LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

アイラインは不要!?ちょっと待って!いろんな情報に惑わされないで!

先日、用事と用事の合間に少し時間があったので、
近くの書店へ、ふと立ち寄りました。
 
で、ふらっと美容コーナーへ。
 
ダイエット本とかメイク本とか、たくさんあります。
 
普段あまり、というかほとんど見ないのですが、
何冊かペラペラと。
 
その中で、ふと目に留まったところがありました。
 
それは。
 
 
 
アイラインなんて、引けなくて当たり前。
あんな立体感のある部分に綺麗な線を引くなんて、所詮無理。
しかも、アイラインなんて日常生活には不必要。
撮影でもない限り、必要ないんです。
 
 
 
という内容。
 
細かな表現は違えど、
ざっとこんなことが書かれていました。
 

 
ざ、斬新・・・
というより、衝撃。
 
読者の方に、
「アイラインを引けないことで落ち込まないでね!」
というメッセージを超えて、
「引く必要ないよ」
とまで言い切るとは。
 
しかも、こんな情報が書籍化されていることが、
私からすると衝撃でした。
 
 
もちろんメイクにはいろんな考え方があります。
 
何が正しくて何が間違いかなんて、
一概に決めることはできません。
 
メイク道具だって色々ありますから、
その中から自分に合った道具を選ぶのも一苦労だったりします。
 
 
しかし、しかしです。
 
アイラインを綺麗に引くのは所詮無理なんだし、
撮影をするわけでもないんだから、
引く必要はないよ。
 
というのは、「いやいやちょっと待って!」と、
私個人的には思うわけです。
 
 
この本を最初から最後まで読んだわけではなく、
ただこのフレーズが目に入って衝撃だったから覚えているだけなので、
本全体を通して伝えたかったことは、
もしかしたら違うのかもしれません。
 
でも!でもでも。。。
という悶々とした気持ちになりました。
 
 
 
 
アイライン。
 
確かに、もともと立体感があって、
しかも年齢を重ねるごとに皮膚に柔らかさが増す部分に、
美しいラインを引くのは、
簡単なことではありません。
 
しかし、それでも最大限に美しいアイラインを引けるように、
アイライナーの芯や筆先は、
昔よりもかなり進化を遂げています。
 
それに、多少ガタついたアイラインになってしまったとしても、
それをカバーするテクニックはたくさんあります。
 
年齢を重ねて近くが見えにくくなってしまったとしても、
拡大鏡を使えば、ある程度、
細かな作業にも適応できるようになります。
 
そんな風に、
アイラインを引くことの難しさに対して、
アイテムの進化は、ちゃんと追いついていると、
私は思うのです。
 
 
しかも、撮影をする時くらいしかアイラインは必要ないというのは、
そんなことはありません。
 
 
だって、人生の大半は日常生活なのですから。
 
人生の一瞬を切り取る撮影の時だけ美しければいいのではなく、
日常の毎日を美しく過ごせることの方が喜びは大きいと思うのです。
 
 
なので、私は言います。
 
 
年齢を重ねた方こそ、
アイラインと上手に付き合うべきです。
 
それは撮影云々ではなく、普段の日常生活において、です。
 
 
 
年齢とともに、まぶたのたるみが増してきて、
まつ毛の生え際、つまりまぶたのフレームラインが、
まぶたのお肉によって隠れている場合は、
ある程度、太めのアイライナーを引いても構いません。
 
その時は、リキッドアイライナーを使ってみましょう。
 
正面を向いて目を開けた時に、
ギリギリ見えないくらいまでの太さで引きます。
 
ただし、そのままだと、まばたきをした時や、
伏し目がちになった時に、
アイラインが目立ってしまうこともあるので、
 
引いたアイラインの上からアイシャドウを重ね、
アイラインのくっきり感をぼやかしておきましょう。
 
 
 
ただし、まぶたに小じわが増えてきて、
リキッドアイライナーの液体が滲むように感じたら、
その時はペンシルアイライナーを使ってみましょう。
 
太さのあるアイラインを引く時、
リキッドよりもペンシルの方が面倒な感じがしますが、
そこは丁寧に。
 
それ以降の手順はリキッドアイライナーの時と同様です。
 
 
 
ちなみに、アイライナーだけでなく、
まつ毛メイクも、大人のアイメイクには大事な要素ですので、
ぜひこちらも手抜きせず。
 
 
 
それにしても、
いろんなメイク理論があるなぁというのは、
昔から感じていることですし、
それぞれにロジックがあって、
メリット&デメリットがあって、
それらに対して良し悪しを言及することは、
あまりしませんでしたが、
 
さすがに今回目にした(一部だけですが)ロジックには、
衝撃を受けたので、
つい書いてしまいました。
 
 
いろんな情報が皆さんの周りには存在していますが、
ひとつだけの情報をすぐに鵜呑せず、
ご自分の中で精査するようにしてみてくださいね。
 
 
 
 
今日はここまで。
 
 
 
*****************
 

Ai TERANAGANE 全国展開中

取扱店一覧やワークショップ・タッチアップ入店情報はこちら
 

メイクアップアーティスト育成アカデミー随時開講中

メイクのお仕事に興味がある方へ。寺長根愛によるマンツーマン徹底指導。
短期集中型なので、転職を目指す社会人の方にもお勧めです。
初心者も経験者もOK。お問い合わせ・資料請求は下記まで。
初心者向けの入門編「プライマリーコース」も2019年より新設。
資料請求はこちらのページ最下部から
 
 
 
 

ビギナーズメイクレッスン2day’s・札幌限定

 
このレッスンでは講師も一緒にすっぴんになり、基本の「き」からメイクレッスンを行います。1名様でも受講可能です。(最大2名様まで)
 
・今まで一度もメイクをしたことが無いという方。
・子育てや仕事に追われ、メイクをしない期間が長くなり、メイクの仕方を忘れてしまったという方。
・今しているメイクに納得がいかず、もう一度、基本から習い直したいという方。

 
大事な大事な基礎の部分をレッスンしていきます。必要なアイテムは教材として、それぞれ皆さんに合った色を選んでお渡し致します。教材はフルメイクに必要な15点セットです。
 
受講料 69876円 ※教材費(37476円)含む
 
■お申し込み
こちらからメールにて承ります。
 
お名前(1名様もしくは2名様)ご連絡先お電話番号、受講希望日を複数ご記入をお願いします。受講希望日は、4〜5日程の候補を挙げて頂けるとスムーズです。その中からスケジュールを合わせて、2日程を決定致します。
※所要時間 1名様でご受講の場合は1回約2時間半、2名様でご受講の場合は1回約3時間となります。
 
・お支払いは初回受講日となります。(現金orクレジット)
・開催場所は Ai Teranagane make up studio となります。
(札幌市中央区南2西6 大友ビル4階)
 
 

札幌のスタジオではメイクレッスンだけでなく、
お出かけ前のヘアメイクも承っております。
結婚式や同窓会等に行かれる際や、写真撮影前などにぜひ。

http://ai-teranagane.jp
 
 
 
 
************
 

『メイクアップ人生』

発行元 Ai TERANAGANE make up studio
発行責任者 寺長根 愛
 
オフィシャルホームページ
オンラインストア
メッセージ・ご感想・メイクのお悩み・セミナー・出張依頼
「Ai TERANAGANE」facebookページ
「メイクアップ人生」facebookページ
寺長根 愛 facebook個人ページ
「Ai TERANAGANE」Instagram
「寺長根 愛」Instagram
「Ai TERANAGANE」Twitter
「寺長根 愛」Twitter
 
**********

この記事をシェアする

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP