アイメイク」タグアーカイブ

読者Q&A「ビューラーをかけるとアイラインが消えるのは何故!?」




《Question》

愛さん、こんにちは!インスタライブ(11/28) アイシャドウグラデーションの時に、アイシャドウ→アイライン(ペンシルタイプ)の順番で書かれてましたが、リキッドタイプでも同じ順番ですか?初歩的な質問で恥ずかしいのですが、アイメイクの順番が分かりません。

そして、リキッドタイプでアイラインを描いた後にビューラーを使うとアイラインが消えてしまいます…。乾くまで待つしかないのでしょうか?朝からメイクに時間を掛けられない時もあるので、何か裏技とかあれば教えてください!



《Answer》

それではお答えして参ります!

まず、11月28日のインスタライブの模様は、こちらからご覧いただけます。



↑アイシャドウの縦グラデーション&横グラデーションのお話をしている回です。


この中では、ご質問者様がおっしゃるとおり、「アイシャドウ」→「アイライン」の順番でアイメイクを行なっています。この順番は「教科書通りの基本の順番」と言ったところでしょうか。ベーシックな手順ではあります。リキッドアイライナーの場合も同じく、アイシャドウからのアイライン、というのが基本の順番です。





しかし、必ずそうでなければならないわけではありません。ペンシルであってもリキッドであっても、先にアイラインを引いてからアイシャドウ、という順番でもOKです。この場合、引いたアイラインをアイシャドウがぼかしてくれる作用が働くので、自然な仕上がりになるメリットもありますし、急いでいる朝なんかはアイラインがガタついてしまう時もあるので、後からアイシャドウを乗せるようにすれば、そんなガタつきも目立たなくしてくれる嬉しい効果もあります。


ちなみに、タイマーを5分でセットして、ガチですっぴんから5分フルメイクを仕上げた時の動画がコチラ。この動画では、時短のために先にアイラインを引いています。



↑ぜひ時短メイクの参考にしてみてください。



で、最も気になったのはここ。
 ↓

リキッドタイプでアイラインを描いた後にビューラーを使うとアイラインが消えてしまいます…。乾くまで待つしかないのでしょうか?


この部分なのですが、リキッドアイライナーを引いた後にビューラーをかけると、アイラインが剥がれて消えてしまう原因は、2つ考えられます。





考えられる原因1

ビューラーを根本まではさみ過ぎているケース。もし、リキッドアイライナーだけでなく、アイシャドウもちょっと薄くなっているとか、ペンシルタイプを使っても消えてしまうならば、この原因が考えられます。
基本的に、ビューラーをかけてもアイメイクが剥がれないのが正しいビューラーの使い方です。ビューラーの金具をまぶたに押し当て過ぎていたり、根本すぎる部分まではさんでいると、アイメイクが剥がれてしまうばかりでなく、まつ毛にも相当な負担がかかっているので、要注意。
「ビューラーはちょっと痛いくらいが当然」という癖が無意識のうちに付いてしまっている方が実に多いのですが、ビューラーが痛いようでは使い方が間違っています。もしくはビューラーの形状がまぶたに合っていません。圧迫感や引っ張られ感も無いのがベストです。




考えられる原因2

ビューラーは正しく使えているはずなのに、やはりリキッドアイライナーが剥がれてしまうという場合は、おそらく、使っているリキッドアイライナーが「かなり乾きにくいリキッドアイライナー」であるか、もしくは「フィルムタイプのリキッドアイライナー」であるかのどちらかなのではないかと思います。

ご質問文にも、「乾くまで待つしかないのでしょうか?」とありますので、おそらく乾きにくいアイライナーを使われているのでしょう。この場合、正直、乾くまで待つのがベストです。乾きにくいアイライナーの場合、上からアイシャドウを乗せるにしても、乾いてからでなければ綺麗に乗りませんので、「乾きを待つ時間」はどうしても必要になってきます。これがどうしても苦になる場合は、リキッドアイライナー自体を変えた方が良いでしょう。

「フィルムタイプ」のリキッドアイライナーも乾きにくいものが多いので要注意です。フィルムタイプは、乾いてしまえば滲みにくいものが多いので良いのですが、乾くまでがちょっと難点なんですよね。手の甲に描いてみて、乾いたあとに強くこすってみた時に、消しゴムのカスのようにポロポロと剥がれ落ちるタイプが、フィルムタイプです。







いかがでしょうか。もし思い当たる点があれば、ぜひ見直してみてくださいね!
少しでもお役に立てれば幸いです!







美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!


読者Q&A「加齢と共に目元が変化。たるみまぶたをスッキリ見せる方法」




Question

年齢と共に、二重が落ちてきて、昔と違う目元になってしまいました…(二重幅が無くなった感じ)。目力も無く、垂れ目気味に…。全てはたるみが原因かと思うのです。メイクで、パッチリ!キリッ!スッキリ!見せる方法を教えて下さい!宜しくお願いします!


Answer

二重でも奥二重でも一重でも、目の形関係なく訪れる「まぶたの変化」。加齢と共に、どうしても、たるみや下垂などの変化が訪れますね。そのような変化は、お顔立ちを柔らかく、優しい印象に見せてくれて、尚且つ年齢を重ねた深みもありますので、決して、一概に「良くないこと」というわけではありません。

しかし、人はどうしても「以前の自分」と比較してしまうもの。「昔は無かったのに出てきたシミやくすみ」「昔はあったのに無くなってきたハリやツヤ」。昔の自分との違いを感じると「年取ったんだなぁ」と実感したりします。そこで今日は、加齢による「たるみまぶた」をメイクでぱっちり!スッキリ見せるテクニックをお伝えしていきます。





まぶたが変わったらアイメイクも変える



加齢とともに顔立ちが変化してきたのは分かっているけど、なかなかメイク法を変えられずにいる…という方は多いと思います。長年してきたメイクを変えるのは、なかなか難儀なこと。しかし、お顔が変わったなら、当然メイクも変えるべきです。これまでの習慣や癖を、思い切って一回リセットしましょう。勇気が必要ですが、まずはそこからスタートです。

例えばアイシャドウを塗る範囲。まぶたがたるんでくると、目を開けても色が見えにくくなるので、アイシャドウを塗る範囲は当然広くなります。目を開けて、正面を向いた時に、ちゃんと色が見えるまで塗るのがベストですが、たるみまぶたの場合、結構広く塗ることになるので、最初は「こんなに塗って大丈夫かしら…」と不安になる方も多いです。でも、ほとんどの場合、大丈夫です。

目を閉じた時にどのくらい塗られているかは気にせず、あくまでも「目を開けている時」を最優先してアイシャドウを塗りましょう。





上まぶたは強く、下まぶたは明るく



これは、目元を若々しく、元気に、ぱっちり見せるための方程式と言っても過言ではありません。上まぶたのフレームラインをくっきり強調し、下まぶたは極力明るく見せていくように工夫しましょう。

例えば、上まぶたには黒のアイシャドウを使って、アイラインを太めに引いたように見せるというのも一つのテクニック。アイライナーを使って太いラインを引くよりも自然に仕上がりますし、何より簡単です。そして下まぶたには、ベージュやゴールド系の、肌を明るく見せるアイシャドウを乗せ、まぶたのくすみをしっかりオフ。また、パールベージュやゴールド系のカラーペンシルで、下まぶたの粘膜にインサイドラインを引くと、目元が明るく見えて効果大です。ただし、真っ白を使うのはNG。かえって目が淀んで見えてしまうので避けましょう。




付けまつ毛も効果的なアイテム



なんと言っても、目元を若々しく見せるには、まつ毛メイクが最重要事項です。まつ毛がしっかりあるように見えると、それだけで若々しく、そして女性らしく見えるので、絶対に手を抜いてはいけない部分なのです。ビューラーでしっかりとまつ毛を上げることで、まぶたのお肉を持ち上げてくれる効果がありますので、ビューラーは念入りに。そしてマスカラできっちりボリュームアップしましょう。

自まつ毛が少ないという方は、付けまつ毛もお勧め。付けまつ毛をまぶたに貼り付けると、それだけで更にまぶたのお肉を持ち上げる効果が高まるので、まつ毛を濃く見せるだけでなく、まぶたのリフトアップにも繋がります。

付けまつ毛に慣れるまで、やはり練習は必要ですし、手元が見えにくい方は拡大鏡も必要になってきます。でも、その努力をする価値は、あります。目元を若々しく見せたい方、たるみまぶたをスッキリ見せたい方には、ぜひトライしてみてほしいアイテムの一つです。






いかがでしょうか。

まずは、これまでのアイメイク法、先入観をリセットして、勇気を持って変化を楽しむこと。そして「上まぶたを強調&下まぶたは明るく」という方程式を意識すること。さらに、まつ毛メイクに重点を置くこと。この3つのポイントを、ぜひ取り入れてみて下さいね!






美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者Q&A「パーソナルカラー診断で似合うと言われた色がしっくりこない!」



《今日のご質問》

2年前、プロの方にパーソナルカラーを診断してもらい、結果はウィンターでした。
以降、洋服やヘアカラーもウィンターの物を選ぶようになりましたが、
アイメイクだけ、何だかしっくりこないのが悩みです。

ベースメイクはパーソナルカラー通り、
ウィンターのピンク寄りのものが1番しっくりきます。

ヘアカラーも明るめだったのをダークブラウンにし、
眉もライトブラウンをやめ、グレーブラウンにしました。

しかし、アイシャドウにおいては、
ウィンター代表色であるブルーやグレーが、どうもしっくりきません。
だからと言って、オータムの色を使ってみるとやはり老けて見え、ブラウンメイクもパッとしません。

ウィンターには黒い瞳が多いらしいですが、
私の瞳の色はヘーゼルと言ってもいいくらい、
明るい茶色なのが原因なのかとも思います。

アイシャドウだけは、パーソナルカラーにこだわらず、
瞳の色に合うアイシャドウを選んだ方が良いのでしょうか?

このような場合のアイシャドウの選び方を教えてください。

↓↓↓



それでは、お答えして参ります。
続きを読む

読者Q&A「二重にたるみが生じてアイラインが隠れてしまう」




《今日のご質問》

ご相談なのですが、アイラインの事です。
元々結構幅の広い二重なのですが、年齢と共にまぶたが下がってきて
特に目尻側の二重の部分が重なってしまいます。

なので少し引っ張り気味にしてアイラインを引いても、
手を離すとラインの上に二重の部分が重なってしまい、
ラインが隠れて目尻全体が黒く見えてしまいます。

ラインを引かないと目元がボヤけた印象になってしまうので
上手なラインのひき方、アイシャドーの乗せ方を教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

↓↓↓

このお答えのポイントは
「あくまでも目を開いて正面を向いた状態を重要視する」ということ。

それでは、お答えしていきます!

続きを読む

読者Q&A「1歳でも5歳でも若く見えたい!」



《今日のご質問》
一歳でも5歳でも、若々しいメイクをしたいのですが、流石に50も前にして、
今時の涙袋とか出来ませんので💦
ナチュラルで若々しいメイク方法、ポイントを教えて下さい❤️


***


それでは、お答えしていきましょう。

このご質問へのお答えの中で、ポイントとなるのが、
「若返りメイクと流行を追うことは別!」ということです。

ご質問者様もおっしゃる通り、
涙袋メイクが流行っているからと言って、
それを真似することが若々しく見えることには繋がりませんし、
地雷メイクとか、チャイボーグメイクとか、
若者のトレンドをそのまま取り入れることが良いというわけではありません。

ファッションに例えて考えてみると分かりやすいですよね。

若者の間で流行っているファッションを真似して、
それで自分も若返って見えるなら、そんな簡単なことはありません。


若々しく見えるメイクにおいて大事なのは、
流行を追うのではなく、
「若々しい顔立ちに見えること」です。


そこに焦点を当てて、考えていきましょう。

続きを読む

パールとラメ・シワを目立たなくしてくれるのはどっち?



これ、実はちゃんと知っておかないと損をしてしまう、大事なポイント。

なんとなく「どちらもシワが目立たなくなるんじゃない?」と思っている方も多いのですが、
そんなことは無いのです。

「どちらかがシワを目立たなくしてくれるよ!」という話ではなく、
「どちらかはシワを目立たせちゃうよ!」という話なので、とっても重要。

今日は画像付きでご説明していきますので、
一目瞭然でお分かり頂けると思います。



まず、こちらの画像をご覧ください。



左からパール、ラメ、マットです。
面がピカッとするのがパール、ツブツブ点々で光るのがラメ、全く光らないのがマットです。

腕なので、元々さほどシワはないのですが、もっとズームしてみましょう。
まずは、パール。



よーく見てみてください。
パールが塗られている部分、皮膚の角質の細かい凹凸が目立つ感じがしませんか?



次にマット。




マットも見てみると、若干、毛穴が目立つ感じがしますね。


では、ラメはどうでしょう。



細かな角質の凹凸や毛穴が、
まるでモザイクをかけられたかのように目立たなくなっています。


これ、とっても嬉しい効果ではありませんか!
私はよくこれを下まぶたの小じわ隠しに使っています。


パールを使うとシワが目立ってしまうことが多いので、要注意なのです。
上まぶたの皮膚がシワっぽくなっている方も要注意。

目元のシワが気になる方はぜひ、
買う前にパールとラメを見極めてから選ぶようにしましょう。


ちなみに、パールとラメが混ざったタイプも多く存在しています。

その場合、シワを隠す効果は、
「パールのみ<パールとラメの混合<ラメのみ」
という順序になります。

どうしてもパールのピカッとしたツヤが好き!という方は、
ラメが混ざっているタイプを選ぶか、
自分で上からラメを重ねるなどの工夫をすると良いでしょう。

ぜひ、アイシャドウ選びの参考にしてくださいね!

究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから

まぶたのシワを目立たなくするアイシャドウ




「なんか、このアイシャドウを塗ると、まぶたがシワっぽく見える・・・」

そんな経験をお持ちの方も多いのではと思います。

素敵な色だと思って買ったはいいけど、
いざ塗ってみると、
今まで気にしていなかった上まぶたのシワが目立つ!
下まぶたに乗せても小ジワが目立つ!

なんということでしょう。

 でも、シワを目立たなくするには「ツヤのあるもの」がいいんだよね?
 これ、ツヤっぽいのに、なぜ逆にシワが目立つの?

もはや、ツヤの不思議に迷宮入り。


続きを読む

チークをリップに!アイシャドウに!固定観念を覆す、メイク応用テクニック4選。



以前にもお伝えしたことがある内容なのですが、
プレイフルなメイクが旬な今こそ、もう一度お伝えしたい内容です。
ぜひご一読ください。

スタジオにある、80色のカラーパレット。



うちのスタジオのメイクブースには、
お客様が座る席の前に80色のカラーパレットが置いてあります。

初めていらした方は、
このカラーバリエーションに驚く方も多いです。

「わぁ~、色がいっぱい!」と、テンションが上がる方も多いです。

続きを読む

今年、再び流行色となるブルーを使いこなそう!

今年のトレンドとして、
これまでにイエローのアイシャドウとか、
ホワイトのアイラインなどをご紹介してきましたが、
もう1つ、大事なトレンドカラーがあります。

それは「ブルー」。

なかでもクラシックブルーと言われる、
やや渋めのブルーが、トレンドカラーとなっています。



ブルーメイクと言われると、
かつてバブルの時期に流行ったような、
ブルーアイシャドウが目に浮かぶという方も多いと思いますが、
その時期のブルーメイクとは、ちょっと違います。

続きを読む

2020年春のトレンドアイメイク「この多様性の時代に」


世の中の流れが「多様性」という流れに向かっている中、
ファッションもメイクも同じように多様性が重んじられ、
「個」を軸とした装いが主流になってきているような、
そんな感覚も受けます。

簡単に言ってしまえば、
「自分が良いと思うものを身につける」

その他大勢に流されるのではなく、
本当に自分が好きなもの、良いと思うものを身につけ、
自分らしさを追求する時代、という感じです。

しかしながら、
そのように多様性が謳われている時代だからこそのトレンドも、あります。

まさに今年の春夏は、
こんなトレンドがお目見えしていますので、ぜひご参考までに。

アイメイクを楽しむ時代。脱ブラウン、ブラックの再注目へ。



まずは「アイメイクを楽しむ時代が戻ってきた」ということ。

これは私が昨年からずっと予言のように言い続けてきたのですが、
やはり、各ブランドが発表しているファッショントレンドもコスメラインも、
アイメイクに重点を置いたものがとっても多いです。

例えば、「脱ブラウン」。
軽やかさや柔らかさを表現するために用いられてきた、
ブラウンのアイライナーや、ブラウンのマスカラ。

これからはブラウンよりもブラックが再び台頭してきます。

2020年のアイメイクトレンド。2つのポイントをご紹介!



そして、そんな「アイメイクを楽しむ」傾向の象徴として、

・イエローのアイカラー
・ホワイトのアイライン

が2020年春のトレンドアイメイクのポイントです。

なんだかちょっと難しそうな、
とっつきにくそうなイメージがあると思いますが、
ぜひ今こそトライして頂きたいアイテムです。

イエローのアイカラー


イエローのアイカラーは、
ビビッドな真っ黄色から、ややクリームがかった色まで幅広いのですが、

春の明るい軽やかな雰囲気を演出してくれると同時に、
とっても今年っぽい旬な雰囲気になります。

上まぶたに塗るのが躊躇する場合は、
まずは下まぶたから挑戦してみると良いでしょう。

ホワイトのアイライン


そして、ホワイトのアイライン。

これは、通常、ブラックやブラウンで
アイラインを引くところをホワイトに差し替えるのではなく、

ブラックやブラウンでアイラインを引いたあと、
さらに目尻側だけホワイトのアイラインを、
上に重ねて引くなど、

通常のアイライン+αで楽しむものだと思ってください。

私も最近、よくホワイトのアイラインを使いますが、
いつも通りのアイメイクを仕上げた後に、
目尻ポケットにホワイトラインをピョンと足したりしています。

インスタに画像を上げていますので、ぜひご覧ください。
(ホワイトラインのアイメイク、イエローアイメイクは若干遡っていただくと見れます。)
インスタアカウント @ai_teranagane

こんなテクニックは若い世代向けでしょう…
と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
全くそんなことはありません。

年齢問わず楽しんで頂けるトレンドテクニックです。

ぜひ、この多様性の時代にこそ、
新しいメイクに挑戦し、新しい自分と出会ってみてくださいね。

今日はここまで。
次回もお楽しみに!

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!