LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

日焼け止めの使い方と、塗るタイミング

最近、季節柄もあり、
メイクレッスンにいらっしゃる方の持参コスメの中に、
がっちり系日焼け止めクリームが混ざっていることが多いです。

紫外線防止を意識されるのは、とても良いこと。
顔だけでなく首や腕にも忘れずに。


ただ、この日焼け止めを使うことで、
ベースメイクがムラになってしまったり、
いつもより白く仕上がってしまったりと、
ちょっとした副作用的なものを感じている方も多いようです。

せっかくの日焼け止めが、上手にメイクと馴染むよう、
一工夫をしていきましょう。







■日焼け止めがムラになると、その上に塗るものもムラになる。

日焼け止めの立ち位置を、
メイクアップではなく、スキンケアの一環として捉えていて、
「とりあえず塗ればいい」という感覚が勝り、
両手の平でワーっと顔に広げて終わり、
という方も少なくありません。

しかし適当に塗ってしまうと、やはりムラづきが起こります。

その時は、見た目に分からなくても、
上からファンデーションを塗ると、
ファンデがムラムラに!

そんな時は、
日焼け止めもムラなく塗るように意識をしてみましょう。

顔全体に丁寧に伸ばした後、
何も付いていないスポンジでパッティングをするのもオススメ。

日焼け止めの立ち位置を、
メイクアップの一環として捉え、
メイクアップの一番最初に行う
大事なセクションだと考えるようにしてみましょう。



■もしかしたら相性が合っていない可能性も。

それでもベースメイクがムラになったり、
よれてしまったり、ダマになってしまうなら、

日焼け止めとファンデーションの相性が
合っていない可能性もあります。

下地とファンデーションの相性問題があるように、
日焼け止めとファンデーションの相性問題も、あるのです。

傾向として多く挙げられるのが、
硬めのテクスチャーでこってり系の日焼け止め
 +
軽めの水っぽいタイプのリキッドファンデーション

とか、

白くなりやすい日焼け止め
 +
パウダーファンデーション

などの組み合わせは、時々相性の悪さを発揮します。

どんなに丁寧に塗ってもうまくいかない場合は、
アイテム同士の相性問題が考えられますので、
見直す必要アリです。



■なるべく白くならないものをセレクトしよう。

日焼け止めや下地が白くなってしまうタイプの場合、
ファンデーションの色を暗くして調整することができますが、
時間が経った時に肌色がくすんで見えてしまう原因にも成りかねません。

なるべく、日焼け止めで肌色が変化しない方がベター。
白くなりにくい日焼け止めをセレクトしましょう。



■メイクの上からも補充したい時は?

出先などで、メイクの上からも日焼け止めを足したい!という時。
アウトドアに出かける時なんかは、そう思いますよね。

メイクの上からなら、
スプレータイプよりも、パウダータイプをオススメします。

スプレータイプの日焼け止めは、広範囲にさっと塗れるので、
ボディには良いのですが、
メイクの上からかけてしまうと、
メイク崩れの原因となってしまうことがあります。

ですので、お顔の日焼け止め補充はパウダータイプで。

特にSPF表記が無くとも、
フェイスパウダーを上から足しておくだけで、
紫外線を反射してくれる効果が高まります。



■ちなみに、日焼け止めしか塗らなかったという日でも、
きちんとクレンジングを。

これ、意外と省いてしまっている方、多いです。
最初にも述べた通り、日焼け止めというのは、
スキンケアの一環ではなく、メイクアップの一環という立ち位置です。

ですので、落とす時にはちゃんとクレンジングを使うのが必須。

クレンジングがお肌に残ったままでいると、
肌表面がガサガサしてきたり、
毛穴詰まりを起こす原因にもつながります。



■日焼け止めを塗るタイミング

洗顔後、化粧水やクリームなどのスキンケアをしっかり馴染ませたら、
それらが乾いてしまう前に、一環の流れで日焼け止めを塗り、
それからまた時間を置かずにメイクに入りましょう。






せっかくお肌のことを思って選んでいる日焼け止めが、
メイク崩れを起こしたり、仕上がりに悪影響を与えないよう、
ぜひ上手な付き合い方、意識してみてくださいね。



少しでもお役に立てれば幸いです!

今日は、ここまで。

この記事をシェアする

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP