LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者Q&A「ベージュリップをかっこよくこなすコツ」




今日のご質問はコチラ。

***

愛様、こんにちは いつも楽しみに拝見しています。
今回も質問企画待ちに待っていました。

「ベージュ口紅」が、気になりだしました(笑)

昔からベージュ口紅に憧れながらも、
挑戦しては「顔色悪い」「イマイチ」状態で諦めてきたのですが
雑誌やネットでのベージュメイクの垢抜け感が、どうしても目に留まります。
素敵なモード写真などは、ほぼベージュ口紅でコナレタ感が半端ないですよね♪

何か、コツでもあるのだろうか?
其れとも、似合わない無理な肌色や、
似あわない資質みたいなものが在るんだろうか?

下手したら、疲れて見えるだけですよね。
色のチョイス間違いでしょうか。
試してみたら、唇の縦シワが目立つ気もしますが・・( ゚Д゚)
ちなみにブルーベースで冬タイプで50代なんですが、メイク大好きなんです(笑)

それでも挑戦できる方法あるでしょうか?

夏場、涼しげでクールなメイクを楽しんでみたい!
よろしくお願いします。

***



こんにちは!
いつもメルマガをお読みくださり、ありがとうございます。

それでは早速、お答えして参りたいと思います!


ベージュ系リップ、ヌーディリップは、
まさに今年のトレンドの1つです。




目元を強調して、口元を控えめにするというのが、
旬なメイクバランス。

マスクをする日々が続いているので、
なかなかリップメイクを楽しめない日々ではありますが、
それでもきちんとフルでキメたい時もありますよね!

ぜひ、ベージュ系リップ、ヌーディリップもマスターして、
よりメイクを楽しんで頂きたいなと思います。



先ほど「目元を強調して、口元を控えめ」と書きましたが、
これを実践するにあたり、気をつけなければならないことがあります。

それは、
「目元を強調して、口元を控えめ」というのは、
「色味に関しては」ということ。

つまり、
色味に関しては「目元強調&口元控えめ」だが、
形や質感においては、そうとは限らない。

むしろ、特に質感においては目元も口元も強くするべきである。

という隠れルールなるものがあるのです。



ヌーディリップこそ、
ただサッと塗って終わりではなく、
きちんと丁寧に作り込む必要があるのです。
(特に大人になればなるほど。)

リップスティック直塗りでザッと終わらせず、
ブラシを使って丁寧に、厚みを持たせて塗る。

それだけで質感がアップします。

もし、元の唇の赤みが強い場合は、
一旦少量のコンシーラーで赤みをカバーしてから、
口紅を乗せるのもOKです。


ベージュだからと言って、
自然に軽やかにナチュラルに薄く~ではなく、

ベージュだからこそ、
厚みを持たせてしっかり塗ることが大事です。



次に大事なのが、
ベースメイクを絶対に手抜きしない、ということです。

そもそも、唇をベージュ系に仕上げるという行為は、
「唇の血色を無くす」ことになりますので、

血色が顔にもたらす温かみや健康的なイメージ、人間味、若々しさというのを、
払拭することになるわけです。

ですので、その分を他で補わなければなりません。


ベースメイクにおいて、美しい肌を作り込むことが、
「映えるベージュリップメイク」へ導いてくれるのです。

素肌に近い薄付きなベースメイクではなく、
わりときちんと、しっかりとベースメイクを仕上げましょう。
(やぼったくならないように、頬に重点的に厚みを出し、厚みの調整を行う。)

クマやシミなどもきちんとカバーして、
疲れ顔、老け顔に見せてしまう要素を払拭することが大事です。



そのように、きちんとベースを作り込んでから、
強調ポイントとなるアイメイクをすれば、
ベージュリップがかっこよく映えるメイクに仕上がります。


ベージュリップをかっこよくこなすには、
「質感は下げない(厚みを持たせてメイク感を出す)」
「ベースメイクは丁寧に行い、疲れ顔・老け顔の要素を払拭」
「アイメイクにポイントを置く」

上記の3点がポイントとなります。




ぜひ、トライしてみてくださいね!
少しでもお役に立てれば幸いです!








究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!
※2020年7月末まで

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから ※2020年8月より、メルマガ配信がLINEアカウントに変更となります。

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP