LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者Q&A「お化粧直し用ポーチ・中身を身軽にしたい!」

今日は、こちらのご質問にお答えしていきたいと思います。





《メイク直しについて》

いつもお直し用ポーチを持ち運びしています。
しかし、あれもこれも必要だと思い、いつもパンパンで重たくなってしまいます。
必要だと思っても、結局使わず1日が終わるアイテムもあります。
あまり荷物になりたくないので、必要最低限これだけは入っていればいいものを教えてください。


***

それでは、今回は実際に私が持ち歩いているものもご紹介しながら、お答えしていきます!



と言いましても、実は私、、、
泊まりで出張とかでは無い限り、化粧ポーチを持ち歩かない人なのです。。。

なぜ化粧ポーチを持ち歩かないかと言いますと、
ほぼほぼ必要が無いからです。

持ち歩くアイテムといえば、
リップクリーム、色付きリップグロスを2色ほど、ティッシュ、目薬、小さな鏡くらいでして、
ポーチではなく、バッグの内ポケットみたいなところに入れているだけです。

上記以外のアイテムは、ほぼ必要ないので、持ち歩いていません。



、、、参考にならん!と思われたらごめんなさい。。。笑

しかし、ポーチを持ち歩かないようにするために、
崩れない化粧品を使い、崩れないように丁寧にメイクをしているのです。

メイクが崩れないためには、
なんといってもベースメイクが大事。

ベースメイクが崩れてしまったら、
眉毛も消えるし、アイメイクも崩れます。

しかし、ベースメイクが崩れなければ、
その他の部分もちゃんとキープしてくれるのです。

崩れないベースメイクはARAKESHIが絶対オススメ




そして何より大事なのが、日中、顔に触れない!ということ。
最近は衛生観念が底上げされているので、
何気なく手で顔を触らないように気を付けている方も多いと思いますが、
それはメイク崩れを引き起こさないためにも大事なことなのです。

私も、よほどでない限り、無意味に手で顔を触ることはしません。


このように、朝のメイクにおいて「崩れないメイク」を仕上げることができれば、
私のようにポーチレスでいられるのですが、
それだと心もとない・・という方も多いと思いますので、
オススメ持ち歩きメイク直しアイテムを、いくつか挙げてみたいと思います。


《最小限バージョン》



・ティッシュ
・綿棒 
・プレストパウダー
・口紅や色付きリップグロスなど


特に、お仕事終わりにお出かけの用事などがなく、
とりあえず日常生活において、ポーチの中身を最小にしておきたい場合は、
上記の中身で良いでしょう。

テカリを抑えたい時は、油取り紙よりもティッシュがオススメです。
(油分、水分、浮いた粉分をバランスよく吸収してくれるので)

綿棒は、あると何かと便利です。
目元の滲みをオフするだけでなく、
法令線や小鼻などに溜まってしまったファンデーションを拭いたい時にも役立ちます。
こすらずに、綿棒でポンポン優しく押さえるようにして、
溜まったファンデをならしていきましょう。

プレストパウダーは、肌色が付くようなパウダーファンデーションではなく、
肌色が付かないカラーレスタイプのフェイスパウダーがオススメ。




《夕方以降にお出かけがあって、途中で少しメイクを足したい日バージョン》



上記の最小限バージョンに加えて、
・パウダーファンデーション
・ハイライトパウダー


の2つを更に加えておくと良いでしょう。

マスクなどで、ファンデーションが剥がれてしまった部分があれば、
パウダーファンデーションで補っておきましょう。

いつものメイクにハイライトを足すだけで、
ほんのり華やかで明るい印象にチェンジできます。

オススメハイライトパウダー

アイメイクやチークも足したい場合は、もちろん持ち歩いても構いませんが、
優先順位としては、上記の二つの方が大事です。




《ポーチに入れておくと意外と役立つアイテム》



・リキッドファンデーションのサンプル

ミニボトルに入っているものや、
パウチされているものなど、形状は問いません。

アイメイクが滲んでしまった時に、綿棒にリキッドファンデーションを含ませてオフすると、
綺麗に元通りになります。

水で濡らしたり、クレンジング剤を使うよりもオススメなので、
ポーチに入っていると意外と役立つアイテムの一つです。




いかがでしょうか。

最近はバッグも財布も小さなものがトレンドになっていますので、
持ち歩くアイテムも最小限に減らせたら便利ですよね。

少しでもご参考になれば幸いです!








美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANE 若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!


この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP