LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者様Q&A【ビューラーの選び方&使い方〜まつ毛を傷めないために】

本日ご紹介するご質問はコチラ。

***

いつもメルマガを楽しく拝読しております。
100%企画、ありがとうございます!

早速ですが質問です。

こないだ、ビューラーをなんとなく見ていたら、
まつ毛をはさむ部分のゴムのあたりに、
まつ毛がたくさんはさまっているのを発見しました。
とてもショックでした。。

これは、ビューラーが合っていないのでしょうか?
それとも、ビューラーの使い方が間違っているのでしょうか?

教えて頂けたらと思います。



***



それではお答えして参ります!

いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!
続きを読む

読者様Q&A「黒目と白目のコントラストが強いという方へ」

本日のご質問は、こちら。


***

アイメイクで昔から悩みがあるので、アドバイスをいただきたいです。

私は、黒目と白目のコントラストがはっきりしており、
目元の印象がキツく見られがちです。
(そのように言われたことがあります。実際、黒目はほんとに黒いです。)

つり目ではないのですが・・・
アイメイクをすると濃い色だと益々キツくみえるので
いつも自分に似合うアイメイクが定まりません。

アイメイクだけしない方が優しくみえるので、
急いでいる時はアイメイクだけ省きます。

私のようなタイプは少数派なのか、
雑誌などでも似たようなアドバイスを見かけたことがないので、
この機会に相談したくメールしました。

***



いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!

それでは、早速お答えしていきたいと思います。

続きを読む

読者様Q&A 「ナチュラルなのに目力があるアイメイク・上野樹里さん分析」

本日のご質問は、こちら。

***

愛先生、こんにちは。
再びの企画ありがとうございます!

私は上野樹里さんのナチュラルな感じのお顔がとても好きです。
彼女の顔をじーっとみてみて、真似できるところがないか探しています。

アイメイクを見てみると、
あまりアイラインが目立ちませんが、目力はあるんですよね。

睫毛の隙間を埋めようと、
久しぶりにペンシルライナーを買ってみたのですが、うまくできません。

思っているより強く当ててしまうのか、
まぶたがビクッとして線がガタガタになってしまうんです。

上手なやり方はありますか?
インサイドラインを引くことと、睫毛の隙間を埋めることは別ですよね?
ぜひ、教えていただきたく思いメールしました。

いつもメールマガジン楽しみに読んでいます。
お身体大事に、お仕事頑張ってください。


***



いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!

上野樹里さん、ナチュラルなのに凛としていて、
お肌も綺麗で、素敵ですよね。

続きを読む

読者様Q&A【下まぶたアイメイクが成功する3つのポイント】

本日ご紹介するご質問は、こちら。

***

私は、50代の会社員です。毎日化粧をしています。
お聞きしたい事は、下まぶたのアイメイクなんですが、
アイシャドーの入れ方が上手くいきません。
アイラインも使うと、パンダのような、わざとらしくなってしまいます。

愛先生の動画も見ていますが、あんな風に綺麗に仕上がりません。
色の選び方なのか、入れる幅とかなのか、分かりません。
なのでいつも、上まぶたしかしないので、少しボケた感じになります。
ナチュラルだけどしっかり色味が着いているアイメイクにしたいと思っています。
アドバイスをお願いします。

***



それでは、お答えして参ります。
いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!
そして動画もご覧くださり、ありがとうございます。


続きを読む

下まぶたのアイシャドウやアイライン、どのくらい塗るのが正解?

よく、雑誌などで見たことがある
「目尻側3分の1にアイラインを引く」という文言。

下まぶたにアイラインを引くときは3分の1、と、
無意識のうちに思い込んでいる人も多いです。

確かに3分の1にアイシャドウやアイラインを引くのは、
基本のテクニックではあります。

しかし、3分の1でなく、
4分の1でも、5分の1でも、
はたまた全部でも良いのです。



目の形は人それぞれ違いますので、
全員が3分の1がベスト!というわけではないのです。


ですので、目の形別、そして、なりたいイメージ別に、
下まぶたのアイシャドウやアイラインの入れる範囲を変えられたら、
それが一番ベストかなと思います。



続きを読む

赤系アイシャドウにチャレンジ!

時代の変化と共に訪れる様々なトレンドの中には、
時間の経過と共にすたれてしまうものと、
多くの人に愛されて1つのジャンルとして定番化し、
残るものがあります。

赤系のアイシャドウを使ったメイクは、
1つのジャンルとして定番化したメイクの1つだと、
私は感じています。

2~3年前に1つの流行として登場してから、
今でもそのメイクは古く見えることなく、
女性らしいフェミニンなメイクの1つとして君臨しています。


さて、この赤系アイシャドウ。
より素敵に取り入れるには、どんな工夫が必要なのか、
今日はそんなお話をしていきたいと思います。

続きを読む

ビューラーに苦手意識がある方へ・正しい使い方

ビューラーの正しい使い方を、
細かく区切って説明しますと。


1 ビューラーを開く。

2 ビューラーを開いたまま、まつ毛の根元まで持っていく。

3 根元部分をはさむ。

4 「ビューラーを再び開く」

5 「ビューラーを開いたまま」少しだけ毛先の方へ移動する。

6 再び、はさむ。

7 「ビューラーを開く」

8 「ビューラーを開いたまま」さらに毛先へ移動する。




これを繰り返すのがビューラーの正しい使い方です。

読めば当たり前の動きであることは、わかると思います。

しかし、です。

上記の手順の中で「」をかけた部分を、
省いてしまっている人が、多いのです。


続きを読む

読者様Q&A【一重まぶたカッコよさを活かすアイメイク】

読者様から頂いたご質問をご紹介して参ります。
本日のご質問は、こちら!

***

はじめまして。
いつもメルマガを楽しみにしております。

早速ですが、一重瞼のアイメイクについて質問させてください。
私は完全な一重瞼で、瞼が重く、アイメイクに苦労してきました。

年齢を重ねたこともあり(50代)
自分の顔に合った方法を試すうちに、

しっかりめのアイライン、目の際のインサイドライン(共にブラック)
アイラインの境界をぼかすアイシャドウ(ダークブラウン)
に落ち着きました。

ビューラー+マスカラ つけまつげ はどんなに苦労しても瞼に重なり
仕上がりが昭和時代の演歌歌手(失礼)のようで、
とても暑苦しい老け顔になるのです(笑)。

自分でもマスカラをした顔は好きではなく、
しない方が涼しげで中性ぽい感じで好きです。

アイラインはしっかり入れても派手な感じには全くなりません(笑)。

こんな私のアイメイクについて気を付ける点、間違っている点を、
他の部分のメイクも含めアドバイスをお願いいたします。

また先生から見て、このような一重瞼メイクの上手な(中年世代の)女優さんや
タレントさんの参考例を教えてください。
***



それでは、お答えして参ります。

いつもメルマガをお読み下さり、誠にありがとうございます!
そして、日々ご自分のお顔と向き合われ、
ちゃんとメイクを試行錯誤されている姿勢が、とても素敵だなと思いました。
ぜひそのモチベーションを、これからも継続して下さいね。

続きを読む

ペンシルアイライナーとリキッドアイライナー、 自分と相性が合うのはどっち?

アイライナーにはいくつかの種類がありますが、
代表的な2種類は、

・ペンシルアイライナー
・リキッドアイライナー

この2つがアイライナーの代表格でしょう。



どちらにもメリット&デメリットがありますが、
好みだけでなく「自分との相性」も、
選ぶにあたり、大事なポイントです。


ですので今日は「相性」という視点で、
この2種類を見ていきたいと思います。

続きを読む

読者様Q&A「アイシャドウを塗ると頬に粉が落ちる!?」

本日のご質問はこちら。

***

こんにちは。
昨年レッスンを受けにお邪魔した者です。その節は大変ありがとうございました!
メルマガも動画も引き続き楽しく拝見しております。
おかげさまで、写真映りがレッスン前と後で全然変わりました。
初対面の方にキレイと言って頂いたり。受けに行って本当に良かったです。

前置きが長くなってしまいましたが、最近の疑問についてご相談させてください。
レッスンのあと、濃い色のシャドウも単色グラデで使うことが増えたのですが、
頬に若干シャドウが落ちてしまいます。

ティッシュではらってから塗っているのですが、まだ量が多いのでしょうか。
綿棒でくるくるしても上手く取れず、シミみたいに見えてしまいます。
お粉は顔全体にしっかり乗せています。
シャドウが落ちない方法、落ちた時の対処法がもしあれば、ご教示頂けますと幸いです。


***



いつもメルマガをお読みくださり、ありがとうございます。
レッスンの内容もお役に立てているようで、何よりです!

それでは、ご質問にお答えしていきたいと思います。

続きを読む
  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP