルムタイプです。







いかがでしょうか。もし思い当たる点があれば、ぜひ見直してみてくださいね!
少しでもお役に立てれば幸いです!







美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!


ビューラーでアイメイクが落ちる!ビューラーの順番と正しい使い方。


本日ご紹介するご質問は、こちら。

ビューラーで、アイメイクが落ちてしまう。



* * *
いつも楽しみに読ませていただいています。
私の質問は、アイシャドウとアイラインとビューラーの順番です。

アイシャドウ、アイラインの後にビューラーを使うと、
アイシャドウとアイラインが落ちてしまいます。

ビューラーを先に使うと、まつ毛が邪魔をして、
アイシャドウとアイラインがうまくいきません。

前にも質問があったかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。
* * *

アイメイクの正しい順番。



それでは、お答えして参ります。
いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!

メイクレッスンに来られた方の中でも、
この疑問をお持ちの方はとても多いです。

何が正しいのか分からないけど、
とりあえず自己流でやって、まぁなんとかなってる…

そのような感じの方が多いように思います。

アイメイクの正しい順番は、

・アイシャドウ
・アイライン
・ビューラー
・マスカラ

です。

アイシャドウは複数の色を使ったりしますし、
アイラインの後にもう一度アイシャドウを塗ったりもします。

なので、アイシャドウとアイラインに関しては、
どちらが先でも後でもOK。
仕上がりに合わせて順番を変えて良いのです。

しかし、必ず守ってほしいのが、

ビューラーは、アイシャドウやアイラインが終わってから。

ということ。

最後に使ってもメイクが落ちない!ビューラーの正しいかけ方とは?



ご質問者様もおっしゃる通り、
先にビューラーをかけてしまうと、上がったまつ毛が邪魔になり、
アイシャドウやアイラインが乗せにくくなるので、
ビューラーは後の方が良いのです。

しかし、そうすると、
アイシャドウやアイラインが落ちてしまうという場合。

それは、ビューラーのかけ方に問題があります。

ビューラーをかけた時に、
まつ毛が引っ張られている感覚は無いでしょうか。
同時に、まぶたを圧迫している感じは無いでしょうか。

そういう感覚がある場合、
根元をはさみ過ぎているのと、
ビューラーを押し当て過ぎなのです。

まぶたに負担がないようにビューラーを正しく使うと、
アイシャドウやアイラインが剥がれることはありません。

参考に、先日のこちらの記事もご一読ください。

ビューラーに苦手意識がある方へ・正しい使い方

少しでも参考になれば幸いです!

今日はここまで。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

【読者様Q&A「自分に合うビューラーの見つけ方」】

《ご質問内容》
 
こんにちは!
いつもメルマガを楽しく拝見しております(^-^)
 
先日、ビューラーにも寿命がある!という内容のメルマガを見て、
自分もそろそろ買い直そうかなぁ…と考え始めました。
 
そこで質問なのですが、
自分の目のカーブに合うビューラーは、どのように見つけるものでしょうか?
 
私は資生堂のビューラーを長年使っていて、
慣れているので次もまたこれを買おうかな?と思っています。
 
ですが、
もし自分の目のカーブに合うビューラーの選び方があれば知りたいです。
 
だいたい、パッケージに入ってしまっているので
試してみるのは難しいと思うのですが…。
 
あるいは、日本で買えば、
ほぼどのビューラーでも日本人の顔(目)のカーブに合っているものなのでしょうか?
 
買い直すときの参考にしたいので教えて下さい(^-^)
よろしくお願いいたします★
 
 
 
 
 
《それでは、お答えして参ります》
 
続きを読む

何度も言います!ビューラーには寿命があります!


先日、メイクレッスンにいらしたお客様。
立て続けに2名、
すでに瀕死状態のビューラーを使っていました。

「こ、これはすでに寿命を迎えております・・・」

そうお告げしますと、
どちらの方も、

「じゅ、寿命があるのですか!」

と、驚かれていました。

このメルマガでは何度かお伝えしているのですが、
世の中の、美しいまつげの為に、
今宵もビューラーの寿命について、
お話していこうと思います。

全ては、まつげのために。

ビューラーは消耗品!定期的に状態をチェック。



「ビューラーは消耗品です。」と言うと、
多くの方が「え!?そうなの!?」
というお顔をされます。

「もう何年もずっと同じビューラーを使っている・・・」
という方が、多いのです。

しかし、このように伝え続けてきても、
実際にみなさんがお使いのビューラーを
見させて頂く機会があると、
やはり、あまり良い状態じゃないビューラーを
使い続けている方が、少なくありません。

ビューラーに黒いベタベタがついていませんか?


まずは、黒いベタベタが付いて、
汚れた状態で使い続けている方。

衛生的に問題があるのはもちろんですが、
黒いベタベタのせいで、
まつ毛がビューラーにくっ付いて、
使い続けているうちに、
まつ毛を切ってしまうことが、本当にあるのです。

ぜひ、今お使いのビューラーが
黒いベタベタで汚れていたら、しっかり拭き取って、
美しい状態に戻してください。

いつか、まつ毛を切ったり抜いたりしてしまわないように。

ビューラーのゴムの部分は劣化していませんか?


そして、ゴムの部分。

ビューラーの金具が当たる部分のゴムに亀裂が入り、
ゴムが裂けてしまっている人。

「まさかそんなことには・・・」
と思っても、じっくり見てみると、そうなっていることがあります。

パッと見ても、わからないのです。
今回のケースもそうでした。

ちゃんとじっくり見てみてください。

ゴムに亀裂が入っていて、
その亀裂にご臨終のまつげ達がびっしり埋まっていた・・・
ということは、しばしばあります。

ビューラーの変化は、「良い変化」でも要注意!


「なんか、最近、このビューラー、
まつ毛がよく上がるようになってきたなぁ」と思ったら、
要注意です。

よく上がるようになったのなら、いいのでは?
と思うかもしれませんが、

よく上がるようになるというのは、
変化している事実であり、
少しの力でも、まつ毛への加力が強くなっているということ。

そのまま使いつづけると、
「上がりやすくなってきた」を通り過ぎて
まつ毛を切り落としてしまう危険性があります。

ビューラー本体は歪んでいませんか?


そして、ビューラー本体の歪みも、
チェックを怠らないようにしましょう。

特に、ポーチに入れて日々持ち歩いている方は、
この点を常に注意しておく必要があります。

持ち歩かずに、自宅に置いてあるままでしたら、
歪みが生じることは、さほどありませんが、

ポーチに入れていると、
高い確率で、歪みが早く生じてしまいます。

ビューラーは繊細な作りです。
ちょっとした衝撃で歪んでしまうことが、
多々あります。

ハサミと同じ原理である、ビューラー。
歪んでしまって、噛み合わせが悪くなってしまったら、
まつげを切ってしまうことが、結構あるんです。

しかも、まぶたのお肉もはさみやすくなります。

ビューラーはとっても繊細!まつげもとっても繊細です!



■ビューラーのゴムは、
最低でも半年に一度は替えましょう。

■ビューラーをポーチに入れて持ち歩いている方は、
常に歪みが無いかを意識しておきましょう。
そして、1年に一度は本体ごと買い換えましょう。

メイクにおいて、あのような器具を使うのって、
基本的には、まつ毛だけですよね。

しかも、とっても繊細な、まぶたと、まつ毛。

ぜひ、その作業の繊細さに気づき、
改めて、ビューラーを日々チェックする習慣をつけてくださいね。

気づいたら、まつ毛が切れていた・・・
ということにならないように。

今日はここまで。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

ビューラーのお話

先日、高校の授業で、
(高校でも専門学校レベルのメイク授業をしています。)
ビューラーの仕方を指導している時。


初めて相手にビューラーをかける学生達は、

「ぎゃーーーーこわいっ!!」
「手が震える〜。。。」
「いてっ・・・」

という、メイクの授業中らしからぬ賑わいを
見せていました。笑


続きを読む

朝、時間が無くても『ココ』だけは省かないで!

どんなにメイクが大好きで、
どんなに毎日オシャレをしている人でも、
 
たまーに、どうしても時間がない!
という日はあるのではないでしょうか。
 
そんな時、
「ここだけは省いちゃいけない」という、
優先順位が頭に入っていると、
 
とりあえず「省くと『損』をする部位」を
省かずに済むものです。
 
 
 
 
省くと損をする部位。
これ、どういう意味かと言いますと。
 
 
続きを読む

ビューラーをするとアイメイクが落ちる!?

先日、私が指導している専門学校の生徒から、
こんな質問を受けました。

「どうしてビューラーをかけると、
アイラインが取れちゃうんでしょうか?」

そこで私は、聞き返しました。

「それって、自分にしたときだけじゃない?
人にビューラーをかけてあげたときは、どう?」

そうすると、生徒が言いました。

「そう言われてみれば、確かに!
自分でアイメイクをしたときだけです!
人にした時には、アイライン取れないです!」

続きを読む

アイライン強調orまつげ強調 どちらが自分の目に似合う?

今日は「アイラインが効果的?それともマスカラが効果的?」
というお話をしていきたいと思います。

基本的なアイメイクの手順というと、

アイシャドウ
 ↓
アイライン
 ↓
ビューラー&マスカラ

という流れがベーシックですよね。

当然、この全てを行うことで、
目元の印象が変わり、
なりたい目元のイメージに近づけることができます。

しかし、先日メイクレッスンにいらしたお客様が、
こんな風におっしゃっていました。

「私は今まで、ほとんどアイメイクをしたことがないので、
いきなりたくさんのことをできる自信がありません。

なので、少しずつできることを増やしたいのですが、
まず何からすれば、私の場合は効果的でしょうか?」

続きを読む

マスカラが先?ビューラーが先?まつ毛メイクの正しい手順

皆さん、こんばんは。

さて、早速今日の本題に入りましょう。
今日のテーマは、
「まつげメイクの正しい順番」について、です。

マスカラとビューラー、どちらを先に使う?


まつげメイクに使うアイテムの代表と言えば、
マスカラ&ビューラー。

この2つを、どの順番で使うのかについて、
意外と間違っている方が多いので、
今一度、見直してみましょう。

まず、簡潔に述べてしまうと、
ビューラー → マスカラ の手順が正解で、
マスカラ → ビューラー の手順は不正解です。

この理由としては、
マスカラを塗ってからビューラーをかけると、
まつげが切れてしまったり、抜けてしまったりする原因となるからです。

ビューラーの後にマスカラを塗ると、まつげが上がらない原因は?


しかし、ビューラーをかけてからマスカラを塗ると、
まつげの上がり具合が足りなく感じたり、
マスカラを塗った瞬間に、まつげのカールが無くなってしまったり、
そういう現象は、確かにあります。

こういった場合、高い確率で、
お湯で落ちるタイプのマスカラを使っているケースが多いです。

お湯で落ちるタイプのマスカラは、
まつげのカールを無くしてしまうものが多いのです。

ビューラーのかけ方を、もう一度見直したり、
マスカラの種類を変えてみることで、解決できます。

どうしもマスカラの後にビューラーを使いたい場合は?


もしどうしても、
マスカラを塗った後にビューラーを使いたい場合は、
通常のビューラーではなく、ホットビューラーにしましょう。

毛をはさむタイプではなく、
下から持ち上げながら暖めて、まつげを上げるタイプなら、
毛を切ってしまったり、抜いてしまったりすることがありません。

ビューラーをかけると、アイシャドウやアイラインが取れてしまう!


ちなみに。
アイシャドウやアイラインを引いた後にビューラーをかけると、
アイシャドウやアイラインが取れてしまうという方は、
毛の根元ぎりぎりをはさみすぎです。

その方法を続けたら、どんどんまつ毛が痛んでしまいますので要注意。

アイシャドウやアイラインが取れてしまわない程度で、
まつ毛の根元をはさむようにしましょう。

アイメイクの流れをおさらい!


ですので、おおまかなアイメイクの流れを明記しますと、

アイシャドウ単色もしくは複数色
 ↓
アイライン
 ↓
必要であれば、再度アイシャドウ
 ↓
ビューラー
 ↓
マスカラ

という手順になります。

こういった、ちょっとしたメイクの手順って、
仕上がりにとても大きく影響するものです。
ぜひ、今一度チェックしてみて下さいね!

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

ちょっと変えれば仕上がりが変わる!アイメイクの手順、よくあるお悩み。

皆様、こんばんわ。

現在「100%お答えします企画」にて頂いたご質問に、
続々とお答えしております。

では早速。

アイメイクの手順についての質問アレコレ。


今日のご質問はコチラ。

今日は3つのご質問にお答えしていきます。

* * *
■アイメイクの順番について。
アイライン・アイシャドウ → ビューラーとすると、
アイラインは睫毛が邪魔にならず描きやすいですが、
ビューラーをするときに
アイライン、アイシャドウがどうしてもよれてしまいます。
ビューラー → アイラインとすると、よれることはないですが、
カールした睫毛が邪魔になり、アイラインが描きづらいです。
最適な順番を教えていただきたいです。

■アイブロウ、アイメイクはどちらが先の方がいいのでしょうか

■洗顔後のスキンケアでまつげ美容液を使う場合、
クリームまですべて塗ってからまつげ美容液だと、
油分が邪魔して根元に浸透していないような気がしてしまいます。
どのタイミングで使うのが一番いいのでしょうか。
* * *

アイメイクの後に、ビューラー・マスカラがベスト。


それでは、お答えしていきます。

>アイライン・アイシャドウ→ビューラーとすると、
>アイラインは睫毛が邪魔にならず描きやすいですが、
>ビューラーをするときに
>アイライン、アイシャドウがどうしてもよれてしまいます。
>ビューラー→アイラインとすると、よれることはないですが、
>カールした睫毛が邪魔になり、アイラインが描きづらいです。

正しくは、アイシャドウやアイラインなど、
まつ毛以外のアイメイクを全て終わらせてから、
ビューラー&マスカラをする、という手順です。

おっしゃる通り、先にまつ毛を上げてしまうと、
アイシャドウもアイラインもしにくくなってしまいます。

ビューラーをかけた時に、
先に引いているアイラインがよれたり、剥がれたりする場合は、
「ビューラーでまつ毛の根元をはさみ過ぎている」という目安にもなるので、
アイラインを剥がさないギリギリの箇所で、
ビューラーをかけるように意識してみましょう。

ナチュラルならアイブロウから、華やかならアイメイクから。


>アイブロウ、アイメイクはどちらが先の方がいいのでしょうか。

これは、どちらもOKです。
どちらかが間違いというわけではありません。

もとの顔立ちを活かしたナチュラルメイクに仕上げたい場合は、
アイブロウから先に描き、
目元を華やかにして、パーティメイクのように仕上げたい場合は、
アイメイクから行うというようにされるのも1つです。

まつ毛には乳液やクリームが付かないように!


>洗顔後のスキンケアでまつげ美容液を使う場合、
>クリームまですべて塗ってからまつげ美容液だと、
>油分が邪魔して根元に浸透していないような気がしてしまいます。
>どのタイミングで使うのが一番いいのでしょうか。

そうですね。

まつ毛には乳液やクリームが付かないように意識する癖を
つけておくと良いと思います。

なぜかというと、
まつ毛に油分が付いている状態でメイクをすると、
あとからマスカラが落ちて滲みやすくなるからです。

そういった観点から考えると、
「まつ毛には乳液やクリームが付かないように意識する癖」
をつけておいて、
夜寝る前のスキンケアに置いても、
まつ毛美容液を最後に塗られた方が良いと思います。

アイブロウとアイメイク、いつもと反対の順番でやってみると発見があるかも?


ご参考になりましたでしょうか。

ちなみに。

アイブロウとアイメイク、どちらを先にするかという話ですが、
上記のように、
ナチュラルメイクだからとか、パーティメイクだから
というように考えるよりもまず先に、
いつものご自分の順番と反対の流れで、
一度メイクをしてみると良いと思います。

慣れない感覚がありますが、
意外とその方が上手に仕上がったり、
いつも見ていなかった部分が見えて来たりするものです。

そういった意味では、
簡単にマンネリから抜け出すリハビリとして、
「いつものメイクの手順を変えてみる」
というのは、とても有効な手段なのです。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!