LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

結婚式お呼ばれ!パーティメイクテクニック

結婚式のお呼ばれって、
ピークを過ぎるとぐんと減ってきたりしますよね。

しかしそんな時に、久々に招待状が届くと、
「あれ、、なに着ていこう、、メイクどうしよう、、、」
と、ちょっと悩んでしまったり。

ヘアメイクサロンなどに行って、
せっかくの機会なので、プロに仕上げてもらうのもアリですが、
自分でしなければならない時のために、
ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む

メイクする時の姿勢で、仕上がりが変わる!

例えばビューラーをかける時、
例えばアイラインを引く時、

どんなビューラーを選ぶべきなのかとか、
アイラインはどこから引き始めるのがいいのかとか、
そういったことも大事なんですが、

同じくらい大事なのが、
ビューラーをかける時は、どこに視線を向けるべきか、
アイラインを引く時は、目を開けるのか?閉じるのか?

どういう姿勢で行うのかというのは、
実はとっっっっても大事です。

それによって、成功するか失敗するか、
大きな分かれ道となるのです。

続きを読む

第一印象をメイクで決める!

かっこよく見えるメイク、
かわいく見えるメイク、
知的に見えるメイク。

メイクのイメージというのは色々ありますが、
「印象を良くする」というところに重点を置いて考えると、
いくつかのポイントが挙げられます。

普段「疲れてる?」とか「怒ってるの?」
なんて言われることがあるという方は、
もしかしたら、この「印象がよく見えるポイント」というのを
見逃してしまっているのかも。

ぜひ、チェックしてみて下さいね。

続きを読む

アイメイクで大事な目を傷つけないために。

今日は、読者様から頂いた
メイクのご質問を取り上げていきたいと思います。

頂いたご質問はコチラ。

気になる!アイメイクは目に悪影響?気をつけるポイントは?


* * *
寺長根さん、こんにちは。
いつもメルマガ拝読しています。

先日、あるサイトで、アイメイクが及ぼす
目への悪影響について書いているのを読みました。

きっと、クレンジングをきちんとしていれば
大丈夫ということもあるかと思いますし、
医者とメイクアップアーティストという
見解の違いもあると思います。

ただ、美しくメイクする方法だけでなく、
「こういうところに気をつけてメイクをしましょう」
ということがあれば、ぜひ教えてほしいです。
* * *

目元を傷つけないアイメイク方法


それでは、お答えしていきます。

目力を出すため、目元の印象を変えるため、
いろんなアイメイクアイテムを駆使して、
工夫を凝らしたアイメイクをする。

主にそのアイメイク方法について、
このメルマガではお伝えしていきましたが、

今日は「目元を傷つけない」アイメイクの仕方について、
お話をしていきたいと思います。

アイシャドウを塗る時


もちろん「力を入れずに優しく塗る」ということ、
目の中に入らないように塗るということ、

そしてクレンジングの際に、
ラメの成分などがお肌に残らないように
丁寧にオフすることが大事です。

上まぶたにアイシャドウを塗る時は、
あごを突き出して片目を閉じた状態、
もしくは、薄目の状態で。

下まぶたにアイシャドウを塗る時は、
正面を向いた状態ではなく、
あごを引いて、上目線で鏡を見て。

こうして、目線の角度などを少し調整するだけで、
目の中にアイシャドウが入る確率が、ぐんと減ります。

アイラインを引く時


上まぶたにアイラインを引く時は、
目の中にアイライナーが入ってしまうということは
少ないかと思いますが、

問題は下まぶたにアイラインを引く時かと思います。
特に、粘膜にアイラインを引く場合。

粘膜はもともと柔らかい部分ですので、
引く時には、絶対に力を入れないように注意が必要です。

ペンシルの芯を立てず、
ペンシルの芯を寝かせてラインを引いていきます。
(芯の側面で引く感じ)

粘膜にラインを引くと、
目が痛くなる方や、かゆくなるという方は、
無理せず引かないでおきましょう。

そして最も大事なのが、
引く際に眼球を傷つけないようにすることです。

利き手にペンシルを持ったら、
反対の手で、下まぶたを眼球から離し
(あっかんべーをする要領)
ペンシルが眼球に触れないように注意してください。

マスカラを塗る時


マスカラを塗る時にも、
眼球にマスカラブラシが付かないように注意が必要です。

上まつげに塗る際には、
あごを突き出して、下目線で鏡を見る。

下まつげを塗る際には、
あごを引いて、上目線で鏡を見る。

その角度を注意するだけで、
眼球にマスカラブラシが当たるというのを避けることができます。

そして、マスカラの液体種類によっては、
自分の目に合わないという方もいらっしゃいます。

たとえば、繊維入りのマスカラを使うと、
目がゴロゴロするという方がいたり、

フィルムタイプのマスカラを使うと、
目が沁みる感じがするなど。

どんなマスカラが苦手であるかは個人差がありますので、
使っていて不快感を感じるものは避けるようにしましょう。

化粧品の扱いに気をつけて、より美しいメイクを!


「メイクをして美しくなる」というのは、
化粧品を塗って美しくなるだけでなく、

化粧品の扱い方に注意をし、
お顔をいたわる気持ちを持つことで、
より自分自身が美しくなっていきます。

ぜひ、そんなことも念頭に置いて、
日々のメイクを楽しみましょう。

*ちなみに*
100円ショップなどで売られている激安のコスメ。
これらの化粧品がなぜ安いのか。
それには、いろんなカラクリがありますが、
(経営努力として。)

その中のひとつに
「安全性検査が簡略化されている」可能性があります。

絶対危険とは言いませんが、
そういったところでコストダウンされている可能性があるので、
個人的には、おすすめできません。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

ちょっとしたことを、ちゃんとすることの集合体が、垢抜けメイクに導く


皆さん、こんばんは。
専門学校の新学期授業も今日からスタート。
2年生に進級したヘアメイク科の生徒達に、
これから一年間、みっちり指導していきます。
続きを読む

上から、下から、横から、後ろから、見られてる。

皆さん、こんばんは。
現在、アイロジックリニューアルに向けて、
気忙しい日々を送っている最中でございますが、
良い意味で充実した時間を過ごしております。
続きを読む

和装メイク〜品よく上質な和装メイクを

さて、今夜は早速本題へ。
読者様から頂いたご質問を取り上げてまいりたいと思います。
ご質問はコチラ。
* * *
近々、友人の結婚パーティに訪問着を着ていきます。
内輪だけのお食事会みたいなものです。
着付けとヘアセットはプロに任せるのですが、
メイクだけは自分でする予定です。
アラフォー世代の私にとって、
「ここはポイント!」を伝授いただけたらと思います。
そして「これはやめといたほうがいい」という
NGポイントも教えてほしいです。
* * *
それでは、お答えしていきます。
ある程度、大人になってから和装をこなすためには、
二十歳の成人式のように、
とにかく華やかに!というだけではなく、
大人の品性と知性を漂わせたコーディネイトにしたいところ。
着物の色味やデザインなどにも寄りますが、
共通してポイントとなる部分を、いくつか挙げてみたいとおもいます。
■光物のバランスを考える。
基本的に和装の場合は、
メイクにおいてパールやラメなどの光るアイテムは、
あまり使わない方がベターです。
ベースメイクも、アイメイクも、
マットに仕上げたほうが、着物の質感とマッチするとともに、
上品なイメージに仕上がりやすいのです。
ただし、ツヤというのは、若々しさも表現してくれる質感なので、
下品にならない程度に、少しだけ取り入れるのはアリだと思います。
最も取り入れやすいのは、口元でしょう。
グロスを使って、
ツヤ感のある口元に仕上げるのも良いかと思います。
ただし、グロスのみでカジュアルに仕上げるのはNGなので、
必ず口紅の上にグロスを重ねるようにして下さい。
また、いくら若々しさを表現するからといって、
あまりツヤッツヤに塗りすぎるのも NGです。
あくまでも和装ですので、
控えめな自然なツヤ感を与えるというようにお考え下さい。
■ベースメイクの色にご注意下さい。
というのは、
「和装メイクはベースメイクをしっかりする」という認識は、
もはや多くの方がお持ちだったりするのですが、
ただ単に、
いつも使っているファンデーションを厚く重ね塗りしてしまうと、
かなり不自然な「白さ」に仕上がってしまうことがあります。
和装だから白くてもいいのでは?と思う方もいますが、
花嫁ではないのですし、
この現代の「今」において、美しく見えるべきですよね。
質感はしっかりめのベースメイクが適していますが、
白くならないように注意が必要です。
パウダーファンデーションを避ければ、
ある程度は白浮きするのを押さえることができますので、
普段はパウダーファンデを使っているという方も、
和装の時には使わず、リキッドファンデや
クリームファンデを使うようにしてみて下さいね。
■お着物そのものよりも、小物の色をピックアップ。
よく、メイクに使う色味を考えるときに、
お着物そのもののメインの色を、
アイシャドウに用いたりする場合があります。
ピンクのお着物なら、ピンクのアイシャドウ。
グリーンのお着物なら、グリーンのアイシャドウ、というように。
もちろん、そうすればお着物と合いますし、
間違いがないカラーコーディネートと言えば、まぁそうです。
しかし、です。
洋服で考えてみてください。
ピンクの着物にピンクのアイシャドウを合わせるというのは、
ピンクのスカート&ピンクのシャツに
ピンクのアイシャドウを合わせるというのと、似たような感じなのです。
つまり、くどくなったり、重たくなったりしやすいということなのです。
和装に合わせる色は、お着物そのものの色味よりも、
帯や、帯締め、帯揚げ、帯止め、襟など、
小物に使われている色味をピックアップする方がスマートです。
その方が全体のバランスが良くなり、
垢抜けた印象になりますよ♪
ぜひ、上記の内容を参考に、和装メイクを楽しんでくださいね!

涙袋アイメイクで下品にならないために

現在、サンドウィッチマンさんの冠番組「ひまの湯」にて、
ヘアメイクを担当させて頂いているのですが、
そんな関わりもあり、
昨日はサンドさんのお笑いライブに足を運んできました。
お笑いライブというものに行ったのが初めてだったのですが、
とにかく面白くて、楽しくて、笑いっぱなしの2時間でした。
これは、健康になりそう。免疫力が高くなりそう。。
そんなことを思いながら見ていました。
さすが、サンドさん、面白いです。
ひまの湯も、是非。
さて、今日は、少し前からよく見かけるキーワード
「涙袋」について、お話していこうと思います。
雑誌のメイク特集で書かれていたり、
「涙袋」を作るためのコスメなんていうのも売られていますよね。
下まぶたがぷっくりすると、なんとも潤んだような、
魅力的な印象の目元になります。
しかし、こんな経験をしたことがある方も多いと思います。
「あれ?ギャルみたくなった。。。」
「ギャルというか、むしろコギャル・・・」
涙袋を強調して、潤んだキュートな瞳を演出しようと思ったら、
なんだか一昔前のコギャルメイク、
もしくはサーファーメイクみたくなってしまった方、
きっと少なくないと思います。
「涙袋はコレで作る!」みたいなキャッチのアイテムって、
どうしても白系が多いですよね。
白パールだったり、白ラメだったり。
もちろん白という色が最も膨張性があり、
ふっくら見せる効果は高いのですが、
それゆえに、その白っぽさが浮いてしまって、
どうしても品のない感じになってしまうこともあります。
特に、もともと地黒の方や、日焼けしている人にとって、
下まぶたに自然に白を入れるというのは、
難易度の高いテクニックです。
そこで私がお勧めしている涙袋アイテムは、これです。
 ↓
http://xc531.eccart.jp/e487/item_detail/itemId,231/
粒子の大きさも手伝って、
キラキラと涙袋を強調してくれるのですが、
オレンジベージュのようなカラーなので、白浮きしないのです。
なので、下品にならず、涙袋を強調することができます。
ご自分の手持ちアイテムの中で、
似たような色味があれば、
是非それを涙袋カラーとして使って見て下さい。
ちなみに、水色パールもお勧めです♪
目元に透明感が出るカラーで、
透き通ったようなイメージの印象に近づきます。

モテメイクは品の良さが大事

メイクを美しく仕上げるための大事なポイントとして、
・時間にゆとりを持つ
・気持ちにゆとりを持つ
・メイクスペースを常に整理整頓しておく
・楽しむ気持ちを忘れない
という、最も基本的なモチベーションの部分が、
大きく影響してきます。
テクニックや知識うんぬんだけじゃないのです。
それらのベースがきちんと整ってこそ、
自分の顔をちゃんと見る、
自分の顔とちゃんと向き合う、
ということが出来ます。
朝、バタバタと忙しく、5分でメイク!
終了したらすぐに出かける!
そんな状態だと、
たとえファンデーションがムラになっていようと、
左右の眉の形が違っていようと、
左右のチークの濃さが違っていようと、
マスカラがまぶたに付いてしまっていようと、
気付かないまま外出することになるのです。
「そんなのありえない!」と思われるかもしれませんが、
本当に多いのです。そのような状態の方が。
当サロンには、夕方に仕事を終えて、
これからお出かけという前に立ち寄られるお客様も多いのですが、
そのような状態の方は少なくないのです。
「朝は忙しくて・・・」とほとんどの方がおっしゃいます。
確かに、そうです。
朝は忙しいです。
しかし、5分だけ早起きしたらどうなるでしょう。
いつもの5分メイクに、プラス5分。
ちょっとだけ心の余裕が生まれます。
いつも塗ってなかった口紅も塗れるかもしれません。
時間と気持ちの余裕が、
メイクの美しさだけでなく、表情の美しさにも繋がります。
5分、多く布団に入っていたって、
さほど疲れの取れ具合が変わるわけではないでしょう。
それならば、
その5分をメイク時間にプラスしてみるのはどうでしょう。
きっといいことが起こるはず、です。
さて、本題に入ります。
今日は
「男性から見て、品のあるメイクに感じる風合い」について
お話していきましょう。
個人の好みは様々ですから、
一概に決めつけることはできませんが、
多くの男性に共通することだと思いますので、シェアします。
先日、あるお客様が、何枚かの雑誌の切り抜きを持って、
ご来店されました。
それらは、自分が気に入った切り抜きではなく、
その方のご主人が、
好きだと言った切り抜きと、嫌いだと言った切り抜きでした。
ご主人の好みが色々と細かいらしく、
自分ではどうしたらいいのか分からないとのこと。
そこで、いろんな雑誌の写真を見せて、
「これは好き?」「これは嫌い?」と意見を求めて、
その集計を持って来て下さったというわけです。
しかしながら、その方は、それらの切り抜きを見ても、
好きな写真と嫌いな写真の見分けが付かないとのこと。
さらに、ご主人もその区別は言葉では説明できず、
ただなんとなく雰囲気で選んでいるそうで。
たしかに、好きな写真も嫌いな写真も、
どちらもナチュラル系のメイクで、
パッと見はさほど区別が付きません。
しかし、私はすぐに、その違いが分かりました。
それは「質感」です。
ご主人が好きな写真は全て、マットな質感のメイクでした。
光るパールやラメなどが一切使われていないのです。
逆に、嫌いな写真は全て「パールやラメ」などの光るものが、
お顔のどこかに使われていました。
パールやラメが使われているからといって、
色味的にはナチュラルなカラーばかりなので、
決して派手な印象ではないのですが、
それでも男性は、なんとなくの感覚で、
光るものに対して違和感を感じることが多いのは事実なのです。
パールのツヤ感や、ラメのキラメキ感に、
女性は「かわいい」「キレイ」という印象を持ちますが、
それが顔に乗ることに対して、
男性は「なぜ顔を光らせるの?」という
単純な疑問を抱くことがあるのですね。
ですので、これはあくまでも1つの参考としてですが、
まだ付き合って日が浅い彼とのデートの時や、
年齢や役職が上の上司、先輩などと、
仕事がらみのお食事にでかけられる時などは、
パールやラメなどの光る素材の化粧品を
避けておくというのも選択肢の1つでしょう。
「相手なんて気にしない」というのも
1つのスタンスですけどね(笑)
ご参考までにこちらもご覧下さい。
「それでもキラキラを上手に使いこなしたい!」

不自然に見えないハイライトの色

皆さん、こんにちは。
やっとここ札幌も、日中は日差しが暑く、
初夏らしい日々となってきました。
夏は夏らしく、あっつーい方が好きなのですが、
汗は、なるべくかきたくない。。。
女性はわがままです(笑)
まず先にお知らせです。北海道ローカルになりますが、
現在、毎週日曜夜22時半~STVにて放送されている
「ひまの湯」という番組をご存知でしょうか。
サンドウィッチマンのお二人がメインでお届けする
バラエティ番組なのですが、
私がヘアメイクとして入らせて頂いております。
これまでにも様々なゲストの方がいらっしゃっていて、
現場はいつも笑いの絶えない楽しい雰囲気です。
是非、北海道の方はご覧下さいね!
さて、本題に入っていきましょう。
先日のアンケートにご回答下さった皆様、
心から御礼申し上げます。
回答期限は特に設けておりませんので、
ぜひお手すきの際にご協力頂けますと幸いです。
それでは、本日は、アンケートにて頂いた
メイクのご質問を取りあげて参ります。
頂いたご質問はコチラ♪
* * *
ハイライトの入れ方・ミセス編を
とりあげていただきたいです。
お肌のくすみなどが気になる年代になってくると、
若い世代の方のように、Cカーブや目の下に、
ハイライトをなんとなくささっと入れればOKだとは思えません。
しかしミセス年代こそ、夕方からの肌のくすみ、クマなど、
それらを効果的に撃退したいのですが、
ハイライトをどのように使えばいいのか分かりません。
是非教えていただきたいと思います。
* * *
それでは、お答えしていきます。
年齢を重ねていくと、
どうしてもお肌にくすみが生じてしまう方が多いですよね。
朝は良くても午後になると。。。というように、
疲れが顔に出やすくなってしまったという方もいらっしゃると思います。
そのような場合、ハイライトを入れるのはとても効果的であり、
顔に生じた影を消してくれる効果があるハイライトを、
上手に使っていきたいところです。
しかしながら、注意しなければならないのが、
ハイライトの色味です。
ご質問者様もおっしゃっている通り、
ただ入れればいいというものでもなく、
なんとなく行ってはいけない部分でもあります。
大事なのは、入れる場所というよりも色味なのです。
よく一般で
「ハイライト」というネーミングで売られているもののほとんどが、
「白」だと思います。
パールが強いもの、
柔らかいパールが入っているもの、
光らないマットなもの、
質感は様々ですが、ほとんどが「白」です。
しかし、実はくすみのあるお肌に「白」を乗せるのは、
時に危険な現象を起こしたりします。
(これは、肌が白っぽくなる下地にも言えることです。)
くすみのある肌に白をのせると、
グレーっぽく、より不健康な肌色に見えてしまうことがあるのです。
ですので、お肌のくすみが気になる方は、
「白」ではなく「肌色に近いもの」「ベージュ」「ゴールド」などの、
黄味を含んだ色味にしましょう。
こういった色です。↓
http://xc531.eccart.jp/e487/item_detail/itemId,240/
白っぽいハイライトを使いすぎて、
どこか不自然な印象のメイクにならないように、
肌馴染みの良い自然なハイライトを心がけていきましょう。
関連記事はコチラ♪
あわせてお読み下さい♪
シェーディングも自然に
  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。