COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

読者Q&A「すっぴんで過ごしているのに肌が荒れるのはナゼ?」



《今日のご質問》

ずっと在宅勤務で、基本終日すっぴんです。通勤だった時間をスキンケアに充てていたおかげか、ノートラブル(むしろ調子がいい)でしたが、ここ1ヶ月はニキビなどトラブルが増えた気がします…季節もあるのでしょうか。混合肌でTゾーンはテカリが気になるので、気になったらティッシュで抑えるようにはしています。いっそのこと気になったらすぐ顔を洗ってしまって保湿すれば良いのでしょうか。近々3ヶ月ぶりの出勤があるので、なるべくノートラブルな肌に戻したいです。やっぱりファンデ&パウダーをして、夜にメイク落とし、というメリハリも重要なのでしょうか…



《それではお答えして参ります》

すっぴんで過ごしているとお肌の調子が良くなるという方もいれば、メイクをして過ごすより、すっぴんで過ごす方が肌荒れしちゃう…という方もいます。実は私自身も後者の方で、すっぴんで過ごす方が、何かと肌トラブルが起こりがち。これにはいくつかの原因があります。「なぜすっぴんで肌トラブルが起こるのか?」まずは考えられる原因を挙げてみましょう。



原因1 ファンデーションやフェイスパウダーなどのベースメイクアイテムによるガードが無くなるから



これはとても大きな要因の1つです。そもそもベースメイクって何のためにするのか?ということを突き詰めていくと、お肌を美しく見せるためだけでなく、お肌を守ってくれる役割も大きいのです。汚れた外気や紫外線、乾燥などの外的要因からお肌を守るだけでなく、お肌の潤い自体が蒸発しないように守ってくれる「ラップ効果」もあります。ですので、ベースメイクをちゃんとすることで、乾燥や、乾燥により発生する大人のテカリ(混合肌によく見られる)を防いでくれる役割もあるのですね。また、マスクと肌の摩擦を軽減してくれる役割もありますので、そういった観点から考えても、ベースメイクはとても大事なんです。



原因2 メイクをしていないことで、気にせず顔を手で触ってしまいがち



メイクをしている時は、メイクが取れてしまわないように、あまり手で顔を触れないようにしますが、すっぴんの時は意外と躊躇せずに顔を触ってしまいがち。ちょっと痒かったらポリポリ。目が痒かったらゴシゴシ。鼻をかむのも躊躇せず。頬杖も気にせずしちゃう。ついつい無意識にやってしまいがち。でも、衛生的にも気になるところですし、摩擦も肌には良くありません。メイクをして1日過ごしている方が、お肌をガードしてくれるだけでなく、こうした自分の所作も正してくれることに繋がります。



原因3 メイクをしていないことで、常に素肌を見ることとなり、つい気になっていじりがち



これは「原因2」と繋がるところでもありますが、在宅ワーク中であっても、お手洗いに行った時など、ふいに鏡に映る自分の顔がすっぴんだと、無意識のうちに自分が気になっているところに目が行ってしまいがちです。例えば「鼻の毛穴…目立つな…」と気になって鼻を触ってみたり。「目の下のクマ〜…」と気になって、また触ってみたり。メイクをしていれば、このように触ることはありませんが(メイクしていても躊躇なく自分の顔を触る方がいますが、それはやめましょう。メイクしている顔は触らないのがベストです。)すっぴんだと、どうしても躊躇なく触ってしまう。ついにはいじってしまう。毛穴ムギューっとしてしまったりして。これが肌トラブルに繋がってしまう要因の1つです。





いかがでしょうか。もし思い当たる点があれば、ぜひ見直してみてくださいね。ただ、言いたいことは「だから家でもメイクしましょう!」ということではありません。すっぴんで過ごしても肌トラブルを引き起こさないために、以下をことを気をつけましょう。


■すっぴんで過ごすということは、ベースメイクによるガードがなくなってしまうので、より、常にお肌が乾燥しないようなスキンケアを心がけましょう。お部屋の湿度も気をつけて。窓から入り込んでくる紫外線にも注意が必要です。

■無意識のうちに手で顔を触れてしまったり、ついつい鏡をじーっとみて気になる毛穴やニキビをいじったりしないように気をつけましょう。



ちなみに、ご質問文に「テカリが気になるところはティッシュで抑えて・・・」とありましたが、メイクをしている肌をティッシュで抑える場合は、気をつけなくても「こすらずに優しく」出来ていると思います。が、すっぴんの時だと、無意識のうちに「抑える」というより「拭く」ような動きになってしまいがちですので、その点は気をつけてくださいね。どうしてもテカリが気になって「拭きたい〜!」となるなら、ぬるま湯でゆすぐ程度の洗顔をして→保湿、というように対応しましょう。







美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者様Q&A「私の日々のスキンケアなどなど」

本日お答えするご質問はコチラ。

***

こんにちは。
早速、質問です。

化粧のノリがいい日、化粧持ちがいい日が明らかにわかる年齢になり、
日々そんな日が続けばと願っている毎日なのですが、
さすがに毎日は続きません。。。

スキンケアや、生活習慣、食事などの影響が大きいとは思いますが、
日々アイさんの、生活のルーティンの中で、
お肌のために欠かさずされている習慣は何ですか?

最近はサウナに行った翌日、
格段に化粧ノリが違っていたのですが、毎日行くことはできず。。。

アドバイスよろしくお願い致します。

***



それでは、お答えして参ります。

いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!


実はちょうど、新しいメイク動画のために、
私の日々のスキンケアを撮影していたところでした。

スキンケアって、本当に、やれば肌は答えてくれるし、
やらなければ、肌は衰えていく一方。。。
(そうじゃない方もいますが。)
続きを読む

寒い時期に現れるまぶたのガサガサに悩んでいる方へ

様々な原因が考えられるのですが、
季節の変わり目、特に寒さが増してくる今時期、
 
まぶたが赤くなってカサカサになってしまう方を、
よく見かけます。
 
かゆくてかいてしまうと、
症状が悪化して、自分の涙でさえ沁みて痛いという方も。
 
夏場に保湿ケアを怠ってしまうと、
季節の変わり目に、
一気に乾燥が訪れてしまうこともありますし、
 
体調の変化、抵抗力の衰えなどが、
そういった皮膚の薄い部分に
症状として表れることもあります。
 
 
ずっと継続するわけでなく、
時々表れるという方が多いので、
「またか」と思ってやり過ごす方も多いようです。
 
根本的な解決も大事なのですが、
こうなってしまった時であっても、
いざという時にはメイクでカバーしたいもの。
続きを読む

クレンジングの大事なお話

今日はメイクではなくて、メイク落としのお話。
結構ないがしろにしてしまっている方、
多いような気がします。
 
例えば、当スタジオにいらっしゃる方で、
「今日は一度もメイクせず、すっぴんで来ました!」
とおっしゃる方でも、
 
よくよく見ると、昨日のメイクが残っている!
 
ちゃんと落としているつもりでも、
意外と残ってしまっている方、多いんです。
 
 
続きを読む

メイク前のスキンケアで ベースメイクの仕上がりは大きく変わる!

これ、実はとっても大事なんです。
 
メイクは大好き、ベースメイクに時間をかけている!
という方の中でも、
 
案外、スキンケアの仕上がりが
メイクに影響を与えていることまでは気付かず、
なんとなく、ないがしろにしてしまっている方も
少なくないようです。
 
 
 
もちろん、スキンケアはお肌のためなのですが、
メイクの持ちを良くすることにも留意したいところ。
 
ぜひ、ご一読ください。
 
続きを読む

メイク前に適したスキンケア・不向きなスキンケア

セミナーやレッスンなどで、
私はよく、
 
洗顔、スキンケア、メイクアップの流れは、
一連の流れで行いましょう、と伝えています。
 
つまり、この3ステップは続けて行うべきで、
途中どこかで時間を置いたりしないで、ということです。
 
 
しかし、大事なポイントとしては、
スキンケア後、メイクに入る際、
「きちんとスキンケア成分が肌に馴染んでいるか」
ということを確認することが大事です。
 
 
化粧水バシャー
クリームわちゃー
さ、メイク、、、、
続きを読む

メイクを始めるタイミングによって、仕上がりと持ちに大きな差がでる!

朝起きて、家を出るまでの過ごし方というのは、
きっと多くの方が、既に習慣化されていて、
ある程度のルーティーンがあるのではと思います。
 
もちろん、家庭環境によって、
自分のことだけでは済まない方も多いと思いますので、
なかなか思い通りにいかない日もあるでしょう。
 
しかし、朝の身支度時間の過ごし方によって、
メイクの仕上がり、そしてメイクの持ちに、
大きく影響を与えます。
 
知っておくだけでも損をしないで済むことがあるので、
ぜひ、意識してみてくださいね。
 
 
続きを読む

乾燥による角質のめくれ 〜ファンデのムラ付きを防止するには?

***
読者様から頂いたご質問をご紹介します。
***

いつもメルマガ、ためになり、
楽しんで読ませていただいております。

早速ですが、
毎年冬になると困っているメイクの悩みがあります。

しっかり保湿をして下地を塗っても、
いざファンデーションを塗ると、乾燥で鼻の皮が剥けて、
ファンデーションを塗ると
かえってぼろぼろに見えてしまうことがあります。

ファンデーションを塗らない方が
まだマシなんじゃないかというくらい
目立ってしまうことがよくあります。

続きを読む

ファンデーションを上手に塗れない理由

お客様がメイクレッスンにいらしたとき、
いつも使われているファンデーションを見せていただくと、
高価なものだったり、良質なものだったり、
もの自体はとても良いものを持っているのに、

「ファンデがうまく塗れない」
「ファンデを塗っても綺麗になった感じがしない」

など、せっかくのファンデの効果を
実感できていない方が少なくありません。

その原因の一つが、正しい塗り方をしていないということ。

・使うファンデの量が少なかったり
・塗る時の力が強すぎて、肌にちゃんと付いていなかったり
・雑に塗ってしまって、ムラになっていたり。

思い当たる点、ございませんか?

続きを読む

ベースメイクの塗りムラ原因・意外な落とし穴

本日も、読者様から頂いたご質問を
取り上げていきたいと思います。

今日のご質問は
「ベースメイクトラブル」に関するご質問です。

続きを読む

BACK TO TOP