COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

マスクとメイクの色合わせ



少し前なら、顔の1番近くに来るアイテムは、トップスやスカーフであり、それらの色を加味しながらメイクの色を決めていく、というカラーバランスの取り方が1つの方法としてありました。

しかし今は、トップスやスカーフよりも更に顔の近くに来るものがあります。それはマスク。最近は透明のマウスシールドを使われる方も増えてきましたが、それでもまだまだマスク需要は続くことでしょう。

私自身も、日によってマスクをチェンジできるよう、5色くらいのマスクを常備しており、その日の服に合わせてマスクを選ぶようにしています。最近は、服を考え、マスクを決めて、それに合わせたメイクを決める、という順番でコーディネートを考えることが増えてきました。

そんな風にマスクに合わせてメイクを考える際に、抑えておいてほしいポイントを、いくつか挙げてみたいと思います。





■やぼったく見えないコツは下まぶたメイクにあり。



例えば、ピンクのマスクならピンクのアイシャドウ、モスグリーンのマスクならモスグリーンのアイシャドウ、というように色味を揃えるのはOKなのですが、それを上まぶた全体アイホールに乗せてしまうと、変ではないのですが、若干やぼったく見えてしまう可能性があります。

マスクと色を合わせたアイシャドウを使うなら、上まぶたではなく、下まぶたに乗せてみるのもアリです。そうすることによって、マスクとの統一性もありつつ、くどくない洗練されたバランスに仕上がります。

下まぶたに色を乗せるのが慣れていない方は、まずは目尻側だけでもOK。慣れてきたら少しずつ範囲を広げて、思い切って目尻〜目頭まで、下まぶた全体に色を乗せてアイメイクを楽しんでみましょう。

ただし、この時に気をつけてほしいのが、上まぶたよりも下まぶたが目立ちすぎるのはNG。下まぶたに色を乗せたとしても、上まぶたはアイラインやマスカラをちゃんと使い、目力の点では上が勝つようなバランスを心がけましょう。




■補色の関係を取り入れて、華やかなマスクメイクに



上記でご説明したように、マスクと同じ色をメイクに取り入れるのもアリですが、統一感よりも華やかさを出したい場合は、「補色の関係」を意識して色を選んでみましょう。

補色の関係というのは、真逆・正反対の性質を持つ色同士のことをいいます。例えば、赤と緑、オレンジと青、黄と紫といった配色が補色の関係にあたります。それぞれトーンを変えて、ボルドーとモスグリーン、オレンジブラウンとネイビー、からし色とダークパープル、というダークトーンの組み合わせもOKですし、淡いピンクと黄緑、薄いオレンジと水色、薄い黄色とラベンダー、というパステルトーンの組み合わせもOKです。

赤と緑のクリスマスカラーからも分かるように、補色の関係を使ってカラーコーディネートをすると、華やかさが一気に増します。モスグリーンのマスクにボルドーのアイシャドウ、ネイビーのマスクに濃いオレンジのアイシャドウなど、ぜひ補色の関係を使ったマスクメイクにもチャレンジしてみて下さいね。




■とにかく手を抜かないで。



マスクメイクにおいて最も大事なことが、これです。どんな色を合わせるかというのも大事なことではありますが、マスクをしても疲れて見えないためには、まずはメイクを手抜きしないということがとっても大事です。誰もがマスクをしている昨今であっても、やはりスッピン&ボサボサ頭でマスクをしていたら、もう全身が手抜き状態に見えてしまうのです。せめてマスクが「ただの必需品」に見えないように、できればマスクが「オシャレアイテムの1つ」に見えるように、メイクもファッションもヘアも手抜きせず、丁寧に身支度を整えましょう。






いかがでしょうか。まだまだマスクが手放せない日々が続きます。顔の半分をマスクに委ねなければならないからこそ、マスク選びも大事ですし、それに合わせたメイクを心がけるべきです。ぜひ、楽しみながら、いろんなマスクメイクにトライしてみて下さいね!






美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!


チークもアイシャドウも・練り物と粉物は使うタイミングをしっかり分けよう




練りチークもパウダーチークも、クリームアイシャドウもパウダーアイシャドウも、
全く同じように使っていませんか?

同じチークでも、同じアイシャドウでも、
練りと粉では使い方のポイントが変わってきます。


せっかく買ったアイテムを、使い方で損をしないように、
それぞれの正しい使い方を確認しておきましょう。





そもそも、練りものと粉物の区別をしっかりと出来ていない状態のまま…
という方も時々いらっしゃいます。

最近はたくさんの色が入ったパレットなども手軽に入手できるようになりました。
雑誌の付録なんかも凄く豪華だったりしますよね。

しかし、一つのパレットに、練り物と粉物が両方混在していることもあり、
パッと見では区別つかない感じだったりするのです。

一つのパレットの中に平然と、練り物と粉物が同じような姿で混在していると、
まさか使い方が違うなんて思いもしなかった、ということが良くあります。




当スタジオで行っているメイクレッスンでも、
お客様にご持参頂いたメイクパレットを見させて頂いた時に、
「これはパウダータイプで、これはクリームタイプですね〜」と言うと、
「え!そうなんですか!知らなかった・・・」ということが結構あるのです。

よーくみるとパレットの裏側に説明が書かれていたりしますが、
なかなかそこまで読まないことの方が多いですものね。。


ですのでまずは、自分が使っているチークやアイシャドウが、
練り物なのか粉物なのか
を、ちゃんと確認しておくことが大事です。





■練りチーク(クリームチーク)の使い方



練りチークは基本的に、ベースメイクの段階で使っていきます。

パウダーファンデーションを使う場合は、ファンデーションの前に。
リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使う場合は、
ファンデーションの後に使い、それからフェイスパウダーで押さえていきます。

練り状なので、基本的には粉物の上からは重ねないようにします。
中には、練り状であっても肌に乗せるとサラサラしたテクスチャーに変わるものもありますが、
それでも粉物の上から重ねると、ベースメイクがよれてしまうことがあるので要注意です。

なので、朝のメイク時にはOKですが、
日中のお化粧直しには不向き
です。

指やスポンジを使ってポンポン置くようにして馴染ませていきましょう。

上からパウダーファンデーションやフェイスパウダーを重ねると、
やや色が薄くなりますので、それも計算した上でチークを乗せていきましょう。



■粉チーク(パウダーチーク)の使い方



練りチークよりもメジャーな存在なので、きっとこちらの方が使っている方が多いでしょう。
パウダーチークは、クリームチークとは逆で、
必ず粉物で仕上げた状態の肌の上に使うということが大事です。

例えば、リキッドファンデーションを塗った後、
フェイスパウダーを使わずにパウダーチークを乗せるのはNG。
クッションファンデも然りです。

ベタベタした状態の肌には、パウダーチークは綺麗に乗らず、
ムラ付きしてしまうので、「パウダー後」というのが必須です。

こちらは朝のメイク時でも、お化粧直しでも使えます。

パウダーチークは、チークそのものよりも、
ブラシの良し悪しが仕上がりに大きく影響しますので、
ぜひチークブラシは良質なものを使いましょうね。

お勧めチークブラシ(ページ中盤)



■練りアイシャドウ(クリームアイシャドウ)の使い方



練りアイシャドウもチークと同じで、
パウダーが乗った肌に使うと、よれてムラになってしまうことがあります。

練りアイシャドウを使う場合は、
まぶたのフェイスパウダーを省くか、極少量にしておきましょう。

ただし、それだと時間が経つと共に、どんどん崩れてしまうことがありますので、
(物にもよりますが)
長時間持たせるためには、
クリームアイシャドウの上から、パウダーアイシャドウを重ねておく必要があります。

でもそうすると、クリームアイシャドウ特有のツヤ感が損なわれてしまったりするんですよね。
なので、クリームアイシャドウは長時間のメイクにはやや不向きとも言えます。

特に二重の線に溜まりやすい方は要注意です。



■粉アイシャドウ(パウダーアイシャドウ)の使い方



これもチークと同様で、きちんとパウダーで仕上げられたまぶたに乗せることで、
ムラ付きを防ぎ、長時間崩れないアイメイクに仕上げることができます。

フェイスパウダーって、なかなか目の際までちゃんと丁寧に塗れていなかったりするので、
上まぶたも下まぶたも、きちんと際まで乗せるように意識しましょうね。

色をまぶた全体に広げたい時、グラデーションを作りたいとき、ぼかしたい時は、ブラシを使用します。
目の際にアクセント的に色を乗せたい時は、チップでもOKです。





いかがでしたでしょうか。

今回はチークとアイシャドウを例に挙げて、
練り状のものと粉状のものと使い分けをご説明しましたが、
ハイライトやシェーディングも同様に、練り状のものと粉状のものが存在します。
考え方は同じです。

化粧品は「粉・水・油」の組み合わせで成り立っています。
上手に付き合いながら、最大限に使いこなしていきたいですね。










美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者Q&A「付けまつ毛をより美しく仕上げるコツ」




今日のご質問はコチラ。

***

最近、付けまつげデビューをしました。
ファンデ→おしろい→アイシャドウ→ホットビューラー→つけまつげ→アイライン
の順番でしていますが、
自まつげにおしろいが付いて、白くなってしまいます。

途中でまつげ美容液を使うことも考えましたが、
ビューラーの効きが悪くなる気がしてやっていません。
今は指で一生懸命払っています。

そして、付けまつげにアイシャドウがついてしまい、
伏し目がちにした時のまつげが汚いです。

かなり明るいライトの場所では正面から見ても、
まつげがキラキラしてしまいます。

それぞれ対策はありますでしょうか?


***



それでは、お答えして参ります!
せっかく手間をかけて付けまつ毛を使うのですから、美しく仕上げたいですよね!

まずは、付けまつ毛を使う際のメイクの手順から。


基本的に、付けまつ毛を使う時には、
まつ毛メイク以外のアイメイクを全て終わらせた状態で、付けまつ毛に入ります。

つまり、以下のような手順が基本です。


アイシャドウ
 ↓
アイライン
 ↓
ビューラー(ホットビューラーも可)
 ↓
付けまつ毛装着
 ↓
マスカラ



ただし、付けまつ毛を付けた後に、
グルー部分のテカリを押さえるために、再度アイラインを引くこともありますので、
ご質問者様の普段の手順が、あながち間違いという訳ではありません。

ただ、付けまつ毛を装着した後にマスカラを塗るというのは、
ぜひ行って頂きたい工程です。

そうすることで、ご質問者様のお悩み解決に繋がります!





ベースメイクやアイメイクの際に、まつ毛に粉分が付いてしまい、
白っぽくなってしまったとしても、
後からマスカラを塗れば、その白っぽさを払拭することができます。

途中でまつ毛美容液を使うと、白っぽさを払拭することができたとしても、
ご質問者様が仰る通り、まつ毛のカールがかかりにくくなるのでお勧めできません。

ですので、自まつ毛が白っぽくなってしまったとしても、
気にせずに進めて、付けまつ毛を装着した後にマスカラを塗って、
黒さを取り戻すようにしていきましょう。





ちなみに余談ですが、洗顔後のスキンケアの時に、
乳液やクリーム類がまつ毛にも付着していませんでしょうか。

乳液やクリーム類の油分がまつ毛に付着すると、
カールがかかりにくくなるだけでなく、
粉分も付着しやすくなりますので、まつ毛が白っぽくなる原因にもなります。

乳液やクリーム類は、まぶたの際まできちんと塗るのですが、
まつ毛には付かないように、少し気をつけてみましょう。





そして、自まつ毛だけでなく、付けまつ毛にも粉分が付いてしまい、
白っぽくキラキラした感じになってしまうのも、
付けまつ毛装着後にマスカラを塗ることで、おおかた解決できます。

付けまつ毛は、素材の関係もあって、
もともと光を反射しやすい性質があります。

特に写真を撮った時などは、白っぽく写ってしまうことがあり、
粉白粉やアイシャドウが付着することで、その白っぽさはより強調されてしまいます。

しかしマスカラでコーティングすることで光の反射を抑えることができるので、
たとえ多少の粉分が付着してしまったとしても、
白っぽさを軽減することができます。


私も、付けまつ毛を使う際には、
自まつ毛と付けまつ毛をしっかり馴染ませる意味も込めて、
付けまつ毛を装着した後にはマスカラを塗って仕上げます。



「付けまつ毛を使うのだから、マスカラは省いてもいいのでは?」
と、思われる方も多いのですが、仕上がりを美しくするためには、
マスカラでのコーティング仕上げが大事です。
ちなみに、マツエクも同じです。

ぜひ、試してみてくださいね!



少しでもお役に立てれば幸いです!






美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!


読者Q&A「ペンシルアイライナーとリキッドアイライナー、引き方のコツが違う!」




今日のご質問はコチラ。

***

愛さんにメイクしてもらう時はアイライナーペンシルでスルスルと、
いとも簡単にアイラインを引いて頂けるんですが、
自分でメイクするときは思うようにペンシルが進みません。。。

40代ですので、あまりまぶたに刺激を与えるとシワになりそうで心配です。
コツをおねがいします!
リキッドアイライナーにも挑戦してみたいのですが、初心者向けにアドバイスおねがいします。


***

それでは、お答えして参ります!

実は、ペンシルアイライナーとリキッドアイライナーでは、
引き方のコツがちょっと違います。

初心者向けのオススメアイテムの選び方とコツを、
ペンシルとリキッドで、それぞれご説明していきましょう。




【ペンシルアイライナー・初心者でも使いやすいのはどんなタイプ?】



ペンシルアイライナーを大きく2つの種類に分けると、

・鉛筆タイプ
・繰り出しタイプ


の2つに分けることができます。


このうち、初心者の方でも使いやすいのは、繰り出しタイプです。

メーカーによって個体差はありますが、
鉛筆タイプの方が芯が硬いものが多い傾向があり、
引きやすさの点では繰り出しタイプの方が使いやすいものが多いです。

また、鉛筆タイプで芯が柔らかいものは、
滲みやすいものが多いように感じます。
ですので、やはり繰り出しタイプの方がオススメです。

最近は、皮膚に描いてから10秒ほど経つと、
ピターっと皮膚に密着して、全く滲まないタイプのものが増えていますので、
滲みが気になる方には、そういったタイプのアイライナーがオススメです。

私が普段、私用でも仕事でも使っているペンシルアイライナーも、そういったタイプです。

滲まない繰り出しタイプのアイライナーペンシル(ページ中盤)



【ペンシルアイライナー・引き方のコツ】




ペンシルアイライナーを引く時に最も気を付けることは、
「皮膚の引きつれを起こさない」ということです。

目頭から目尻に向かって、ビーっと線を引こうと思うと、
どうしても皮膚が引きつれてしまって、
ガタガタガタガタ・・・となってしまいます。

そうならないようにするためには、
目尻から目頭に向かって描くことが、まずは大事です。

そして、線を引くという感覚ではなく、
目尻から少しずつ、チョンチョンチョン・・・と点を描くような意識で、
徐々に目頭の方へ進めていきます。

線を描くのではなく、点を描いていって、
その点と点が繋がって線になる、というようなイメージです。

そうすることで、皮膚の引きつれを防ぐことができ、
まぶたにもダメージを与えることなく、綺麗なアイラインを引くことができます。




【リキッドアイライナー・初心者でも使いやすいのはどんなタイプ?】



リキッドアイライナーを大きく2つの種類に分けるとすると、

・液体内蔵型タイプ
・ディップタイプ


の、2つに分けることができます。

一般的によくあるのが、液体内蔵型タイプです。
持ち手部分に液体が既に内蔵されています。

ディップタイプは、マニキュアと同じような仕組みです。
ボトルに液体が入っていて、蓋にブラシが付いているタイプです。
ケーキライナーとも呼ばれることがあります。

使いやすさの点では、液体内蔵型タイプの方が断然使いやすいです。
ディップタイプは、筆に含む液体の量を、
自分で微妙に調整する必要があるので、初心者にはなかなか難しいアイテムです。


液体内蔵型の中でも、
筆先が細く、筆にコシがあるものを選びましょう。

柔らかい筆先のものよりも、コシがあるタイプの方が、
ラインがブレず、描きやすさ抜群です。

コシがある細ブラシのリキッドアイライナー (ページ中盤)



【リキッドアイライナー・引き方のコツ】

リキッドアイライナーを美しく引くために最も大事なことは、
「力を入れない」ということです。

「書道」を思い出してみてください。

薄く柔らかい半紙に筆で字を書く時、
力を入れ過ぎて半紙がよれてしまったり、破けてしまった経験はないでしょうか。
もしくは、予想よりも太くなってしまったり。

柔らかいまぶたの皮膚は、半紙と同じ。
出来る限り力を抜いて、軽いタッチでアイラインを引くように心がけましょう。

リキッドアイラインは、目頭から目尻に向かって、スーッと引いても構いません。
うまく脱力して描くことができれば、柔らかいまぶたの皮膚でも問題ありません。

しかし、それでも皮膚が引きつれてガタガタになってしまう場合は、
ペンシルアイラインと同じ要領で、目尻から目頭に向かって、少しずつ引いてみましょう。





いかがでしょうか。

ちなみに私は、粘膜部分にペンシルアイライナーを使い、
それ以外の部分はリキッドアイライナー、というように両方を毎日使っています。

ペンシルアイライナーとリキッドアイライナー。
どちらも日によって自在に使いこなせたら嬉しいですよね。

ぜひ、躊躇せずに楽しみながら、トライしてみてくださいね!
少しでもお役に立てれば幸いです!








美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!


読者Q&A「うっすら二重・三重・四重まぶたのアイライン&眉と目の距離について」





《今日のご質問》

私の目は一重なのに上に線?シワ?が子供の頃からあります。
アイラインのひく太さが心配です。

また、以前、眉毛をもう少し細くとアドバイスを頂いたことがあるのですが、
眉毛と目の間が広くなるような不安があり、あまり細くできていません。
よろしくお願いします。





それでは、お答えしていきましょう。
まずは、前半のご質問から。

「一重なのに、上に線?シワ?が子供の頃からある」とのこと。

このようなタイプの目の方は意外と多く、
年齢を重ねるにつれて、その線がどんどん深くなって、
いつのまにか二重になったという方も少なくありません。

二重までいかないけれど、うっすら線が入っているという場合もあれば、
もともと二重だけれど、さらにうっすら線が入っていて、
三重・四重になっている方もいます。

ちなみに、現在の私は三重です。
もともと奥二重だったのが、年齢とともにまぶたの線が増え、三重になりました。
うっすら四本目の線も見え始めております。。。





こうして、年齢とともにまぶたの感じも変わっていくので、
一体アイメイクはどうすれば!?と悩んでしまう方も多いのですが、
考え方を変えてみると、よりアイメイクを楽しめるようになりますので、
ちょっと参考にしてみてください。



ご質問者様のように、もともと一重だけれど、うっすら線があるという場合。
その線は、もはや二重の線として捉えてしまってOKです。

線が浅くてほのかなものだったとしても、
二重の線として捉えてアイメイクをすることで、
まるでそこにくっきりとした二重の線があるかのように見えてきます。


アイシャドウを塗る時も、その二重の線の幅まで塗ってみたりして、
(グラデーションでぼかして広げたりせず)
二重まぶた感を楽しんでみてください。

アイラインも、一重まぶたであることを忘れ、
二重の幅の2分の1、もしくは3分の1くらいの幅で引き、
パッチリ感のある目元を楽しんでみましょう。

ポイントは「躊躇せず」です。



ちなみに、私のように三重だったり四重だったりする方は、
日によって、どのラインをピックアップしてアイメイクをするかを変えるのもアリです。

「今日は、3本あるうちの、この線をピックアップしてアイメイクをしよう」というように、
二重の線か、三重の線か、四重の線の中から一つを選ぶことで、
日によって二重の幅が違う目元を楽しむことができます。

二重の幅を狭く見せてアイメイクをすれば、
シャープでかっこいいイメージに近づきますし、

二重の幅を広く見せてアイメイクをすれば、
優しいふんわりとしたイメージに近づきます。




ぜひ、試してみてくださいね。




そして次に、眉と目の距離についてです。

メイクレッスンにいらっしゃったお客様が、
よくこんな風におっしゃっているのを聞きます。

「私、目と眉の間が広いから、狭くしたいんです。」

それに対して、
「狭くしたいですか?」と改めて問うと、
「だって、狭い方がいいんですよね?」と。


いつからか神話のように、
「目と眉の距離は近い方が美人!」
というような概念が存在していますが、実はちょっと違います。

もちろん、目と眉の距離が近いことで、
美しさが増している方もたくさんいますが
目と眉の距離が広いより、狭い方が美人ということではないのです。


目と眉の距離が近い方が持つ美しさと、
目と眉の距離が広い方が持つ美しさが、
それぞれにあります。



目と眉の距離が近いと、
・ハーフっぽい、彫りの深い顔立ちに見えます。
・目元の印象が強くなります。


しかし、
・やや男性的な雰囲気も強くなります。
・面長に見えてしまうこともあります。
・メイクによって顔立ちを変えるのが難しく、
「化粧映えしない」と感じている人も多いです。




目と眉の距離が広いと、
・若々しい、かわいらしい、優しい印象に見えます。
・目元の印象が和らぎ、第一印象が良くなります。
・アイメイクの幅が広く、いろんな雰囲気に変身しやすいです。


しかし、
・やや間伸びした印象に見えることもあります。
・顔立ちによっては、やや地味な印象になることもあります。




このように、それぞれに違う特徴があって、
それぞれの活かしどころが違うので、
この両者を比べて、どっちの方が美人!という比較は、しようがないのです。


ですので、眉と目の距離が離れてしまうことに不安を感じて、
眉毛メイクをチェンジできずにいるのでしたら、

そこは少しだけ思考を変えて、
「眉と目の距離が離れることは、別に悪いことではない」と考え、
太眉ブームも去ったことですし、
ぜひイメチェンにトライしてみて頂きたいなと思います。




少しでもお役に立てれば幸いです!







美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!



読者Q&A「下まぶたの黒ずみ・原因を明確にしてから対策を」




《今日のご質問はコチラ》

メイクをして少し経つと下まぶたに付いちゃうんです。
下まぶたをパウダーで抑えてはいるつもりです。マスカラなのかアイシャドウなのか?

自分ではアイラインが下まぶたについちゃってるような気がするんですが、
はっきりはわかってません。。。

アドバイスおねがいできますか😄

***



このご質問への回答のポイントは
「下まぶたの黒ずみは、原因を明確にすることが先決!」ということ。

それでは、お答えしていきましょう。


下まぶたが黒ずんでしまう原因というのは、いくつか考えられます。

最近は特にマスクをすることで、
呼気による蒸気が目にあたり、アイメイクが崩れやすくなったと感じている方多いようです。

気になる方は原因をしっかり明確にして、対策をしていきましょう。




【考えられる原因1・下まぶたのベースメイクが不十分】



ご質問文の中にもあった通り、
「下まぶたをパウダーでおさえる」ということは、とても大事です。

目の際ギリギリまで、きちんとパウダーで抑えることで、
(量は多くなくても大丈夫)
アイメイクの滲みを軽減させることができます。

しかし、パウダーだけでは不十分で、
ファンデーションもちゃんと目の際まで塗っているかどうかも大事なポイント。

ファンデーションとパウダーの両方が、
きちんと目の際まで塗られていることが大事です。

ベースメイクが仕上がった後に、下まぶたを指で触ってみて、
ペタペタせず、サラサラしている状態になっているか、確認してみてくださいね。



【考えられる原因2・ビューラーが不十分】



まつ毛がきちんと上がっていないと、
まつ毛と下まぶたの摩擦が起こり、下まぶたの黒ずみを生む原因となります。

特にまつ毛が長い方や、下がりやすい方は要注意。
正しいビューラーの使い方を心がけて、しっかりとまつ毛を上げるように意識しましょう。

参考:ビューラーの正しい使い方



【考えられる原因3・使っているマスカラが滲みやすい】



あくまでも傾向としてですが、
ボリュームタイプのマスカラや、外資系のマスカラは、
やや滲みやすいものが多いように感じています。

ボリュームタイプではなくカールタイプ、
外資系よりも国産のもの
の方が滲みにくいものが多いように感じます。

もちろんメーカーによって個体差はありますので、
あくまでも傾向としてですが、
滲みにくさを追及するには、気を付けるべき点の1つかなと思います。



【考えられる原因4・マスカラを根元まで塗っていない】



まつ毛の根本までちゃんとマスカラが塗られていないと、
まつ毛の根本に付着したアイラインが、まばたきのたびに下まぶたに滲む、
という現象が起こることがあります。

マスカラは、まつ毛をコーティングする役割もあるので、
マスカラを省いてしまうと、かえって下まぶたの黒ずみが生じることがあるのです。


特に、まつ毛の隙間をアイラインで埋めている方は要注意。
まつ毛の根本から毛先にかけて、丁寧にマスカラを塗りましょう。



【考えられる原因5・瞬きの力が強い】



実はこれ、無意識のうちにやってしまっている方が多いです。

ドライアイで、目が乾きがちで辛くて、
「ギュッ」と力を入れて瞬きをしてしまう。

笑う時に目をギュッとつむる癖がある。

これは、下まぶたの黒ずみを生みやすくするだけでなく、
目元のシワの原因にもなりますので、
できるだけ意識して改善した方が良い所作でもあります。

目を閉じて笑うのはチャーミングな印象もあるのですが、
気になる方は、ぜひ意識してみてくださいね。






いかがでしょうか。
思い当たる点があれば、ぜひ気をつけて改善をしていきましょう!

少しでもご参考になれば幸いです。







美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

マスクから漏れる蒸気に負けない!まつ毛のカールを長持ちさせるコツ



ビューラーをかけた直後は、ちゃんと上がっている。

しかし、マスカラを塗った瞬間、せっかく上げたはずのまつ毛が下がってしまう…
マスカラを塗った直後は大丈夫だけど、時間が経つと、やはり下がってしまう…

そんな、まつ毛カールに関するお悩みをお持ちの方は、多いのではと思います。






特に今はマスクをして過ごす時間が長いので、
マスクの上から漏れる呼気の蒸気によってまつ毛が下がってしまう、という声もよく聞きます。

※ちなみに余談ですが、
不織布マスクよりもポリウレタンマスクの方が、
上に漏れる蒸気は軽減されているように感じます。


続きを読む

読者Q&A「茶色い瞳を素敵に活かすアイメイク」




今日のご質問。

***

こんにちは。
いつも楽しみに拝見しています。

さて、質問です。
私は黒目の色が普通の人よりも茶色く(明るく)、
そのことはひそかに気に入っています。

メイクでそれを際立たせる、
魅力的に見せるためのアドバイスがありましたら教えていただきたいです。

インサイドラインは眼に悪そうな感じがして苦手なので、
それ以外でお願いできればと思います。

自己流では、仕事のときはベージュ~ブラウンの
グラデーションのアイシャドウを使っていますが、
週末は色つきのマスカラやアイライナーを使うなど遊ぶこともあります。
よろしくお願いします。


***



こんにちは!
いつもメルマガをお読みくださり、ありがとうございます。
それでは早速、お答えして参りたいと思います!

黒目の色が茶色がかって明るい方、
とっても素敵なチャームポイントですよね。
それに憧れてカラコンを付けている人も多いでしょう。
続きを読む

たるみ・シワが気になるまぶたのアイライン術はシャッター職人に学ぶ




私はよく、メイクのテクニックを何か別のものに例えて
説明することが多いのですが、

先日、何かのテレビ番組を見ていて、
「これは使える!」と思ったものがあります。

それは、
シャッターに手書きで美しい文字を書く職人さんの特集番組。

商店街とかのシャッターって、ガタガタボコボコしているじゃないですか。
そのガタガタの面に、手書きで美しい文字を書いていく。

出来上がった文字を見たら、デコボコしていなくて、
綺麗な美しい文字なんですよね。

書いている面はデコボコなのに、
書き上がった文字はデコボコしていない。

これだ…!これはシワが気になるまぶたに
アイラインを綺麗に引くコツときっと同じだ!
と、静かに確信しました。

続きを読む

「ブルーのアイシャドウ塗ると殴られたみたくなるんだよね」の深層心理




よく聞くフレーズです。
ブルーのアイシャドウ塗ると殴られたみたいになる、というフレーズ。

私が個人的に感じていることではありますが、
これに関する深層心理を、ちょっと紐解いてみたいなと。


このフレーズを言う人は、

ブルーのアイシャドウを塗って、
本当に殴られた感じになってしまうパターンの人
と、

別にそんな風にはなっていないのに、
口では「殴られたみたい」と言っているパターンの人
と、

この2パターンに分けられるような気がします。

続きを読む

BACK TO TOP