LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

赤系アイシャドウにチャレンジ!

時代の変化と共に訪れる様々なトレンドの中には、
時間の経過と共にすたれてしまうものと、
多くの人に愛されて1つのジャンルとして定番化し、
残るものがあります。

赤系のアイシャドウを使ったメイクは、
1つのジャンルとして定番化したメイクの1つだと、
私は感じています。

2~3年前に1つの流行として登場してから、
今でもそのメイクは古く見えることなく、
女性らしいフェミニンなメイクの1つとして君臨しています。


さて、この赤系アイシャドウ。
より素敵に取り入れるには、どんな工夫が必要なのか、
今日はそんなお話をしていきたいと思います。






赤という色にも、様々な色味があります。
ピンクに近いキュートな赤や、
ワイン色のような深い赤まで様々です。

若々しい、可愛らしい、女の子らしいイメージにしたい場合は、
ピンクに近い赤を選びましょう。

大人っぽい、熟成されたイメージにしたい場合は、
ワイン色のような深い赤を選ぶとよいでしょう。


このような赤系のアイシャドウは、
躊躇して、ほんのり薄く塗ると、
まぶたの皮膚が赤くなっているようにしか見えないので、
「そういう色のアイシャドウを塗っている」のが認識できるくらいまで、
きちんと塗るようにしましょう。



腫れぼったく見えてしまったり、
白目が充血したように見えてしまったり、
そういった副作用を防ぐためには、
アイラインとマスカラを、ちゃんと行うことです。

省いたりせず、アイラインとマスカラで目元のフレームラインを
少しでも強調しましょう。



アイシャドウを赤系にした場合、
チークの色味はオレンジ系よりもピンク系の方がマッチしやすいです。

また、リップの色味に関しては、
アイシャドウの色味としっかり合わせていくようにしましょう。

例えば、アイシャドウがピンク寄りの赤なのに、
リップがワイン系の赤だったり、

アイシャドウがワイン系の赤なのに、
リップがピンク系の赤だったりすると、

絶対にNG!というわけでは決してありませんが、
時にアンバランスな仕上がりになってしまう可能性も、あります。

色味のトーンは揃えておいた方が、
失敗を避けることができます。


そして、最も注意して頂きたいのが、以下の点です。

ポイントメイクを全て赤っぽく仕上げると・・・
思いがけず、どことなく「和」の雰囲気になってしまうことがあります。

「あれ?なんか着物が似合いそうな感じ・・・」

実際にお着物を着られる時はいいのですが、
そうじゃない場合は、
メイクのどこかに「洋の質感」を入れておくとよいでしょう。


洋の質感というのは、
ツヤ感だったり、キラキラ感だったり、です。


リップの質感はツヤのでる質感にしておく、とか、
アイシャドウはラメ入りのものを使う、といったように、

色味が「和」な分、質感を「洋」にしておくことで、
和モードを中和することができます。



上記のことに留意して、
ぜひ、今や定番となった「赤シャドウメイク」
楽しんでみてくださいね!









究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。

スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。
芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。
専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。
活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。
学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、
ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。