LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

アイシャドウが使えなくなったという方へ

ここ最近、メイクレッスンにいらっしゃる方の中で、
複数人いらっしゃったのが、

「ここ数年、アイシャドウが使えなくなってしまった・・・」

という方。


その原因というのが、
まぶたのくすみ等、年齢とともに目周りが変化してきて、
いつも通りアイシャドウを塗っても綺麗に発色しなくなり、
これならアイシャドウを塗らない方がいいんじゃないか・・・

というケースの方は少なくないようです。


こういったスパイラルにはまってしまう方の多くに、
以下のような傾向があります。





・下地やファンデーションは、目の周りには塗らず、
無意識に省いてしまっている。

・昔からブラウン系のアイシャドウをずっと使っている。



特に、目周りにはベースメイクをちゃんとしていないという方、
意外と多いんです。

無意識に。


私が、スポンジを使って、上まぶたも下まぶたも、
きちんとキワまでベースメイクを伸ばすと、

「こんなところまで塗ったことないです!」

とおっしゃる方が多いのです。


あえて塗らないようにしているのではなく、
「無意識に」省いてしまっている方が多いので、
ぜひここは一度留意して、きちんと目周りのキワまで、
ベースメイクを塗るように意識しましょう。
ただ、あくまでも薄く、です。



そして、一度アイシャドウを使えなくなってしまった方へ、
オススメしたいアイシャドウが、

「ハイライト」をアイシャドウとして代用する

という策です。


ハイライトと言えば、
鼻筋に塗ったりして、顔の立体感を出すもの、
という感覚が強いでしょう。

しかし、ハイライトにはそういった効果だけでなく、
肌のくすみを目立たなくしてくれる効果もあります。

ですので、ハイライトをアイシャドウ代わりに、
上まぶた全体&下まぶた全体に乗せ、
それからアイラインを引く。

私も、まぶたのくすみをカバーしたい時には、
KAGEKESHI powderをアイシャドウ代わり、
もしくはアイシャドウのベース代わりとして使っています。


そうすると、まぶたのくすみをクリアにしてくれて、
なおかつ、まぶたの影も払拭してくれるので、
一石二鳥なんです。


ぜひ、一度お試しくださいね。


KAGEKESHI powder

この記事をシェアする

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP