LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイク崩れの原因・崩れ方のタイプ別に探ってみよう




メイク崩れって本当にストレスですよね。

忙しくてメイク直しができない日は、
「あ、今テカってるかも・・・」
「下まぶたが黒くなってるかも・・・」と心配になりますし、
ふと鏡を見た時に「こんな顔で人と話してたの!?」
なんていう経験は多くの方があるのではないでしょうか。


メイク崩れと一言で言っても、原因は様々。
何が原因でメイク崩れが起こっているのか、「崩れ方」から検証をしてみましょう。

崩れ方を、いくつかのタイプ別に分類してみました。
当てはまる箇所があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。






■崩れるというより剥がれている、取れている、という方。

このような崩れ方をする原因は、以下のようなことが考えられます。

・フェイスパウダーを省いており(または量が足りていない)
きちんとベースメイクが密着していない。

・パウダーファンデーションを使っている。

・お肌が乾燥している。

・お肌が乾燥しているのに
パウダーファンデーションを使っている場合は尚更。



ようは、お肌にベースメイクがきちんと密着しないまま、
メイクを仕上げてしまっているので、時間が経つと、取れてしまうのです。

お肌の保湿をしっかりと行うことも大事ですし、
パウダーファンデーションを使う場合は下地をきちんと丁寧に塗ること、
リキッドタイプ、クリームタイプのファンデを使う場合は、
フェイスパウダーを省かずに使うことで、大きく改善されるはずです。

あとは日中、なるべく顔に触れないこと。これもとっても大事です。



■とにかくテカテカになってしまう方。

テカってしまう原因は「油分」です。
この油分は、自分の肌が分泌している皮脂の場合と、化粧品に含まれる油分の場合があります。

テカってしまうのは部分的?それとも全体?
すっぴんで過ごしている時もテカる?
何か特定のスキンケア製品を使った時にテカる?
それともメイクをした時だけテカる?

お休みの日などに、それぞれを検証してみると、テカリの元を突き止めることができます。


鼻のあたりなど、部分的にテカるという場合や、すっぴんで過ごしてもテカるという場合は、自分の肌が分泌する皮脂が原因。

お肌がインナードライ状態になっている可能性もあるので、スキンケアをしっかり見直しましょう。

テカるからと言って、乳液やクリームを省くことはせずに。乾燥が悪化すると、皮脂バランスが崩れ、更なるテカリの原因になることがあるのです。


何か特定のスキンケア製品を使った時にテカる場合は、そのスキンケアを見直す必要があります。

粘り気のあるトロトロした化粧水や、オイルタイプの美容液、こってりタイプのクリームなどをメイク前に使っている場合は、それがテカリを生むこともあります。


メイクをした時だけテカる場合は、メイクアップ用品に原因がある可能性が高いです。
油分多めのBBクリームや、こってりタイプのクリームファンデーションなどは、テカリやすい傾向があるので、見直してみましょう。



■とにかくアイメイクが崩れて、下まぶたが黒ずむ方。

目の周りにもきちんとベースメイクをしていますでしょうか。
ファンデーションが目のキワまで伸びていなかったり、フェイスパウダーが目のキワまで乗っていなかったりすると、アイメイクは比較的すぐに崩れてしまいます。

目のキワは、ベースメイクを厚くしてはいけませんが、薄くのばして、きちんと乗せることは大事なのです。

試しに、すっぴんの状態で、ベースメイクをせずに、アイメイクだけをして過ごしてみると、アイメイクが崩れるスピードが早いことを実感できます。


そして、こんな原因もあります。
それは、まばたきの力が強い方です。無意識に習慣になってしまっている方が多いのですが、下まぶたに小じわが定着している方に多い傾向があります。

ドライアイで目をぎゅっと力を入れてつむる癖があったり、目の疲労から、まばたきをギューっとしてしまう方。

もし癖になっているようでしたら、アイメイクの崩れだけでなく、目元のシワを増やす原因にもなりますので、なるべくしないように意識をしましょう。



■二重の線にアイシャドウなどが溜まってしまう方。

これも、上記の内容と同じなのですが、まぶたにきちんとベースメイクを施すこと、フェイスパウダーをきちんと乗せ、まぶたがサラサラになっている状態でアイメイクをすることが、大事になってきます。

フェイスパウダーを乗せる直前の段階で、ファンデーションが二重に溜まっていないかを確認し、溜まっていたら綿棒などで拭い、それからフェイスパウダーを乗せ、まぶたを触ってみてサラサラしているかを確認してから、アイメイクをするようにしましょう。

また、クリームタイプのアイシャドウを使うと、二重の線に溜まりやすくなるので、パウダータイプのアイシャドウがオススメです。



いかがでしょうか。
思い当たる点があった方は、ぜひ、見直してみてくださいね。







究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。

スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。
芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。
専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。
活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。
学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、
ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。