LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者Q&A「目元のシワにファンデーションが入り込む問題」



さて、今日はベースメイクに関するご質問。きっと多くの方が同じように悩まれたことがあるのではと思います。


《 今日のご質問 》
目の下のシワ(目頭からのシワ)に、ファンデーションがが入り込んでしまい、シワが目立ちます。どうしたら軽減するでしょうか?



それでは、お答えして参ります。






シワやたるみなどに溜まりやすいファンデーションの特徴



・ゆるい液体のもの
・パウダーファンデーション
・柔らかいクリームファンデーション


の3種類が挙げられます。
あくまでも「傾向として」なので、上記のようなファンデーションでも、シワに溜まりにくいものもあります。


ゆるい液体のファンデーションの代表的なものとして挙げられるのが、クッションファンデです。特にクッションファンデは単品で使っている方も多く、きちんとフェイスパウダーで抑えていない方も多いので、より、シワ溜まりに繋がりやすいアイテムです。

パウダーファンデーションも個体差はありますが、粒子が大きいものが多いので、一度シワに溜まってしまうと、時間の経過とともにどんどん目立ってしまう傾向があります。

また、練り状のクリームファンデーションなども、ある程度硬さがあるテクスチャーだとヨレにくいのですが、柔らかいタイプのクリームファンデーションだと、ヨレが生じやすく、結果シワ溜まりを起こすことがあります。

思い当たる点がある方は、アイテムを変えてみるのも一つの方法でしょう。






最もシワ溜まりを防げるのが、ある程度の硬さがあるリキッドファンデーションです。密着力が高く、ヨレにくいタイプのリキッドファンデーションを選びましょう。

結局、シワ溜まりというのは「ヨレ」なのです。

目元は常に動きますし、皮膚も柔らかく、シワなどの凹凸もありますので、他の部分よりもヨレを引きおこしやすい部分。部分でもヨレが起こらない「崩れにくいファンデーション」を選ぶようにしましょう。





ファンデーション・目の周りの塗り方



目の周りは特に、ファンデーションが厚くならないように注意をしなければなりません。でもだからと言って「全く塗らない」のはNG。アイメイクの滲みを引き起こす原因にもなりますので、「薄く際まで伸ばす」ことを意識して下さい。

オススメなのは、スポンジを使って塗ること。指だと量が多くなってしまい、シワ溜まりの原因になります。

上まぶたは、上から下に向かってスポンジを動かして塗りましょう。そうすると、二重の線にも溜まりにくくなります。

下まぶたは、外から内に向かってスポンジを動かして塗ります。つまり、目尻から目頭、です。メイクの基本は内から外ですが、ここだけは逆。こうすることで、目元のシワ溜まりを防ぐことができます。

スポンジの角を使って、丁寧に隅々まで、薄く伸ばしましょう。







意外とやってしまっているNG盲点



・乾燥を気にして、目の周りにクリームや美容液を塗りすぎている

目元の乾燥を防ぐためにスキンケアを行うのは良いことなのですが、メイク前においては、過剰なスキンケアはメイク崩れの原因となります。特に、トロミのある化粧水の塗りすぎ、トロミのある美容液の塗りすぎ、乳液やクリームの塗りすぎ、バター系のこってりしたタイプを塗りすぎ、はたまたオイル系のものを目元に・・・というのは、メイクのヨレやシワ溜まりを引き起こす原因となります。

乾燥を防ぐことは大事ですが、メイク前においては、トロミの強いものや油分が多いタイプのものは、過剰に塗りすぎないように注意しましょう。


・液体状のゆるいコンシーラーを塗りすぎている

これもファンデーションと同じで、クマカバーなどで使うコンシーラーが原因でシワ溜まりを引き起こすこともあります。液体状のゆるいタイプのコンシーラーを塗りすぎると、シワ溜まりの原因となりますので、使うなら薄く伸ばすように注意しましょう。







いかがでしょうか。

朝のスキンケアの時点から、気をつけられるポイントには留意をして、シワ溜まりを防いでいきましょう。

ちなみに余談ですが、最近はマスクをずっとしているので、笑顔の表情を目元で表現しようと気を付けている方も多いでしょう。私も、そうです。しかし、そうするとどうしても目元のシワを引き起こしやすくなります。柔らかい笑顔の表情は素敵なのですが、それによって目元のシワが生まれてしまうこともありますので、その分、夜のスキンケアは一層丁寧に行うように心がけましょう。








美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP