LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

ビューラーに苦手意識がある方へ・正しい使い方

ビューラーの正しい使い方を、
細かく区切って説明しますと。


1 ビューラーを開く。

2 ビューラーを開いたまま、まつ毛の根元まで持っていく。

3 根元部分をはさむ。

4 「ビューラーを再び開く」

5 「ビューラーを開いたまま」少しだけ毛先の方へ移動する。

6 再び、はさむ。

7 「ビューラーを開く」

8 「ビューラーを開いたまま」さらに毛先へ移動する。




これを繰り返すのがビューラーの正しい使い方です。

読めば当たり前の動きであることは、わかると思います。

しかし、です。

上記の手順の中で「」をかけた部分を、
省いてしまっている人が、多いのです。






大事なのは、
開く→はさむ→開く→移動する→はさむ→開く→移動する

という手順なのですが、

これが、

開く→はさむ→移動する→はさむ→移動する→はさむ

になっている人が多いのです。



途中途中で、ビューラーを毛先の方へ移動するときに、
ちゃんと一回一回「ビューラーを開く」作業が大事なのですが、
これをしていなかったり、中途半端な開き具合のまま、
毛先へ移動する。

そうすると、まつ毛を引っ張ってしまって、
上まぶたが、ひんめくれたような状態になります。


思い当たる方、いませんか?


ビューラーをかけるたびに、
いつも、上瞼がビローンとめくれ上がっているという方。

それは、まつ毛を思い切り引っ張ってしまっている証拠。


ビューラーを移動させる際に、
きちんと途中途中でビューラーを開いていないがために、
まつ毛を引っ張ってしまっているのです。

これだと、カールもあまりつかないので、悪循環。





ビューラーをしっかり開いたら、
根元をはさむ。

それから、徐々に毛先の方へ移動するときには、
きちんとビューラーを開いて、
まつ毛を引っ張らないように移動する。



本当にちょっとしたことなんですが、
大きな仕上がりの違いを生むだけでなく、
まつ毛へのダメージも大きく軽減されます。


いつも、上まぶたが、めくりがっているという方、
あまりカールが付かないという方、
ぜひ、意識してみてくださいね!


ビューラーに対して苦手意識を持っている方ほど、
「早くこの行程を終わらせたい!」という意識が無意識に働き、
ビューラーの開閉をちゃんとせずに、
とりあえずサーっと終わらせようとしてしまいます。

苦手意識を持っている方ほど
「ゆっくり丁寧に」を心がけましょう。









究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。