LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

時間がたってもキレイなリップメイク

唇というのは、
お顔の中で「よく動く部分」であり、
尚且つ「湿り気のある粘膜と隣り合わせ」なので、
この2点は「目」と全く同じで、
リップメイクが崩れやすいのも納得できます。

さらに飲食をしたり、しゃべり続けたりすると、
どうしてもリップメイクを美しい状態でキープするのは、
難しかったりしますね。



私自身も、普段しゃべる仕事が多いので、
この点にはとても気を遣いますし、

お客様でもタレントさんでも、
この後「話す」「食べる」という方には、
時間が経っても汚く見えないリップメイクを
心がけるようにしています。



なにも考えずに、ただ口紅やグロスを塗ると、
塗ってすぐはキレイなのですが、

しゃべり続けていると、
口元が乾燥してカサカサになったり、
口角の部分がモヤモヤ汚く見えてしまったりします。

ですので、しゃべる仕事が多い時には、
口紅の選び方、塗り方を一工夫するのです。

そうすれば、長時間お話し続けても、奇麗な口元のまま。



では、具体的なテクニックをご紹介します。



■まずは、選び方です。

色味に関しては、特に制限はありませんが、
大事なのは油分の量です。

つまり、柔らかさ、です。


基本的には、マット過ぎずツヤツヤすぎず、がお勧め。

スティックタイプの堅いマットな口紅だと、
しゃべっている間に口元が乾燥し、
カサカサになってしまうことがありますし、

テカテカで柔らかいグロスのようなものだと、
口角部分に溜まって、汚く見えてしまうことも。

なので、堅すぎず柔らかすぎずがお勧めなのです。


堅い口紅なら、少しグロスを混ぜて柔らかく。
柔らかいグロスなら、逆に堅い口紅を混ぜて調整をします。


そうすることで、堅すぎず柔らかすぎないリップを
自分で作ることが出来ます。



■そして、塗り方です。

これが最も大事なポイント。
まずは「必ずリップブラシを使うこと」が大事です。

スティックやチューブをそのまま唇に当てると、
唇に塗る量を調整しにくくなります。


そして、塗り始める場所は、
輪郭ではなくて、唇の内側からです。

最初に塗ったところは、何でも多く付きますよね。
これはリップに限らず何でもそうです。


輪郭や口角に多く付いてしまうと、
そこから滲んだり、はみ出たり、
モヤモヤと白く浮いたような状態になってしまいます。

ですので、内側をたっぷり、輪郭&口角は少なく、です。



ちなみに、テクニックとして、
唇全体に塗ってから、
輪郭部分と口角部分を綿棒でなぞり、
少し拭っておくという方法もお勧めです。



今日はここまで。


この記事をシェアする

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP