アイライン」タグアーカイブ

読者Q&A「ビューラーをかけるとアイラインが消えるのは何故!?」




《Question》

愛さん、こんにちは!インスタライブ(11/28) アイシャドウグラデーションの時に、アイシャドウ→アイライン(ペンシルタイプ)の順番で書かれてましたが、リキッドタイプでも同じ順番ですか?初歩的な質問で恥ずかしいのですが、アイメイクの順番が分かりません。

そして、リキッドタイプでアイラインを描いた後にビューラーを使うとアイラインが消えてしまいます…。乾くまで待つしかないのでしょうか?朝からメイクに時間を掛けられない時もあるので、何か裏技とかあれば教えてください!



《Answer》

それではお答えして参ります!

まず、11月28日のインスタライブの模様は、こちらからご覧いただけます。



↑アイシャドウの縦グラデーション&横グラデーションのお話をしている回です。


この中では、ご質問者様がおっしゃるとおり、「アイシャドウ」→「アイライン」の順番でアイメイクを行なっています。この順番は「教科書通りの基本の順番」と言ったところでしょうか。ベーシックな手順ではあります。リキッドアイライナーの場合も同じく、アイシャドウからのアイライン、というのが基本の順番です。





しかし、必ずそうでなければならないわけではありません。ペンシルであってもリキッドであっても、先にアイラインを引いてからアイシャドウ、という順番でもOKです。この場合、引いたアイラインをアイシャドウがぼかしてくれる作用が働くので、自然な仕上がりになるメリットもありますし、急いでいる朝なんかはアイラインがガタついてしまう時もあるので、後からアイシャドウを乗せるようにすれば、そんなガタつきも目立たなくしてくれる嬉しい効果もあります。


ちなみに、タイマーを5分でセットして、ガチですっぴんから5分フルメイクを仕上げた時の動画がコチラ。この動画では、時短のために先にアイラインを引いています。



↑ぜひ時短メイクの参考にしてみてください。



で、最も気になったのはここ。
 ↓

リキッドタイプでアイラインを描いた後にビューラーを使うとアイラインが消えてしまいます…。乾くまで待つしかないのでしょうか?


この部分なのですが、リキッドアイライナーを引いた後にビューラーをかけると、アイラインが剥がれて消えてしまう原因は、2つ考えられます。





考えられる原因1

ビューラーを根本まではさみ過ぎているケース。もし、リキッドアイライナーだけでなく、アイシャドウもちょっと薄くなっているとか、ペンシルタイプを使っても消えてしまうならば、この原因が考えられます。
基本的に、ビューラーをかけてもアイメイクが剥がれないのが正しいビューラーの使い方です。ビューラーの金具をまぶたに押し当て過ぎていたり、根本すぎる部分まではさんでいると、アイメイクが剥がれてしまうばかりでなく、まつ毛にも相当な負担がかかっているので、要注意。
「ビューラーはちょっと痛いくらいが当然」という癖が無意識のうちに付いてしまっている方が実に多いのですが、ビューラーが痛いようでは使い方が間違っています。もしくはビューラーの形状がまぶたに合っていません。圧迫感や引っ張られ感も無いのがベストです。




考えられる原因2

ビューラーは正しく使えているはずなのに、やはりリキッドアイライナーが剥がれてしまうという場合は、おそらく、使っているリキッドアイライナーが「かなり乾きにくいリキッドアイライナー」であるか、もしくは「フィルムタイプのリキッドアイライナー」であるかのどちらかなのではないかと思います。

ご質問文にも、「乾くまで待つしかないのでしょうか?」とありますので、おそらく乾きにくいアイライナーを使われているのでしょう。この場合、正直、乾くまで待つのがベストです。乾きにくいアイライナーの場合、上からアイシャドウを乗せるにしても、乾いてからでなければ綺麗に乗りませんので、「乾きを待つ時間」はどうしても必要になってきます。これがどうしても苦になる場合は、リキッドアイライナー自体を変えた方が良いでしょう。

「フィルムタイプ」のリキッドアイライナーも乾きにくいものが多いので要注意です。フィルムタイプは、乾いてしまえば滲みにくいものが多いので良いのですが、乾くまでがちょっと難点なんですよね。手の甲に描いてみて、乾いたあとに強くこすってみた時に、消しゴムのカスのようにポロポロと剥がれ落ちるタイプが、フィルムタイプです。







いかがでしょうか。もし思い当たる点があれば、ぜひ見直してみてくださいね!
少しでもお役に立てれば幸いです!







美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!


