LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

化粧品の使用期限って決まってる?

先日、ある企業に出向いて、
女性社員向けのメイク研修を行ってきました。

その際、質疑応答で出た質問。

「化粧品の賞味期限って決まっているんですか?」

すかさず、
「化粧品は食べないから、賞味期限じゃなくて、
使用期限ですね。」
と前置いてから説明に入ったのですが。笑


この内容の質問は、
実は結構よく受けます。

意外と知らない方が多いようです。

今回は化粧品の使用期限について、
お話ししていきたいと思います。




一般的に「化粧品」という名称で売られているものは、
【3年間は変質変化せずに安全性を保つ】
という条件をクリアしているものがほとんどです。

ただし、成分や容器の構造上、
そうでないものもあります。

使用期限が短いものは、
説明書等に、その旨が明記されていますので、
それらをよく読み、期限を守ってお使いください。


しかしながらメイク用品に関しては、
3年も経つと、発色や使用感が落ちてしまうものも多く、
安全性の点では「とりあえず使うことができても」
仕上がりの美しさの点では、
お勧めしないものも多いのが現実です。

では、アイテム別に細かく見て行きましょう。



■ファンデーション

最長3年間ではありますが、
リキッドファンデーションの場合は分離したり、
固さが変化して使いにくくなる場合があります。

「使いにくい」と感じた時には、
肌の上に乗る粉・油・水のバランスが悪くなるので、
崩れやすいベースメイクになりがちです。

パウダーファンデーションの場合は、
粉分が乾燥してしまい、
パサパサの状態になることがあります。

そうなると、肌に乗せた時にムラ付きをしたり、
キメの荒い状態に仕上がることがあります。

ですので、安全性の面では最長3年間であっても、
美しさの面は1年以内には使いきることをお勧めします。



■アイカラー、チークカラーなどのカラーパウダーもの

これも最長3年間ではありますが、
やはりあまり期間が経ってしまうと、
表面が日焼けしたような感じで色味がくすんだり、
固くパサパサしてしまったりと、
ベストな状態で使うことができなくなります。

一度そのようになってしまったら、
固いヘラ状のもので表面を削ってみてください。
そうすると、パサパサになった部分が無くなり
復活する場合もあります。



■口紅&グロスなど

チューブに入っているグロスなどは、
案外長持ちします。(空気に触れにくいので)

しかし、スティック状の口紅や、パレットに入っているものは、
表面が空気に触れやすいので、
表面の色が変色しやすいのが現状です。

3年以内であれば、アイカラー同様に表面を削ってみてください。
そうすると色・質感ともに復活することがあります。

しかし、油分を含んでいるものなので、
少しでも異変を感じたら(においなど)
使用をやめた方が無難です。




化粧品を全てゼロになるまで使い切るって、
なかなか無いことだと思います。

ファンデーションなどは「無くなったら次」となりますが、
色物に関しては、
使い切る前に他のものを使ったりしますよね。

ですので、ついついその存在を忘れて、
使わなくなった化粧品がたくさん溜まっているということ、
あると思います。

流行の移り変わりもありますから、
それらを全て使い切ることは難しいかもしれませんが、
せめてコンディション的に大丈夫なものは、
きちんとメンテナンスをして、無駄無く使いたいものです。

アイカラーやチークカラーなど、
もうパサパサして使えなくなったら
(色味にもよりますが)
グロスに混ぜて口元に使うのもアリです。



ちなみに、「塗ったら乾くもの」は基本的に寿命が短いです。
つまり、マスカラやジェルライナーですね。
空気に触れることで固くなる性質を持っていますので、
化粧品そのものの寿命も、やはり短いのです。

「使いにくい」「塗りにくい」と感じたら、
その時点で寿命だと思ってください。



ちなみに、スキンケア用品やベースメイクアイテムに関しては、
3ヶ月で使い切れる量で製品化されていることが多いです。

ですので、毎日使っているのに半年以上持っている、とか、
逆に1ヶ月くらいで無くなった、など、

目安の「3ヶ月」と大きくかけ離れているようでしたら、
1回の使用量が適切でない可能性があります。

もちろんメーカーによって個体差はありますが、
思い当たる方は、
1回の使用量を見直してみることをオススメします。



せっかくの良品であっても、
1回の使用量が多過ぎたり少な過ぎたりしたら、
そのアイテムのベストパフォーマンスを
逃しているということになります。

それはとってももったいないことです。



ぜひ、その点も見直してみてくださいね!

この記事をシェアする

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP