LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

読者様Q&A「アイシャドウを塗ると頬に粉が落ちる!?」

本日のご質問はこちら。

***

こんにちは。
昨年レッスンを受けにお邪魔した者です。その節は大変ありがとうございました!
メルマガも動画も引き続き楽しく拝見しております。
おかげさまで、写真映りがレッスン前と後で全然変わりました。
初対面の方にキレイと言って頂いたり。受けに行って本当に良かったです。

前置きが長くなってしまいましたが、最近の疑問についてご相談させてください。
レッスンのあと、濃い色のシャドウも単色グラデで使うことが増えたのですが、
頬に若干シャドウが落ちてしまいます。

ティッシュではらってから塗っているのですが、まだ量が多いのでしょうか。
綿棒でくるくるしても上手く取れず、シミみたいに見えてしまいます。
お粉は顔全体にしっかり乗せています。
シャドウが落ちない方法、落ちた時の対処法がもしあれば、ご教示頂けますと幸いです。


***



いつもメルマガをお読みくださり、ありがとうございます。
レッスンの内容もお役に立てているようで、何よりです!

それでは、ご質問にお答えしていきたいと思います。





ブラックやネイビー、ダークブラウンなど、
濃い色、暗い色のアイシャドウを塗る時に
注意したい点があります。

それは、ご質問文の中にもある「頬に落ちてしまう」という点。

ベージュやゴールドなどの目立たない色なら、
さほど支障はありませんが、
濃い色が落ちてしまうと、やはり目立ってしまいます。

そうならないためには、以下の点に留意しましょう。



・ブラシで塗る場合も、チップで塗る場合も
ほんの少量ずつ乗せるように意識する。

ブラシやチップにアイシャドウを取ったら、
ご質問者様もされているように、
手の甲やティッシュに一度しっかり落とします。

「取り過ぎちゃったかな・・・」と思うくらい
「もうブラシに付いてないかも・・・」と思うくらい、
しっかりと落としてから、まぶたに乗せます。

そうすると、少しずつ色を乗せることができ、
塗りすぎを防ぐと同時に、頬への粉落ちも防止できます。



・そして最も大事なのが、ブラシであってもチップであっても、
絶対に肌に対して垂直に立てないということ。

肌に対して平行に、
ブラシやチップはしっかり寝かせて乗せるようにします。

肌に対してブラシやチップを立ててあてると、
粉は飛び散ってしまいますが、

肌に対して寝かせて当てると、
粉の飛び散りを防ぐと同時に、アイシャドウの発色も良くなります。



・さらに気をつけて頂きたいのが、
ブラシやチップをまぶたに当てる時、左右に往復しないということ。
ワイバーのように左右に往復して塗ると、
これまた粉飛びの原因となってしまいますし、
アイシャドウの色もくすみがちです。

ブラシやチップは一定方向に動かしながら、
まぶたに塗るようにしましょう。





上記の点に気をつけて塗ってみて頂きたいのですが、
それでも頬に粉飛びしてしまった場合は、
以下のように対処します。



まず最初に、フェイスブラシで払います。

この時、ゆっくりすーーーーーーっと払うのではなく、
すばやくシャッと払うイメージです。


フェイスブラシでも取れなかったら、
フェイスパウダーが付いたパフの登場です。

そのパフも同じように、
シャッと払うようなイメージで使います。


それでも取れなかったら、
今度はそのパフで撫でるようにして、
頬に落ちたアイシャドウを拭うイメージ。




このようにして、段階を追って対処をしていきます。




最初から綿棒などを使ってしまうと、
ピンポイントに強い当たりで取ることになりますので、
あまりオススメしません。

ベースメイクの段階で、
お顔全体にフェイスパウダーがきちんとついていて、
お肌がサラサラの状態に仕上がっていれば、
フェイスブラシで払うだけで、だいたいの粉飛びは対処できます。

それでも取れない場合は、
ベースメイクの時点でのフェイスパウダーが足りていないということも、
考えられます。




ちなみに、これは裏技のような方法ですが、
舞台メイクなどで、濃いアイシャドウをしっかり使うメイクの場合、
最初から頬に粉落ちすることを前提に、
頬のあたり、目の下あたりにたくさんのフェイスパウダーを乗せておきます。

ようはクッションがわりのようなものです。

その途中段階は、頬のあたりが真っ白になるので、
やや滑稽ですが、

アイシャドウを塗り終えた後、
余分に乗せたフェイスパウダーごとブラシで払うと、
粉落ちしたアイシャドウも一緒に払えて綺麗に仕上がるという、
そんな裏技もあります。

ただし、あくまでもこれは舞台メイクなどの、
かなりしっかりメイクの時に使うテクニックなので、
通常のナチュラルメイクで行うと、
やや頬のあたりが粉っぽくなってしまうリスクもあります。

が、一度試しにトライしてみるのはアリかなと思います。




少しでもお役に立てれば幸いです!






究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「AI TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「AI TERANAGANE」を立ち上げる。

スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。
芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。
専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。
活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。
学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、
ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。