読者Q&A「コンシーラーで隠したはずのクマが浮き出る原因&下まぶたアイラインが滲む原因」




Question

①コンシーラーでクマ(くすんだグレーのような色)を消しているのですが、時間が経つとクマが浮き上がってきます。普段の方法に問題があるのか、、何か対策はありますでしょうか?

いつもの手順は下記の通りです。
化粧下地 → ケサランパサランオレンジコンシーラー → ケサランパサラン黄色コンシーラー → リキッドファンデを薄く → それでも隠れない部分をイプサのクリエイティブコンシーラーで。
目の下は乾燥するので、なるべくクマ部分にはパウダーをつけない方がいいのか、崩れないためにつけた方がいいのか、いつも迷います。


②目尻下にもラインを少しだけ入れたいのですが、いつも入れると必ず消えているか、崩れています。落ちないと言われているジェルペンシルアイライナーでも、時間が経つと消えています。目尻下には寺長根先生の教えの通り、薄くファンデーションを塗り、パウダーでサラサラにはしています。何か対策がありましたら教えていただけると幸いです。よろしくお願い致します!





Answer

それでは、お答えして参ります。



まずは、1番目のご質問から。せっかくカバーしたはずのクマが浮き出てしまう原因。ご質問者様の場合、「複数のアイテムを重ね過ぎている」ということが、最も大きな要因です。コンシーラーは1箇所につき1色が基本です。もしくは、あらかじめ混ぜて調色したものを塗る、というのがベターです。

ケサランパサランのオレンジとイエローの2色パレットコンシーラーは、練り状ではあるものの、やや柔らかいテクスチャーなので、これを重ね塗りしてしまうと、どうしても崩れやすい状態になってしまいます。クマ部分に使うならオレンジのみで仕上げた方がベターです。そして、この柔らかいテクスチャーのコンシーラーの上に、イプサの硬いテクスチャーのコンシーラーを重ねてしまうと、さらに崩れやすい状態になってしまいます。時間が経った時に浮き出てしまう原因は、ここにあるかと思われます。

最もベストなのは、1色で、1種類で、カバーできるコンシーラーを使うということです。ケサランパサランのオレンジのコンシーラーは、色味的にはベストなのですが、テクスチャーが柔らかいため、「伸ばしやすい・馴染ませやすい」というメリットはありますが、どうしてもカバー力に欠けるため、さらに重ねたくなってしまうのだと思います。オレンジカラー(アプリコットカラー)で、もう少し固めのテクスチャーのコンシーラーを使われることをオススメします。塗る時には、コンシーラーブラシを使いましょう。

ちなみに、コンシーラーを塗った部分は、やはりパウダーで抑えた方が崩れ防止に繋がります。付け過ぎは乾燥・小じわの原因になりますので、量には注意が必要ですが、パウダーを全く使わないのはオススメしません。




次に、2番目のご質問についてです。




下まぶたの目尻側というのは、アイメイクの中でも最も滲みや崩れが生じやすい部分ですよね。「落ちない!」という謳い文句のアイライナーでも滲んでしまう…というお悩みは、多く聞きます。まず最も大事なのが、ご質問者様がおっしゃる通り、下まぶたをちゃんとサラサラの状態にしておく、ということです。フェイスパウダーでちゃんと抑えて、ベタつきが無い状態にしておくことが大事です。


それでも崩れてしまうという場合は、以下のポイントにも気をつけてみて下さい。

・アイラインを引く前に、必ずアイシャドウを乗せておく。そして、アイラインを引いた後にも、アイシャドウを乗せておく。つまり、アイシャドウでアイライナーをサンドウィッチすることで、さらに崩れにくさが倍増します。

・下まぶたの目尻の場合、涙で滲む場合と、摩擦で滲む場合の2つの原因が考えられます。「崩れない!」という謳い文句のアイライナーであっても「涙には強いが摩擦には弱い」「摩擦には強いが涙には弱い」というように、水分と摩擦の両方に耐えうるものではない可能性もあります。手の甲に描いてみて、水で濡らしたコットンで強めにこすっても大丈夫かどうか、確認しておきましょう。

・まばたきの力が強いことで、アイメイクの崩れを引き起こしているケースもあります。ドライアイだったり、目が疲れやすい方は特に、無意識に目をギュッとつぶってしまう癖があったりするので、そのような癖がないかどうかも意識してみましょう。


ぜひ、上記のポイントをチェックしてみて下さいね。
少しでもお役に立てれば幸いです!








美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!



読者Q&A「二重にたるみが生じてアイラインが隠れてしまう」




《今日のご質問》

ご相談なのですが、アイラインの事です。
元々結構幅の広い二重なのですが、年齢と共にまぶたが下がってきて
特に目尻側の二重の部分が重なってしまいます。

なので少し引っ張り気味にしてアイラインを引いても、
手を離すとラインの上に二重の部分が重なってしまい、
ラインが隠れて目尻全体が黒く見えてしまいます。

ラインを引かないと目元がボヤけた印象になってしまうので
上手なラインのひき方、アイシャドーの乗せ方を教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

↓↓↓

このお答えのポイントは
「あくまでも目を開いて正面を向いた状態を重要視する」ということ。

それでは、お答えしていきます!

続きを読む

ビューラーでアイメイクが落ちる!ビューラーの順番と正しい使い方。


本日ご紹介するご質問は、こちら。

ビューラーで、アイメイクが落ちてしまう。



* * *
いつも楽しみに読ませていただいています。
私の質問は、アイシャドウとアイラインとビューラーの順番です。

アイシャドウ、アイラインの後にビューラーを使うと、
アイシャドウとアイラインが落ちてしまいます。

ビューラーを先に使うと、まつ毛が邪魔をして、
アイシャドウとアイラインがうまくいきません。

前にも質問があったかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。
* * *

アイメイクの正しい順番。



それでは、お答えして参ります。
いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!

メイクレッスンに来られた方の中でも、
この疑問をお持ちの方はとても多いです。

何が正しいのか分からないけど、
とりあえず自己流でやって、まぁなんとかなってる…

そのような感じの方が多いように思います。

アイメイクの正しい順番は、

・アイシャドウ
・アイライン
・ビューラー
・マスカラ

です。

アイシャドウは複数の色を使ったりしますし、
アイラインの後にもう一度アイシャドウを塗ったりもします。

なので、アイシャドウとアイラインに関しては、
どちらが先でも後でもOK。
仕上がりに合わせて順番を変えて良いのです。

しかし、必ず守ってほしいのが、

ビューラーは、アイシャドウやアイラインが終わってから。

ということ。

最後に使ってもメイクが落ちない!ビューラーの正しいかけ方とは?



ご質問者様もおっしゃる通り、
先にビューラーをかけてしまうと、上がったまつ毛が邪魔になり、
アイシャドウやアイラインが乗せにくくなるので、
ビューラーは後の方が良いのです。

しかし、そうすると、
アイシャドウやアイラインが落ちてしまうという場合。

それは、ビューラーのかけ方に問題があります。

ビューラーをかけた時に、
まつ毛が引っ張られている感覚は無いでしょうか。
同時に、まぶたを圧迫している感じは無いでしょうか。

そういう感覚がある場合、
根元をはさみ過ぎているのと、
ビューラーを押し当て過ぎなのです。

まぶたに負担がないようにビューラーを正しく使うと、
アイシャドウやアイラインが剥がれることはありません。

参考に、先日のこちらの記事もご一読ください。

ビューラーに苦手意識がある方へ・正しい使い方

少しでも参考になれば幸いです!

今日はここまで。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

アイラインは不要!?ちょっと待って!いろんな情報に惑わされないで!

先日、用事と用事の合間に少し時間があったので、
近くの書店へ、ふと立ち寄りました。
 
で、ふらっと美容コーナーへ。
 
ダイエット本とかメイク本とか、たくさんあります。
 
普段あまり、というかほとんど見ないのですが、
何冊かペラペラと。
 
その中で、ふと目に留まったところがありました。
 
それは。
 
 
 
アイラインなんて、引けなくて当たり前。
あんな立体感のある部分に綺麗な線を引くなんて、所詮無理。
しかも、アイラインなんて日常生活には不必要。
撮影でもない限り、必要ないんです。
 
 
 
という内容。
 
細かな表現は違えど、
ざっとこんなことが書かれていました。
 
続きを読む

下まぶたアイラインのお話

先日、トレンドに関する勉強会に参加してきました。
今年の秋冬からトレンドとして出てくるであろう、
メイクの方向性を勉強してきました。


やはり、予測していた通り、
目力アイメイクが再びトレンドの1つとして、
取り上げられていきます。


今の若い世代からすれば新鮮な、
目力アイメイク。


ここ数年のトレンドは、
下まぶたのアイメイクがおろそかになっていましたが、

ここからまた復活です。

続きを読む

隙間を埋めるのはリキッドで!

年齢を重ねて、まぶたがたるんできたり、
まつ毛が減少したりしてくると、
どうしても目の縁(フレームライン)が弱くなってしまい、
若い頃はあったはずの目力、目のぱっちり感が損なわれ、
なんとなくポヤっとした感じの目元に見えてしまいます。
 
そこでよく雑誌なんかにも書いてあるのが、
「まつ毛の隙間をアイライナーで埋めましょう」
というテクニック。
 
 
もうこのフレーズは耳にタコができるくらい聞いたけど、
実際のところ、まつ毛の隙間を埋めるなんて出来ない!!
てゆうか、まつ毛の隙間って何?どこ?
 
という声も、よく聞きます。
 
続きを読む

今こそ再トライ!下まぶたインサイドライン!

ここ最近、再び目力を強調するメイクがトレンドとなり、
中でも、アイシャドウやマスカラよりも、
アイラインをしっかり引くアイメイクが注目されています。
 
しっかりアイラインの目力メイクは、
10年前くらいにも流行が来ましたが、
再びそれが訪れている感じがします。
 
様々な化粧品ブランドからも、
新しいアイライナーが発売されていたり、
色もののアイライナーもたくさん出てきています。
 
 
そして今日お伝えしたいのが、
下まぶたのアイラインにも挑戦してみよう!というお話。
 
さらに、ただ下まぶたに引くだけでなく、
粘膜に引くインサイドラインにも挑戦してみよう!というお話。
 
 
 
続きを読む

ビューラーをするとアイメイクが落ちる!?

先日、私が指導している専門学校の生徒から、
こんな質問を受けました。

「どうしてビューラーをかけると、
アイラインが取れちゃうんでしょうか?」

そこで私は、聞き返しました。

「それって、自分にしたときだけじゃない?
人にビューラーをかけてあげたときは、どう?」

そうすると、生徒が言いました。

「そう言われてみれば、確かに!
自分でアイメイクをしたときだけです!
人にした時には、アイライン取れないです!」

続きを読む

下まぶたのインサイドアイライン・メリット&デメリット

ここ最近、メイクレッスンにいらっしゃる方の中で、
時々おっしゃるのが、

「下まぶたのアイラインって、引いてみたいけど、
目が怖くなりそうで・・・
でも、引いてみたいんですけど、でも・・・」

変身願望はあるけれど、
怖くなるのは嫌、きつくなるのは嫌。

挑戦してみたいけど、失敗するのが怖くて、
なかなかできずにいる。

そういった声をよく聞きます。

そこで、

「じゃあ試しに下まぶたにアイライン引いてみましょうか?」

と言うと、

目を輝かせて
「はい!」

上まぶたのアイメイクを、わりとしっかりとしている方には、
黒のペンシルアイライナーを使って、インサイドラインを。

上まぶたのアイメイクが、わりとナチュラルな方には、
茶色やネイビーなどのペンシルアイライナーを使って、
インサイドラインを引いてみます。

下まぶたにアイラインを引くと、
目元の印象が、すぐに変わるので、
自分の目元が変わった姿を見て、
喜ばれる方もいれば、
「おお!」という驚きが先に来る方もいます。

驚いたとしても、すぐに取ることはしません。

とりあえず、このままメイクを続けていきましょうと言い、
全てのフルメイクが仕上がった時点で、
もう一度、下まぶたのアイラインが気になるか、
確認してもらうのです。

そうすると、意外と
「あ、もう見慣れていました!」という方も、
多かったりします。

さて、下まぶたにインサイドラインを引くメリットは、
やはり、すぐに目元の印象を変えられるということ。
目元の印象を、より深く、強くすることができます。

また、白目と黒目のコントラストが強くなるので、
白目がキレイに見えるというメリットも、あります。

さらに、三白眼の方にとっては、
(黒目の下に白目が見えるタイプの方)
下まぶたにアイラインを引いた方が、
目元の印象が和らぐこともあります。
(目つきが良くなる。)

逆に、デメリットを挙げるとすれば、
目元をアイラインで囲むことになるので、
目自体の大きさは、小さく見えることもあります。

キュッと収縮する感じです。

目力=目の存在感 と 目の大きさ=目の面積
は、別ものなんですね。

遠くから見ても
「ここに目があります」という目の存在感は強くなりますが、
目自体の大きさは、キュッと小さく見える傾向があります。

こうしたメリット&デメリットを把握した上で、
毎日でなくとも、時々、下まぶたインサイドラインを楽しむのも、
良いのではないかと思います。

ちなみに、インサイドというのは、
下まぶたの粘膜にあたる部分なので、
(まつ毛が生えているところよりも内側の粘膜)
ウォータープルーフのペンシルタイプがオススメです。

ぜひ、トライしてみてくださいね!

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!