LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクレッスンを受けられた方が思うこと

当スタジオでは、
マンツーマンメイクレッスンを随時行っているのですが、

そのレッスンを受けられた方が、
「それは目からウロコ・・・」
というようなリアクションをされる箇所には傾向があります。

多くの方がそのようなリアクションをされる箇所というのは、
つまり、多くの方が知らずに損をしている箇所ということ。

今日は、そんなベスト10を、ご紹介していきます。



第10位「眉毛って、そこから描くんですね!」

眉毛を描き始める位置。
現在のトレンドも加味して考えるなら、
眉中(眉頭と眉山の間・黒目の上あたり)から
描き始めるのが理想的です。

しかし、眉頭や眉山から描き始める方も多く、
このようなリアクションをされる方は多いです。



第9位「そういうスポンジがいいんですね!」

ファンデーションを塗るとき、
指の圧が直接肌にかからないように、
2センチくらいの厚みがあるスポンジをお勧めしています。

パウダーファンデに付属されているような、
薄型のスポンジを使われている方や、
使い捨てタイプを使われている方は、
このようにおっしゃることが多いです。



第8位「ビューラーって、こんなに優しくて良いんだ!」

思い切りまつげの根元をがっちりはさんでいる方は、
ビューラー=ちょっと痛くて当然。我慢我慢・・・
という意識を持っている方も多いのですが、
とんでもありません。

毎日のことですから、まぶたに負担をかけてはいけません。

力を抜いて優しくはさんでいるわけではなく、
まぶたのカーブにあったビューラーを選んで、
絶対に引っ張らないようにかけているので、
されている側は「優しい」と感じるのです。

でもカールはきちんと付きます。



第7位「ハイライトって、そこにいれるんですね!」

ハイライト=Tゾーン というイメージの方が多いのですが、
若々しく見せるために必ず入れて欲しいのが、
目の下 なのです。

目頭 目尻 小鼻 を結ぶ三角形ゾーンにハイライトを入れると、
「ここに入れるんですね~」と、
おっしゃる方が多いです。



第6位「チークブラシって、そうやって使うんですね。。」

メイクブラシ全般に言えることなのですが、
チークブラシは特に、肌に対して寝かせて使うことが大事。

ブラシを立てて、頬にぐりぐり当てている方は、
ブラシを寝かせて入れるチークの優しさに驚かれます。

ベースメイクを傷つけずにチークを入れるためにも、
ブラシは寝かせて使いましょう。



第5位「眉マスカラって、そうやって塗るんですね!」

眉マスカラを塗る時は、
眉尻から眉頭に向かって、毛を逆立てるように塗ります。

毛に色が付いてきたら、最後に毛並みを整えるように、
眉頭から眉尻に向かって撫でていきます。

この、最初の「逆立てるように塗る」というテクニックを、
知らない方は多いです。



第4位「フェイスパウダーって、そうやって使うんですね!」

フェイスパウダーの多くは、
穴がいくつか空いた中蓋が付属されていると思います。

当然、この穴からパウダーを出して、
パフにつけて肌に乗せていくのがベーシックですが、

私は、この穴が当ている中蓋そのものを、
取り払ってしまいます。

そうして、パウダーの上に直接パフをのせ、
そのパフにしっかりとパウダーを付け、

そこから、もうひとつ別のパフに、
こすり合わせるようにしてパウダーを移していくのです。

こうして使うと、衛生的にもGOODなのと、
適量のフェイスパウダーを使うことができます。

中蓋の穴から出そうとしても、
少量しか出てこず、
結果、肌に乗せるフェイスパウダーの量も足りず、
メイク崩れの原因になっていることも多いのです。



第3位「コンシーラーの順番、間違ってた!」

リキッドファンデーションなら、
リキッドファンデーション → コンシーラー

パウダーファンデーションなら、
コンシーラー → パウダーファンデーション

この順番を間違ってしまうと、
せっかくのコンシーラーそのものの効果を
半減させてしまうこともあるのです。



第2位「メイクって、こんなに気持ちいいものなんですね。」

これは、すべてのセクションにおいてですが、
お肌をいたわる、
お顔を大事にする、という気持ちをもってメイクをすると、
やはり受ける感覚も心地よいのです。

もちろん、
人にしてもらっている というエッセンスも大きいのですが、

朝、忙しくて、ついつい力んでメイクをしてしまっていませんか?
力んでしまうと、そこに心地よさは無くなってしまいます。

メイクは、お顔にとっては、
毎日マッサージをされているのと同じ。

決して、力んでゴシゴシ、グリグリ、しないように。
シワやたるみの原因になってしまいます。



第1位「気持ちと時間の余裕って大事ですね。。。」

上記のこと、全てを網羅した言葉が、これです。
本当に多くの方が、おっしゃいます。

メイクを楽しいと思っていた時期を、
思い出すのです。

メイクを始めたばかりの、あの頃は、
いろんなアイシャドウを塗っては取って、
いろいろ試すのが楽しかった。

でも今は、そんな時間もなく、
とりあえず朝、バタバタとした時間の中で、
惰性でメイクをしている。

このままじゃダメだとわかっているのに、
変えられない。

そう、本当に大事なのは、
気持ちと時間の余裕なのね。。。と。

それがないと、自分と向き合うことなんて、
できっこない。




いかがでしょうか。

ご自分にも当てはまるなぁと感じた部分も、
あったかもしれません。

私たちは、これからもずっと、
メイクと付き合いながら生きていきます。

惰性で、力んで、ゴシゴシメイク。

そこからちょっと離れて、
時間と気持ちの余裕を持ってみませんか?


今日はここまで。


この記事をシェアする

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP