LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者様Q&A【ツヤ肌にすると、デコボコが目立つのはナゼ?】



それでは早速、本日のご質問。

***

いつも的確なアドバイス、ありがとうございます。
購読しているメルマガはだいぶ絞ってしまいましたが、
愛先生のものは毎回楽しみにしています。

今回の相談はベースメイクについてです。
ツヤ肌を目指してリキッドに挑戦しているのですが、
自分の理想とは違うものになります…。

ツヤは出るのですが、全体にデコボコしたかんじというか、
滑らかな感じになりません。

ツヤッとしたいい女風が目標なんですが…
パウダーでツヤ肌を目指す方が、
デコボコ感は少なくなるんでしょうか。
それともそもそもツヤ肌はやめておいた方がいいのでしょうか。

愛先生のご意見が伺いたいです。

***



それでは早速、お答えして参ります。
続きを読む

マスクをしても暗い印象にならないためのメイク&ヘア



連日マスクをして過ごしていると、
鏡で見る自分のマスク姿も見慣れてくるのですが、

マスクをしていると、どうしても顔の半分が隠れてしまうので、
なんとなく暗い感じといいますか、陰気なイメージになってしまいがちです。

マスクをしていても、明るく、元気に見えるにはどうしたらよいのか。
今日は、そんなお話をしていこうと思います。

続きを読む

疲れていないのに『疲れ顔』に見えてしまう原因とは?




本当はたいした疲れていないのに、「疲れてるの?大丈夫?」なんて言われると、
なんとなく良い気持ちはしませんよね。

本当は疲れていないのに、疲れているように見えてしまうって、
なんとなく切ないですし、なんとなく損をしているような気分になります。

そこで今日は、なぜ疲れた顔に見えてしまうのか?
いくつかの原因をピックアップしていきます。
そして、それぞれの対策を考えていきましょう。

続きを読む

メイク崩れの原因・崩れ方のタイプ別に探ってみよう




メイク崩れって本当にストレスですよね。

忙しくてメイク直しができない日は、
「あ、今テカってるかも・・・」
「下まぶたが黒くなってるかも・・・」と心配になりますし、
ふと鏡を見た時に「こんな顔で人と話してたの!?」
なんていう経験は多くの方があるのではないでしょうか。


メイク崩れと一言で言っても、原因は様々。
何が原因でメイク崩れが起こっているのか、「崩れ方」から検証をしてみましょう。

崩れ方を、いくつかのタイプ別に分類してみました。
当てはまる箇所があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。


続きを読む

読者様Q&A「夕方に目が落ちくぼんで見える&気温差で赤ら顔になる」



本日のご質問。

***

いつもメルマガを楽しく読ませていただいてます。
今回、2点ご相談があります。

1 夕方に目が落ちくぼんだようになる。
夕方に鏡を見ると、目の周りの皮膚が凹んだような、
目が落ちくぼんだような状態に見えます。
メイクで改善できることはありますか?

2 冬場に、顔が赤くなる。
顔の皮膚が薄いせいかと思うのですが、
冬場に室内に入ると、かなり顔が赤くなります。
メイクはあまり厚塗りにはしたくないのですが、
何か効果的な対策はありますか?

以上、よろしくお願いします。

***


いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます。
そして、この度はご質問をお寄せくださり、ありがとうございます!

早速、お答えして参ります。


まずは、1つ目のご質問から。
夕方に目が落ちくぼんだ感じになってしまうとのこと。
続きを読む

読者様Q&A「頑固なクマをしっかりカバーする方法」



本日のご質問はこちら。

***

こんにちは。
いつもメルマガを楽しく読ませていただいてます。
日々のメイクに取り入れられることも多く、大変助けられています。
ありがとうございます。

目の下のクマについて、質問です。
私は現在50才なのですが、子供のころからずっと目の下のクマに悩まされてきました。
周囲から「そのクマ、何とかした方がいいよ」と指摘されることもあるレベルで、
客観的に見ても見苦しい状態かと思います。

顔立ちとしては、目の縦幅があり、目が奥まっているというより、
どちらかというと目が出ていると思います。
クマの色味は青黒い色です(最近は一部が赤紫のような色味になってきました)。

また、最近は目の下だけでなく、
目頭の横の皮膚も同じような青黒い色になってきて、クマの範囲が広がっているようです。

指で目の下の皮膚を引っ張っても、クマの色味はあまり変わりません。
マッサージしても特に変化がないように感じています。

<現在のメイクの手順>
顔全体にメイク下地(BBクリーム)
⇒顔全体にリキッドファンデーション
⇒クマにケサランパサランのアンダーアイブライトナーのオレンジ(テクスチャーは固め)
⇒クマにケサランパサランのアンダーアイブライトナーのイエロー(テクスチャーは固め)
⇒クマにザ・セムのチップコンシーラー(テクスチャーはゆるめ)
⇒顔全体にお粉

上記の順でやっていますが、素顔よりはましにはなるものの、
クマが隠れている感じがしません・・・
何か改善点があれば知りたいです。



***


いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます。
そして、この度はご質問をお寄せくださり、ありがとうございます!

早速、お答えして参ります。

続きを読む

読者様Q&A「これ1つでOK!に騙されない。クッションファンデの使い方」



本日のご質問はこちら。

***

愛さん、こんばんは。
いつもメルマガを楽しく拝読しております。

今日は、クッションファンデについてご質問があり、
メールを送らせて頂きます。

メイク動画やテレビショッピングなどを見て興味を持ち、
クッションファンデを使い始めてみたのですが、
どうにも上手くいかずに悩んでいます。

薄づきの自然な感じにしたいのですが、
薄く塗るとカバー力が無く、シミが隠れません。

重ね塗りをすると、カバー力はやや高くなりますが、
1時間もすればシミは浮き出てきます。

しかも、塗った直後のベタベタ感に慣れないといいますか・・
髪の毛がくっついて気になりますし、
ちょっと触ったらすぐはげてしまいます。

使い方が間違っているのか、
そもそもクッションファンデが合っていないのか分からないままです。

アドバイス頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。



***



いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます。
そして、この度はご質問をお寄せくださり、ありがとうございます!

早速、お答えして参ります。


クッションファンデに関するこのようなご質問、お悩みは、
実はとっても多いです。
続きを読む

垢抜け度を左右する3つのポイント




常々、思うことがあります。

「老けて見える」と「大人っぽい」の違い。
「幼く見える」と「若々しい」の違い。

それは、垢抜けているかどうかの違いだと。

実年齢よりも上に見えようが、下に見えようが、
垢抜けていることの方が大事なのではないかと、思います。

では、その「垢抜け」をするために大事なポイントは何か。

ベースメイクを丁寧にすることとか、
パッと思いつくことはたくさんあるかと思いますが、
中でも盲点になりやすい大事な3つのポイントを挙げていきたいと思います。


1「垢抜け眉頭」を目指そう
2 全部を光らせない 
3 リップメイクは手抜きしない


それでは、説明していきましょう。
続きを読む

【下地・ファンデ・フェイスパウダー、どのくらいで使い切るのが適正?】



今日は、ベースメイクアイテムの使用量について、
お話しをしていきたいと思います。

下地やファンデーション、そしてフェイスパウダーなど、
ギリギリ顔全体まで乗せられる量を、
ギリギリ頑張って伸ばして使っている方、
実はとても多いです。


例えば、通常であれば、
3ヶ月~長くて半年くらいで使いきるであろうファンデーションが、
1年持ってしまっているとか。

メイクレッスンにいらしたお客様の使用状況を見ていると、
そういった方が実に多いのです。

続きを読む

読者様Q&A「肌の黄味をカバーするコントロールカラー」

それでは早速、本日お答えするご質問はコチラ。

***

いつも興味深く読んでます。
さっそくですが質問です。

肌が黄みが強めだと感じているので、
半年くらい前に紫色のカラーコントロール下地を買いました。
(ナチュラグラッセのカラーコントロールベースのバイオレット)

使ってみると肌が白っぽく仕上がってそれ自体はいいのですが、
首との色の違いが際立ちます。

ファンデーションは首と違和感のない色です。
(フェイスパウダーでちょっと白くなっちゃう分、少しだけ暗めの色)
コントロールカラーは顔の際まで伸ばさない方がよさそうですか?

よろしくお願いいたします。


***



それでは、お答えして参ります。

いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!


コントロールカラー(下地)、ファンデーション、フェイスパウダーなど、
あらゆるアイテムを使って仕上げていくベースメイクですが、

どんなバランスで仕上げたとしても、
やはり顔と首の境目は自然であるように、というのは、
ベースメイクにおいて最重要事項であることには間違いありません。

続きを読む
  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP