LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者様Q&A「これ1つでOK!に騙されない。クッションファンデの使い方」



本日のご質問はこちら。

***

愛さん、こんばんは。
いつもメルマガを楽しく拝読しております。

今日は、クッションファンデについてご質問があり、
メールを送らせて頂きます。

メイク動画やテレビショッピングなどを見て興味を持ち、
クッションファンデを使い始めてみたのですが、
どうにも上手くいかずに悩んでいます。

薄づきの自然な感じにしたいのですが、
薄く塗るとカバー力が無く、シミが隠れません。

重ね塗りをすると、カバー力はやや高くなりますが、
1時間もすればシミは浮き出てきます。

しかも、塗った直後のベタベタ感に慣れないといいますか・・
髪の毛がくっついて気になりますし、
ちょっと触ったらすぐはげてしまいます。

使い方が間違っているのか、
そもそもクッションファンデが合っていないのか分からないままです。

アドバイス頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。



***



いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます。
そして、この度はご質問をお寄せくださり、ありがとうございます!

早速、お答えして参ります。


クッションファンデに関するこのようなご質問、お悩みは、
実はとっても多いです。




テレビショッピングなどでもよく見かけますが、
クッションファンデが紹介される時って、
なぜか「これ1つでOK!」という部分が強調されていて、
消費者からすると、本当にこれ1つあれば完璧な美肌になるんだ!と、
思い込んでしまいます。

しかし、プロの目線で言わせてもらうと、
クッションファンデは「これ1つでOK」と感じる人もいるかもしれませんが、
カバー力を補填するためにコンシーラーを使ったり、
仕上がりのベタベタ感を軽減させるためにフェイスパウダーを使ったりというのは、
やはり必要であると思います。

クッションファンデは、
コンパクトなのに液体を塗ることができるという形状、
そして独特な触り心地のクッションパフが特徴的で人気が出ましたが、

クッションに含まれているファンデーションは、
基本的にリキッドファンデーションと大きく変わるものではありません。

ですので、クッション状になったからと言って、
急に「これ1つでOK」というのは、とても違和感を感じるのです。


クッションファンデを使っている方で、
カバー色が足りないな・・と感じている方は、
ぜひコンシーラーも併用して使いましょう。

そしてベタベタ感が気になる方も、
仕上げのフェイスパウダーを使い、
ベースメイクに、ちゃんと蓋をしめましょう。


「これ1つでOK」と言われると、
逆に、これ以外のものは使ってはいけないと思ってしまいがちですが、
そんなことはありません。

「これ1つでOK」の場合もありますが、
不足の事態が起こったら、ちゃんとアイテムをプラスワンしましょう。


ちなみに、クッションファンデをお使いの方は、
クッションパフをちゃんと洗うことを忘れずに。








究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。