COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

アイラインとマスカラ、私にはどっちが効果的?

ここ最近は、
目力メイクが流行に舞い戻ってきているわけですが、
 
いきなりアイラインがっちり、マスカラばっちり!
という、いきなりのイメチェンも、
なかなか現実的ではなかったりします。
 
 
そこで今日は、
目力を出すには、アイラインとマスカラ、
まずはどちらから始めるべきか、
自分の目には、どちらに注力するのがマッチしているのか、
そんなお話をしていきたいと思います。
 
 

 
基本的なアイメイクの手順というと、
 
アイシャドウ
 ↓
アイライン
 ↓
ビューラー&マスカラ
 
という流れがベーシックです。
 
 
 
 
当然、この全てを行うことで、
目元の印象が変わり、
なりたい目元のイメージに近づけることができます。
 
しかし、少し前にメイクレッスンにいらしたお客様が、
こんな風におっしゃっていました。
 
 
 
 
「私は今まで、ほとんどアイメイクをしたことがないので、
いきなりたくさんのことをできる自信がありません。
 
なので、少しずつできることを増やしたいのですが、
まず何からすれば、私の場合は効果的でしょうか?」
 
 
 
 
確かに、今までほとんどアイメイクをしてこなかった方にとって、
アイシャドウ、アイライン、マスカラの全てを行うのは、
なかなかハードルの高い作業量です。
 
ですので、手始めとして、
最もご自分の目元に対して効果的なテクニックから習得し、
それが慣れた頃に、できることを少しずつ増やしていくというのは、
とても効率の良い習得方法です。
 
 
 
目の形によって、
アイラインに重点を置くのが効果的なのか、
ビューラー&マスカラに重点を置くのが効果的なのかが、
分かれてきます。
 
中でも特に、奥二重の方、一重の方は、
どのようにアイメイクをするのが効果的なのか、
悩んでいる方が多いので、
今日は、それぞれを説明していきましょう。
 
 
 
 
・奥二重の方
 
このタイプの方は、アイラインよりも、
ビューラー&マスカラに重点を置くほうが、
目元がぱっちりと見えるようになります。
 
アイラインを太めに引いても、目を開けた時には隠れてしまい、
あまり意味がないかも、と感じたことがある方は多いと思います。
 
もちろん、アイラインを引かないよりは、
引いたほうが目元の印象は強くなるのですが、
それよりも、ビューラーでしっかりまつげを上げ、
そのカールをキープできるマスカラを塗るということの方が、
重要なのです。
 
奥二重の方で、
アイラインは引くけど、マスカラは省いているという方がいたら、
それは損をしている可能性が高いので、
ぜひ、まつげメイクにも重点を置いてみてください。
 
また、今まであまりアイメイクをしたことがない奥二重の方は、
ぜひ、まつげメイクからスタートしてみてくださいね。
 
 
 
・一重で、目を開けた時にまつ毛の生え際が見えるタイプの方
 
このタイプの方は、
目を開けた時に、引いたアイラインが見えるタイプの目元です。
 
こういった方は、アイラインをきちんと引くことで、
目元の大きさがかなり変わって見えます。
 
まつげメイクも大事ですが、
ぜひ、アイラインに重点を置いて研究をしてみてください。
 
このようなタイプの方は、
全体的に同じ太さで引くのがいいのか、
目頭側を太くするのがいいのか、
目尻側を太くするのがいいのか、
かなり個人差があります。
 
目を開けた時にベストな状態になるよう、
ぜひご自分の目にあったアイラインを研究してみて下さい。
 
 
 
・一重で、目を開けた時にまつげの生え際が隠れるタイプの方
 
どのくらい、まつげの生え際が隠れるのかの度合いによりますが、
アイラインの太さを3ミリくらいにしたところで、
目を開けた時にアイラインが多少見えるという場合は、
そのくらい(3ミリくらい)引いてもOKです。
 
しかし、3ミリ以上引いても、
目を開けた時にはアイラインが隠れるという場合は、
アイラインは細めにしておいて、
ビューラー&マスカラに重点を置くようにしてみて下さい。
その方が、目元のぱっちり感が強調されます。
 
 
 
 
いかがでしょうか。
 
 
ちなみに、二重の方は、二重の幅にもよりますが、
アイラインを強調しても、まつげを強調しても、
 
それぞれ違うイメージに仕上げることができますので、
日によって変えてみるのも良いでしょう。
(二重の幅が狭い方は、まつげの強調をお勧めします。)
 
 
 
 
 
 
今日はここまで。
 

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP