LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者Q&A「眉マスカラが皮膚に付いてしまう原因」



今日は読者様から頂いた、眉マスカラについてのご質問です。

***

愛先生、こんにちは!
いつも楽しくメルマガ読ませていただいております!!

眉マスカラの事でお聞きしたいことがあります!
私の眉毛は一本一本がしっかりしていて、毛量もあり、髪を染めている為、
バランスをとるためにも眉マスカラが必須です!

眉メイクをするときは、まずペンシルで眉尻を描き、
パウダーで毛のないところを埋めて、最後に眉マスカラをしています。
濃い眉の印象にしたくないこともあり、あまりしっかり描いていません。

ですが、最後の眉マスカラが毛にうまくのらず、地肌についてしまい、
結果眉が濃い印象になってしまいます。
しかも毛には色がほとんどついてません。。

毛に色がのらないのはなぜでしょうか、、、
選んでいる眉マスカラが悪いのでしょうか、、。

色々試しても、同じで、迷宮入りしてしまいました。
愛先生、どうしたらいいでしょうか?(涙)


***



いつもメルマガをお読みくださり、ありがとうございます!
それでは、お答えして参ります!




ご質問文を読む限りでは眉メイクの手順には問題なく、
アイテムをきちんとフルに活用されていて、
素晴らしいと思います!

あとは、眉マスカラさえ上手に使えればパーフェクトですよね。



眉マスカラが地肌に付いてしまって、
うまく塗れない原因。

アイテム的な問題と、手法的な問題の両方から見ていきましょう。



まずは、アイテム的な問題から。

地肌に付きやすい眉マスカラの傾向として、
次の2点が挙げられます。

1 液体がゆるい。
2 マスカラブラシの目が荒い。



眉マスカラもメーカーによって千差万別で、
特に液体の硬さは、メーカーによって結構違います。

水のようにシャバシャバした、ゆるーい液体の眉マスカラは、
かなり慎重に塗らないと、皮膚に付きやすい傾向があるように感じます。
(しかも乾くのが遅いし、毛が束になりやすい。)


また、マスカラブラシの目が荒いと、
眉毛に付く液体の量が増えてしまい、
結果、皮膚にも付いてしまうという現象がおこりがちです。



ですので、アイテム的な観点から言うと、

・マスカラ液が固めのもの(サラサラしておらず粘度があるもの)を選ぶ。
・マスカラブラシの目が細かいものを選ぶ。


という2点が大事になってきます。




次に、手法的な観点。

眉マスカラの基本的な塗り方は、
「眉尻→眉頭」「外から内」。

毛を逆なでるように、逆向きにブラシを動かしていきます。

逆向きに動かすことで皮膚への付着を防ぎ、
しっかりと毛そのものを着色していくことができます。

ある程度、着色できたら、
最後に「内から外」に塗って毛並みを整えて仕上げる、
というのが基本の塗り方です。

もし最初から「眉頭→眉尻」というように、
毛流れに沿って塗っていたとしたら、
手法に問題があるかもしれません。




ちなみに。

■もし持っている眉マスカラの液体が水のようにゆるかったら・・・

余分に付着するのを防ぐために、
塗る前にしっかりと、ブラシをティッシュオフしましょう。

「もったいない」と感じるかもしれませんが、
皮膚についてベッタリする方がもったいないのです。


■もし持っている眉マスカラのブラシの目が荒かったら・・・

ブラシだけ別に用意してしまうのも一つの方法です。
「スクリューブラシ」という名称で販売されていて、
わりと入手しやすいブラシです。

元々スクリューブラシは、
まつ毛のマスカラのダマを取るために使ったり、
ペンシルで描いた眉毛をぼかすために使ったりするものですが、
眉マスカラを塗るのにも適しています。



ぜひご参考になさってくださいね!
少しでもお役に立てれば幸いです!


今日はここまで。







究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!
※2020年7月末まで

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから ※2020年8月より、メルマガ配信がLINEアカウントに変更となります。

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP