LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者様Q&A「デヴィ夫人に1:1の眉毛が似合う理由」



それでは、本日のご質問。

***

愛様、いつも的確なご指導を参考にさせていただいて
独りよがりのメイク法も(笑)、
だいぶ理解が進んで腕が上がったと喜んでおります。

TVを見ていて、最近気になってるのが
タレントさんの「眉山の位置」です。

デビ夫人が分かりやすいですが、
眉山が黒目の外側ではなく、黒目の中央辺りに来ています。

これはあくまでもTV向け、舞台向けなんでしょうか??
一般人が、あれだけ中央寄りに眉山をもって来ると・・
オカシイですかね?

というのは、あの位置に持ってくると、顔が細く見えるのかしら??
と、気になりだしました(笑)
普段、何気にひいてるアイブロウも、ほんの数ミリずらせるだけで
見た目が違うのかな?と。

「一般人メイク」として、眉山のご指導をお願いいたします。
よろしくお願いいたします♪

ママリンより

***



ご質問ありがとうございます!
それでは、早速お答えしていきたいと思います。


ママリンさんのおっしゃる通り、
眉山の位置だけでなく、眉頭の位置、眉尻の位置が数ミリ変わるだけで、
お顔の印象は大きく変わります。



ですので、日によって眉毛の形を変えてみたりと、
眉メイクの幅を持たせられるようになると、かなり上級者です。

とは言っても、まずは基本を知らなければ。

今の時代に合っていて、
尚且つ自分に似合う基本の眉毛を知っておきたいですよね。


デヴィ夫人の眉毛の話は後半することにして、
まずは、今の眉メイクのトレンドをおさらいしていきましょう。


・平たんなまっすぐストレート眉は終わり。
今は眉山の高さが少しある方が自然。

・太すぎる眉毛は古く見える傾向あり。太眉時代は終わり。
ノーマル~やや細めくらいを意識してみましょう。

・眉頭~眉山までの長さ:眉山~眉尻までの長さ=2:1


上記のような要素が、
今の時代にあった眉メイクのポイントとして挙げることができます。

太さに関しては、もちろん個人差があります。
額が広い方は、あまり細くしすぎない方が良いですし、
額が狭い方は、細めの眉毛もマッチします。


さて、ご質問内容に戻りましょう。

今のベーシックな眉山の位置は、上記にも書いたように、
「眉頭~眉山までの長さ:眉山~眉尻までの長さ=2:1」です。

この比率で描くと、
おのずと眉山は「黒目の外側の淵~目尻の間」に位置するようになります。

しかし、デヴィ夫人の眉毛は、
「眉頭~眉山までの長さ:眉山~眉尻までの長さ=1:1」となっています。
故に、ちょうど黒目の上あたりに眉山が来ているのです。

この1:1の眉毛は、
舞台向けとか、テレビ向けというわけではありません。
そして、こう描くと顔が細く見える、小顔に見えるなどのメリットは、ほぼありません。


言うなれば、欧米人・欧米人風の顔立ちの人には、
これはこれで似合う眉毛の形、こなせる眉毛の形、と言えます。


例えば、アンジェリーナ・ジョリー。
彼女の眉毛を見ると、
デヴィ夫人のように眉山を中心に作っているときが結構あります。

メグ・ライアンも比較的そうです。

そして有名なのはマリリン・モンローの眉でしょうか。
綺麗な1:1です。


アジア系の顔立ちでこの眉毛の形をすると、
どうしても滑稽なイメージになりがちです。

元の骨格が平たんなのに、
急に眉毛だけ立体的に目立って、違和感が生じてしまうのですね。


しかし、彫りの深い欧米系の顔立ちなら、
動きのある立体的な眉毛でも顔立ちに馴染み、違和感がありません。

デヴィ夫人が1:1の眉毛を素敵にこなしているのは、
そのお顔立ちが立体的で彫り深いからです。


日本人離れした骨格の方は、トライしてみるのも良いと思います。
ただ、そうではない方には、あまりオススメしない眉の形です。






究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。