LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

パウダーファンデーションの活用方法

パウダーファンデーション。
最近は使ってないなーという方でも、
意外と1つは引き出しの中にあったりする
パウダーファンデーション。

私自身もそうです。
普段はリキッドタイプのアラ消しファンデーションを使用するので、
パウダーファンデーションは、ほぼ使いません。

なので、登場頻度は少ないです。
でも持っています。


そんなパウダーファンデーションですが、
裏技的な使い方もありますので、
ぜひご参考までに。

眠っているパウダーファンデーションが活用できるかも。






■フルメイクが仕上がったのにクマ発見!

メイク最中は気にならなかったのに、
フルメイクが仕上がった後、
全体を鏡でチェックしていたら・・・

「あれ?クマが目立っている!」

でももうメイクが仕上がっちゃっているから、
上からコンシーラーを塗ることもできない・・・

そんな時は、パウダーファンデーションを使いましょう。

コンシーラーブラシのような細いブラシに、
パウダーファンデーションを取り、
クマが目立っているところに塗っていきます。

力を抜いて優しく。

最後に指の腹でポンポン優しく抑えるように馴染ませればOK。
(絶対にこすらない。)



■真っ赤っかのニキビがどうしても隠せない・・・

赤味もさることながら、ぽっこり腫れ上がって、
ジュクジュクしているようなニキビ。

コンシーラーを塗るのも気が引ける・・・
でも今日はカバーしたい!

そんな時にもパウダーファンデーションを使うことができます。

ジュクジュクしていると、
コンシーラーは乗りません。

なので、パウダーファンデーションの出番。

とりあえず気にせずにフルメイク全てを仕上げてしまってから、
上記のクマと同じ要領で、
ブラシに取ったパウダーファンデーションを
カバーしたい部分に乗せます。

何度も触ってしまうと、
塗っては剥がして、を繰り返してしまうので、
3~4回で決めるようにしましょう。

カバーできた状態でジュクジュク感が乾燥すれば、
その日1日は赤味をカバーした状態でキープできます。

※あくまでもカバーすることに重点を置いたケースです。



■アイシャドウが濃すぎた!チークが濃すぎた!

この場合も、パウダーファンデーションで
リカバリーすることが可能です。

アイシャドウが思ったよりも濃くなってしまった場合。
ティッシュなどで無理やりこすると、
まぶたが赤くなってしまったり、
ムラができてしまって、なんだか汚い感じに。

それよりも、
パウダーファンデーションをアイシャドウブラシに取り、
上から重ねてみましょう。

濃すぎたアイシャドウの色味を控えめにすることができます。

チークも同様です。
フェイスブラシに取り、チークの上に重ねれば、
色味の調整が可能です。




こんな風に「お助けアイテム」的な使い方もできる
パウダーファンデーション。

ぜひ眠っているパウダーファンデーションがあれば、
こんな風に使ってみるのもありです。





今日はここまで。

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「AI TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「AI TERANAGANE」を立ち上げる。

スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。
芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。
専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。
活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。
学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、
ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP