LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者Q&A 「マスクを取った時の残念な感じをどうにかしたい!」



《 今日のご質問 》

30代半ばの主婦です。面長で額も広く、目から下の面積も広く、間延びしていてマスクを取ると残念な感じになってしまいます。涙袋もあまり無く、20代の頃に比べ二重幅も狭くなり目が小さくなりました。

チーク、ハイライト、下まつげのマスカラも塗っているのですが、マスクをしている時と外した時のギャップに悲しくなってしまいます。目から下の残念な感じが少しでもマシになってくれたらいいのですが…。





《 それではお答えして参ります! 》

ずっとメガネをして過ごしていると、そのメガネがもはや自分の顔の一部に感じるように、ずっとマスクをして過ごしていると、マスクをした自分の顔がメインのようになってしまいますよね。

マスクは顔の下半分を隠してくれるので、面長感や下膨れ感などをカバーしてくれるという良い点もある反面、マスクをはずした時に、それらがより気になるようになってしまった・・・という方も少なくないでしょう。


ご質問者様のお悩みを整理してみると、額が広くて間延びしている感じや、面長であるということなど、もしかしたら元々気にされていた部分なのかもしれませんが、マスクをするとそれがカバーされてしまう分、はずした時のギャップが気になってしまっている、ということなのかなと思います。

「どうせなら最初からマスクをしていない状態で人に会えたらいいのに、途中でマスクをはずさなきゃいけない方が辛い…」

きっと、肌荒れや歯並びなども同じで、マスクで隠すことができる分、はずした時に目立ちそう…と、感じる方も多いのではないでしょうか。






さて、本題に戻りますが、マスクをはずした時にも面長感が目立たず、メリハリのある顔立ちに見せるためには、やはり「チーク&リップ」が重要なポイントとなってきます。

ぜひ、以下のテクニックを試してみてください。





■チークは2色使いで立体感を演出!



チークって、ポイントメイクの中で最も広い面積で着色する工程なのですが、アイメイクのように何色か使ってグラデーションを作る、という認識があまり無いですよね。

単色チークがオーソドックスではありますが、アイメイク同様、チークも複数の色を使って、お顔立ちにより立体感を出すことができます。


手法は簡単。いつも使っているメインのチークと、それよりも薄い色のチーク、併せて2色準備しましょう。薄い色のチークを探して買うのは大変なので、ハイライトやベージュ系アイシャドウと混ぜて使うなどして、色味を自分で作ってしまってもOK。



まず始めに、濃い方のチークを乗せます。この時、位置が高すぎると面長感が強調されてしまいますので、「小鼻の横」くらいの高さを目掛けてくださいね。角度をつけず、真横水平に、内から外へ。ただし、あまり顔の端まで広げてしまうと、やや古い印象に見えてしまうので要注意。

楕円形のような形で入った1色目のチークを囲むようにして、2色目(明るい方のチーク)を入れていきます。
1色目のチークが、より効果的なグラデーションになるように意識しましょう。



このようにして2色使いでチークを入れると、頬の立体感が強調され、面長感の軽減、間延び感の軽減に繋がります。





■リップメイクはマスク着用時も省かない!口元をしっかり強調しよう。



マスクをはずした時に、最も「残念!」を引き起こしてしまうのが「手抜きした口元」です。

リップメイクをしていないだけでなく、ファンデーションが少しでも唇についたままになっていたら、疲れて見えてしまうだけでなく、顔が大きく見えてしまう原因に。

特に「面長・下膨れ・エラ張り」が気になっている方は、マスク着用時であっても「ノーリップNG!」です。


ヌーディな色味ではなく、唇が健康的に見える色を選びましょう。濃い色でなくてもOK。肌色と唇の差異をつけることが大事です。

グロスのような艶やかなタイプだとマスクに付いてしまうので、やや硬さのある口紅か、全塗りできるソフト芯のリップペンシルを使いましょう。唇が小さい方・薄い方は、やや大きめに描くことで、面長感を軽減させることができます。






いかがでしょうか。

マスク時代の新たな悩みとも言えるご質問だったかもしれませんね。マスクをしている時も、はずした時も、自分自身が心地よくいられるように、少しずつ、楽しみながら、メイクで工夫していきましょうね。






美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP