COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

垢抜け度は眉頭で決まる!眉頭美人を目指そう

マスクを毎日をして過ごすようになって、もうだいぶ経ちましたね。
そんなマスクの日常に慣れた反面、顔の下半分が隠れてしまうことで、
メイクを存分に楽しめていない不完全燃焼感が募っている方も多いのではないでしょうか。

そんなマスク時代だからこそ、
ぜひ、眉毛とアイメイクには、これまで以上に気持ちを注いでいきましょう。

特に今日お伝えするのは「眉頭を美しく仕上げることの大切さ」です。



どんなに美しく完璧にメイクを仕上げたとしても、
眉頭が濃くて不自然だったり、左右がずれていたりすると、
それだけで「違和感」を与え、やや「滑稽」な雰囲気になってしまいます。


眉頭というのは、人の視線が集まる「眉間」に繋がる部分。
そして、なんとなくですが、その人のエネルギーが発せられる場所といいますか、、、
とにかく大事な大事なポイントなのです。


では、「眉頭美人」を目指すには、どうすれば良いのか。
ポイントは3つ、あります。


1 眉頭がズレれば、眉毛全部がズレているように見える。左右のズレは、まずは眉頭に注目。 
2 眉頭は絶対にグラデーションに。「ここが眉頭です!」とならないように。
3 眉頭の形に着目して。形によってイメージは大きく変わります。



それでは、それぞれのポイントをご説明していきましょう。




眉頭がズレれば、眉毛全部がズレているように見える。
左右のズレは、まずは眉頭に注目。





よく、左右の眉毛を揃えようとする時、
「眉山」に着目をされる方が多いように思います。

もちろん、眉山も眉尻も左右を揃えることは大事なのですが、
まずは眉頭が左右揃っていないと元も子もない、と言ってもいいくらい大事なポイントなのです。

描き始める順番は、眉頭が濃くなるのを防ぐため、
眉中や眉山などから描き始めるのがスタンダードですが、

「左右がちゃんと揃っているかをチェックする順番」
「とにかく左右を揃えることに意識を置くべき優先順位」
というのは、
眉頭がダントツです。

眉頭が揃わないと、眉山のズレも眉尻のズレも発見しにくく、
「もうどうしていいのか分からない!」という状況に陥ります。


基本的に、眉頭の位置は「目頭の真上・もしくはやや真上よりやや内側」です。
高さだけでなく、眉頭との位置関係もちゃんと見て、左右を揃えていきましょう。

眉山や眉尻の調整は、それからです。





眉頭は絶対にグラデーションに。
「ここが眉頭です!」とならないように。




これも垢抜け眉毛の絶対条件と言えます。
「ここから眉毛が始まっています!」と言わんばかりの主張の強い眉頭は、
よく言えば男性的な強いイメージになりますが、
どっちかと言えば「頑固」「怖い」「近寄りがたい」というイメージになりがちです。

ですので、眉頭は必ずぼかしましょう。

ぼかさずとも、ペンシルやパウダーで丁寧にグラデーションをかけて描ける人は、
ブラシでぼかす必要はありませんが、
なかなかの高等テクニックなので、最後にブラシでぼかすようにした方が簡単です。
スクリューブラシなどがあると便利です。




眉頭の形に着目して。
形によってイメージは大きく変わります。




これが意外と盲点な部分なのですが、眉頭はただぼかすだけでなく、
どんな形状でぼかされているか、というのも大事なのです。

下の画像を見てください。




どれもちゃんと眉頭をぼかしていますが、
形が違うとイメージが変わるのがよく分かると思います。

角度を付けずにぼかされている真ん中の形状が最もニュートラルです。







いかがでしたでしょうか。

眉毛の形は「眉頭・眉山・眉尻」の3点で構成されていますが、
その中でも、なんとなく軽視されがちな眉頭。
しかし、ここが垢抜け眉毛の鍵を握る大事なポイントなのです。

マスクメイクがこれからも続くことが予想されます。
ぜひ、垢抜け眉メイク、習得してくださいね!









美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!


読者Q&A「うっすら二重・三重・四重まぶたのアイライン&眉と目の距離について」





《今日のご質問》

私の目は一重なのに上に線?シワ?が子供の頃からあります。
アイラインのひく太さが心配です。

また、以前、眉毛をもう少し細くとアドバイスを頂いたことがあるのですが、
眉毛と目の間が広くなるような不安があり、あまり細くできていません。
よろしくお願いします。





それでは、お答えしていきましょう。
まずは、前半のご質問から。

「一重なのに、上に線?シワ?が子供の頃からある」とのこと。

このようなタイプの目の方は意外と多く、
年齢を重ねるにつれて、その線がどんどん深くなって、
いつのまにか二重になったという方も少なくありません。

二重までいかないけれど、うっすら線が入っているという場合もあれば、
もともと二重だけれど、さらにうっすら線が入っていて、
三重・四重になっている方もいます。

ちなみに、現在の私は三重です。
もともと奥二重だったのが、年齢とともにまぶたの線が増え、三重になりました。
うっすら四本目の線も見え始めております。。。





こうして、年齢とともにまぶたの感じも変わっていくので、
一体アイメイクはどうすれば!?と悩んでしまう方も多いのですが、
考え方を変えてみると、よりアイメイクを楽しめるようになりますので、
ちょっと参考にしてみてください。



ご質問者様のように、もともと一重だけれど、うっすら線があるという場合。
その線は、もはや二重の線として捉えてしまってOKです。

線が浅くてほのかなものだったとしても、
二重の線として捉えてアイメイクをすることで、
まるでそこにくっきりとした二重の線があるかのように見えてきます。


アイシャドウを塗る時も、その二重の線の幅まで塗ってみたりして、
(グラデーションでぼかして広げたりせず)
二重まぶた感を楽しんでみてください。

アイラインも、一重まぶたであることを忘れ、
二重の幅の2分の1、もしくは3分の1くらいの幅で引き、
パッチリ感のある目元を楽しんでみましょう。

ポイントは「躊躇せず」です。



ちなみに、私のように三重だったり四重だったりする方は、
日によって、どのラインをピックアップしてアイメイクをするかを変えるのもアリです。

「今日は、3本あるうちの、この線をピックアップしてアイメイクをしよう」というように、
二重の線か、三重の線か、四重の線の中から一つを選ぶことで、
日によって二重の幅が違う目元を楽しむことができます。

二重の幅を狭く見せてアイメイクをすれば、
シャープでかっこいいイメージに近づきますし、

二重の幅を広く見せてアイメイクをすれば、
優しいふんわりとしたイメージに近づきます。




ぜひ、試してみてくださいね。




そして次に、眉と目の距離についてです。

メイクレッスンにいらっしゃったお客様が、
よくこんな風におっしゃっているのを聞きます。

「私、目と眉の間が広いから、狭くしたいんです。」

それに対して、
「狭くしたいですか?」と改めて問うと、
「だって、狭い方がいいんですよね?」と。


いつからか神話のように、
「目と眉の距離は近い方が美人!」
というような概念が存在していますが、実はちょっと違います。

もちろん、目と眉の距離が近いことで、
美しさが増している方もたくさんいますが
目と眉の距離が広いより、狭い方が美人ということではないのです。


目と眉の距離が近い方が持つ美しさと、
目と眉の距離が広い方が持つ美しさが、
それぞれにあります。



目と眉の距離が近いと、
・ハーフっぽい、彫りの深い顔立ちに見えます。
・目元の印象が強くなります。


しかし、
・やや男性的な雰囲気も強くなります。
・面長に見えてしまうこともあります。
・メイクによって顔立ちを変えるのが難しく、
「化粧映えしない」と感じている人も多いです。




目と眉の距離が広いと、
・若々しい、かわいらしい、優しい印象に見えます。
・目元の印象が和らぎ、第一印象が良くなります。
・アイメイクの幅が広く、いろんな雰囲気に変身しやすいです。


しかし、
・やや間伸びした印象に見えることもあります。
・顔立ちによっては、やや地味な印象になることもあります。




このように、それぞれに違う特徴があって、
それぞれの活かしどころが違うので、
この両者を比べて、どっちの方が美人!という比較は、しようがないのです。


ですので、眉と目の距離が離れてしまうことに不安を感じて、
眉毛メイクをチェンジできずにいるのでしたら、

そこは少しだけ思考を変えて、
「眉と目の距離が離れることは、別に悪いことではない」と考え、
太眉ブームも去ったことですし、
ぜひイメチェンにトライしてみて頂きたいなと思います。




少しでもお役に立てれば幸いです!







美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!



読者Q&A「毛が太く硬いタイプの眉毛をフンワリ眉毛に見せるコツ」




《眉毛についてのご質問》

流行りの柔らかいふんわりした眉にしたいのですが、
毛が太い硬いタイプなので、どうしてもイメージ通りにはならないです。

この場合、コツがあるのか、
もうふんわり眉は諦めて違うイメージの眉にするべきなのか、実際どうなのでしょう?

ちょっとでも伸ばそうとするとツンツンと毛が立つので、
今は眉毛を短く切っています。

地毛が黒髪ということもあり、眉マスカラも濃い目のブラウンにしています。

***


このご質問への回答のポイントは「眉毛の質感を変えて見せる」ということ。
それでは、お答えしていきましょう。



ふんわりとした女性らしい眉毛に憧れる人は少なくないと思います。

特に、元々がしっかりとしたコシのある毛質の眉毛だと、
尚更「ふんわり眉毛」に憧れてしまうのかもしれません。

しっかりとした眉毛は、知的に見えたり、
エキゾチックな美しさがあったり、若々しく健康的なイメージもあるので、
それはそれでとっても素敵なのですが、

日によって、眉毛の雰囲気もメイクで変えられたら楽しいですよね。



しっかり眉毛をフンワリ眉毛に見せるには、
「色味」よりも「質感」を変えていくことが大事です。

ただ色を明るくしたとしても、
しっかり眉毛をフンワリ眉毛に見せられるわけではありません。

あくまでも「フンワリとした質感」を目指すべく、
フルーツの桃の表面にうっすらと生えている産毛のように、
ふんわり柔らかそうな毛に見せる質感を目指しましょう。




ポイントは5つあります。

1 アイブロウペンシルは芯が硬く、芯先が細いものを選ぶ。
2 アイブロウパウダーは、薄いブラウン系を選ぶ。
3 ラベンダー系のアイシャドウを使う。
4 眉マスカラの質感に気を付ける。
5 毛は短くしすぎない。




それでは、一つずつ説明していきましょう。




1 アイブロウペンシルは芯が硬く、芯先が細いものを選ぶ。

眉尻の毛が無い場合や、ところどころに穴が開いているような眉毛の場合は、
フンワリ見せたくてもペンシルは必須になります。

芯が硬く、芯先が細い、繰り出しタイプのペンシルを使い、
足りない部分に丁寧に、1本1本を描き足すように、
最小限のストロークで埋めていきましょう。

ただし、隙間なく綺麗に毛が生えている場合は、
ペンシルは使わなくても大丈夫です。





2 アイブロウパウダーは、薄いブラウン系を選ぶ。

アイブロウパウダーは必須になります。
必ずマットな質感のものを選んでください。

ここで大事なのが、濃いダーク系のブラウンではなく、
薄めのベージュカラーに近いようなブラウンを選ぶということ。

よくある3色のパレットになっているアイブロウパウダーなら、
真ん中の色を使う感じです。
黒髪だからといって、濃い色を選ばなくて大丈夫。

眉毛全体に乗せ、色味を抑えつつ、
パウダーのマットな質感で、ふんわり感を足していきましょう。





3 ラベンダー系のアイシャドウを重ねる。

これは必ずしなければならない工程ではありませんが、
黒髪の方が、眉毛を軽やかに見せたい時に使うテクニックです。

ペンシルと通常のアイブロウパウダーを乗せた後、
薄いラベンダーカラーのマットなアイシャドウを眉毛に乗せると、
ややアッシュがかった色味に変化し、
しっかり眉毛を軽やかに変化させることができます。

これも必ず、ラメやパールが入っていないマットなものを選びます。





4 眉マスカラの質感に気を付ける。

ここが1番大事です。
眉マスカラを使うこと自体はOKなのですが、
眉マスカラを塗ることで、毛にツヤがでてしまうと、
一気にフンワリ感が消滅してしまいます。

眉マスカラの液体は、メーカーによって千差万別。
水のようにゆるい液体の場合は、毛にツヤ感を出してしまうものが多いので、
なるべく、液体が固めで、ゴロッとしたタイプのものを使いましょう。

そうすると、毛にツヤを与えず、マットなまま仕上げることができます。




5 毛は短くしすぎない。

これも大事なポイントです。
眉毛は短くすればするほど、シャープな印象に偏りがちです。

だからといって、全く手を入れないわけではありませんが、
毛足は短くしすぎず、ある程度の毛流れ感があった方が、
柔らかい眉毛に近づけやすいのです。


毛がツンツン立ってしまう部分は、極力眉マスカラで毛流れを寝かせるようにして整えて、
それでもツンツン具合が目立ってしまう部分のみ、カットするようにしましょう。

ですので、一度伸ばしてみて、
次にカットするときは、眉マスカラまで塗った状態でカットすると良いでしょう。






いかがでしょうか。

上記のポイントの中で最も大事なのが、眉マスカラの質感。
そして、毛足を短くしすぎないということ。

ぜひ、トライしてみてくださいね!


少しでもお役に立てれば幸いです!








美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

読者Q&A「眉マスカラが皮膚に付いてしまう原因」



今日は読者様から頂いた、眉マスカラについてのご質問です。

***

愛先生、こんにちは!
いつも楽しくメルマガ読ませていただいております!!

眉マスカラの事でお聞きしたいことがあります!
私の眉毛は一本一本がしっかりしていて、毛量もあり、髪を染めている為、
バランスをとるためにも眉マスカラが必須です!

眉メイクをするときは、まずペンシルで眉尻を描き、
パウダーで毛のないところを埋めて、最後に眉マスカラをしています。
濃い眉の印象にしたくないこともあり、あまりしっかり描いていません。

ですが、最後の眉マスカラが毛にうまくのらず、地肌についてしまい、
結果眉が濃い印象になってしまいます。
しかも毛には色がほとんどついてません。。

毛に色がのらないのはなぜでしょうか、、、
選んでいる眉マスカラが悪いのでしょうか、、。

色々試しても、同じで、迷宮入りしてしまいました。
愛先生、どうしたらいいでしょうか?(涙)


***



いつもメルマガをお読みくださり、ありがとうございます!
それでは、お答えして参ります!
続きを読む

眉毛が上手に描けない理由はここにあった!





マスクをして過ごす日々だからこそ、
眉メイクとアイメイクに重点を置かなければならないわけですが、

お客様の悩みを聞いていても、
やはり最も多いのが、眉毛がうまく描けないという悩み。


なぜうまく描けないのかの原因を探っていくと、
単純に描き方を知らないだけではなく、
意外なところにたくさんの落とし穴があることに気づきます。

その落とし穴とは一体なんでしょう。

ご自分の眉メイクを振り返りながら、お読みください。



続きを読む

読者様Q&A「デヴィ夫人に1:1の眉毛が似合う理由」



それでは、本日のご質問。

***

愛様、いつも的確なご指導を参考にさせていただいて
独りよがりのメイク法も(笑)、
だいぶ理解が進んで腕が上がったと喜んでおります。

TVを見ていて、最近気になってるのが
タレントさんの「眉山の位置」です。

デビ夫人が分かりやすいですが、
眉山が黒目の外側ではなく、黒目の中央辺りに来ています。

これはあくまでもTV向け、舞台向けなんでしょうか??
一般人が、あれだけ中央寄りに眉山をもって来ると・・
オカシイですかね?

というのは、あの位置に持ってくると、顔が細く見えるのかしら??
と、気になりだしました(笑)
普段、何気にひいてるアイブロウも、ほんの数ミリずらせるだけで
見た目が違うのかな?と。

「一般人メイク」として、眉山のご指導をお願いいたします。
よろしくお願いいたします♪

ママリンより

***



ご質問ありがとうございます!
それでは、早速お答えしていきたいと思います。


ママリンさんのおっしゃる通り、
眉山の位置だけでなく、眉頭の位置、眉尻の位置が数ミリ変わるだけで、
お顔の印象は大きく変わります。
続きを読む

失敗しない眉毛の整え方



太眉ブーム、まっすぐストレート眉のブームが過ぎ、
今は平均~やや細め、
そして、ほんのり眉山の高さがある形が主流となってきました。

・眉頭と眉尻の高さは水平に揃えること
・眉頭~眉山までの長さと、眉山から眉尻までの長さん比率を2:1にすること

など、わりと眉メイクの基礎とも言えるような感じですが、
それが今年の眉メイクの主流となっています。


ですので、大事なのは「ちゃんと感」です。

ただ生えっぱなしのナチュラルが良いのではなく、
多かれ少なかれ、お手入れをして「ちゃんと感」を演出することが大事です。
無精髭ならぬ無精眉をたずさえないように。


続きを読む

【たかが毛流れ、されど毛流れ「上向き眉毛が流行の兆し」】

海外のメイク動画などで、
最近よく見かけるこのテクニック。

眉毛メイクをする際、
スクリューブラシなどを使って、
眉毛の毛の向きを上向きに整えるという手法です。

ただブラシで上向きに整えただけだと、
キープできずに毛流れが元に戻ってしまうので、
眉マスカラや、透明マスカラを使って、
上向きにした毛流れをキープするようにします。


続きを読む

今、眉山の高さをどうするべきか?

眉メイクの流行は、時代と共に大きく変化していきます。

これまでも、様々な眉毛が流行ってきたように、
これからも、いろんな眉毛が流行っていくのです。

さて、そんな移りゆく眉のトレンドですが、
「今はどうなの!?」というリアルタイムな情報を、
しっかりとキャッチしていくことが大事。



簡潔に「今の眉情報」をお届けすると、
以下のようにまとめることができます。

続きを読む

読者様Q&A【眉カットの基本をおさらい】

本日ご紹介させて頂くご質問は、こちら。
***

いつもメルマガ拝読しています。
定期的な100%企画、いくつになっても役立つ情報があってありがたいです。

さて、私の質問です。
眉カットが上手くできません。

毛足が長く、もっときれいに整えたいといつも思っているのですが、
長い部分を切ると、眉毛の密度がバラバラになってしまい、
薄いところと濃いところができてしまいます。

ノーメイクでやると失敗しやすいということを聞いたので、
アイブロウで眉を描いたあとにコームで梳かしてはみ出した分を切るようにしていますが、
これが下手くそなようです…。
どのくらい短く切るのかもいまいち分からないです。
カットは眉ハサミを使っています。

パナソニックのフェリエ?がオススメという話も聞いたことがありますが、
ハサミを使って長い眉毛をきれいに整えるテクニックを教えて欲しいです。

ちなみに、眉頭は上向きに生えていて、眉尻は下向きに生えています。
(みんなそうですか?)

よろしくお願いします。



***



それでは、お答えして参ります。

いつもメルマガをお読み下さり、誠にありがとうございます!


眉カットがうまくできないというお悩みは、
多くの方が抱えているように思います。

少し前に太眉ブームが訪れた時はホッとした、、
と、おっしゃる方もいました。笑


続きを読む

BACK TO TOP